ジェフリーズがアジア会長にジョナサン・スローンを任命

ニューヨーク & 香港--()--(ビジネスワイヤ) -- ジェフリーズは本日、香港を拠点とするアジア会長にジョナサン・スローンを最近任命したことを発表しました。この職において、スローンはアジア全域における投資銀行とトレーディングのための当社の重要な関係に重点を置きます。ジェフリーズに入社する前は、スローンは30年以上CLSAに勤め、長く会長兼最高経営責任者(CEO)の職にあり、CLSAの仲介、投資銀行、資産運用、リサーチ、セールスの世界的事業を監督しました。

ジェフリーズの最高経営責任者(CEO)のリッチ・ハンドラーと社長のブライン・フリードマンは、このように述べています。「スローンをジェフリーズのアジア事業の会長として迎えることに期待を感じています。ここ数週間に当社のアジア・プラットフォームで行ってきた重要な雇用は、当社の成長の次の段階を示すものであり、継続的な世界的成長に向けての決意を示すものでもあります。このような新たな人材が既存の強力なチームに加わることで、ジェフリーズは世界各地の顧客へのサービスをさらに改善していくことが可能になります。」

ジェフリーズは最近、アジアで重要な採用を行ってきました。特に、株式戦略グローバルヘッドとしてクリストファー・ウッドが入社しています。ウッドは、この20年間、アジアのほぼすべての大手ブローカー投票でトップの株式ストラテジストに選ばれており、1996年から自分のチームと共に有名な週刊の「GREED & fear」を出版してきました。グローバル・ミクロ戦略リサーチのチームも最近加わり、中でも、ミクロ戦略商品ヘッドとして入社したDesh Peramunetillekeは20年のキャリアを持っています。このような最近の採用もCLSA出身者であり、香港で活動していきます。当社はまた、オーストラリア、日本、香港のセールス、トレーディング、リサーチ、投資銀行分野にわたって54人の専門的人材を最近雇用しています。

「スローンの採用は、アジアでの当社のプレゼンスの継続的拡大における重要なステップです。日本と香港ではチームを大きく拡大し、オーストラリアでは株式リサーチ、セールス、トレーディングの事業で人材を追加しました」と、ジェフリーズの株式グローバルヘッドのピーター・フォーレンザは語っています。

スローンは、「アジア太平洋で勢いが大きく高まっているこの時期にジェフリーズに入社できることは大きな喜びです。株式事業の市場シェアと力強さも世界的に高まっています」と語っています。

米国に本社を置く最大の世界的独立系フルサービス投資銀行であるジェフリーズ・グループは、洞察力、専門知識、執行サービスを投資家、企業、政府に提供するリーダー企業です。当社は、投資銀行業務、アドバイザリー、セールスおよびトレーディング、リサーチ、ウェルスマネジメントのサービスを米州、欧州、アジアで全商品にわたって実施しています。ジェフリーズ・グループは、総合金融サービス会社のジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(NYSE:JEF)の完全保有子会社です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Richard Khaleel 1-212-284-2556
rkhaleel@jefferies.com

Contacts

Richard Khaleel 1-212-284-2556
rkhaleel@jefferies.com