FIFA女子ワールドカップ フランス2019で、タッチ決済はビザとファンにとって大成功

グループステージでは、スタジアム内での購入の半分以上が非接触型決済技術を利用

ナティクシス・ペイメンツが提供するビザのデータでは、フランスのファンが全体として最も支出額が多く、次に多いのは米国と英国。日本のファンは買い物1回当たりの支出額が最も多い

パリ--()--(ビジネスワイヤ) -- FIFAの公式決済サービスパートナーであるビザ(NYSE:V)は本日、FIFA女子ワールドカップ フランス2019のグループステージ(6月7日~6月20日)での支出の分析を発表しました。調査の結果、9カ所の公式スタジアムで、フランス各地のファンは購入の半分以上(51%)を非接触型カード、スマートフォン、決済対応リストバンド、ウエアラブル技術などの非接触型決済技術を用いてタッチ決済していたことが明らかになりました。

海外のビザ・カード保有者によるスタジアム外での支出の分析からは、フランスへの観光客が増加したこと、特に小規模の開催都市で大幅な増加があったことが分かりました。海外のビザ・カード保有者でスタジアム外での買い物時にタッチ決済を選択する人は、9つの開催都市だけでも140%増加しました。

ビザのリン・ビガー最高マーケティング&コミュニケーション責任者は、次のように述べています。「サッカーファンは、行列を抜け出してピッチでのプレイの観戦に戻るために、タッチ決済のスピード、利便性、セキュリティーを積極的に利用しています。FIFA女子ワールドカップの専属決済プロバイダーとして、当社はこのトーナメントを盛り上げる選手をサポートしつつ、迅速で革新的な決済方法でファンの体験を高めることを誇らしく思っています。」

ビザの調査結果

スタジアム内のデータ(6月7日~20日)

  • 米国対チリの試合(パリ、パルク・デ・プランス)は、1つの試合でのスタジアム内での支出額が最も多く、これまでの総支出額の約14%を占めました。次に支出の多かった試合はフランス対韓国の開幕戦(パリ、パルク・デ・プランス)で、全体の8%を占めました。この試合では、4万5000人を超えるファンがパリ中心部にあるこのスタジアムに詰めかけました。
  • フランスのファンが最も支出額が多く、購入全体の53%を占めました。次に支出額が多かったのは、米国、英国、オーストラリア、オランダ、ドイツ、日本、カナダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、中国のファンでした。
  • 平均して、日本のファンは買い物1回当たりの支出額が最も多く、次に多かったのは中国のファンとメキシコのファンでした。
  • 総額では、飲食品の購入額が最も多く(54%以上)、続いてお土産の購入(46%)となっています。

スタジアム外での対面取引(6月7日~20日)

海外のビザ・カード保有者のスタジアム外支出のデータ分析により、試合が行われる開催都市で観光客が増加したことが明らかになりました。

  • トーナメント開始から、スタジアム外での取引は445万件発生しました。
  • 開催都市での非接触型決済取引は、昨年の6月から140%増加しました。
  • スタジアム外での購入が最も多かった都市はパリで、次いでニースとリヨンでした。
  • 開催都市では、競技が始まってから外国人の支出が増加しており、外国人取引の総額は前年から増加しました。
    • 小規模な開催都市では、支出額は前年比で大幅に増加しました:ランス(87%増)、バランシエンヌ(71%増)、ルアーブル(384%増)
    • 大規模な開催都市でも外国人の取引は前年比で増加しています:パリ(16%増)、ニース(24%増)、リヨン(24%増)
  • トーナメント開始から、フランス全体で外国人支出額が前年比で最も多かった国は、米国(21%)、英国(8%)、ドイツ(86%)、スイス(28%)、スペイン(21%)でした。
  • 開催都市で外国人支出額が最も多かった上位3カ国は、米国(18%)、英国(19%)、中国(4%)でした。

トーナメント会場でのビザ

世界的な決済のリーダー企業として、ビザは、すべての競技場で最新の決済技術を提供し、カード、スマートフォン、ウエアラブル決済機器による決済を可能にすることで、FIFA女子ワールドカップで最高のファン体験を実現できるよう取り組んでいます。

  • 今年の大会で、ビザは、決済カードを使用できるすべてのスタジアムにおける独占決済サービスとなっています。スタジアム内では、ファンは9カ所のすべての公式競技場で1600台を超える最新の店頭(POS)端末で、ビザの非接触型クレジットカードやデビットカード、モバイル決済サービスでタッチ決済を行うことができます。
  • POS端末は、ビザのセンサリー・ブランディングに対応しています。これは、ビザ固有のサウンドとアニメーションで取引の完了を知らせます。そのため、ファンは、ビザを使用するたびに安心感を得ることができます。
  • また、ビザ・カードを保有していない方も、すべての公式競技場のビザ・カスタマーサービス・ブースで、記念の非接触型ビザ・プリペイドカードや決済対応のリストバンドを入手できます。
  • ビザは、スタジアムでのPOSおよびプリペイドのソリューション・プロバイダーならびに加盟店契約会社としてナティクシス・ペイメンツを選びました。

ビザ・インクについて

ビザ・インク(NYSE:V)は、デジタル決済で世界をリードしています。その使命は、安全で信頼のおける革新的な決済ネットワークで世界を結び、消費者、企業、経済全体に利便性をもたらすことです。当社の高度な世界的処理ネットワークのVisaNetは、安全で信頼性の高い決済手段を世界で提供し、毎秒6万5000件を超える取引を処理する能力を備えています。当社の技術革新に対する献身は、あらゆる人が端末や場所を問わず利用できるデジタルコマースの急速な成長を推進しています。世界規模でアナログからデジタルへの移行が進む今、ビザは当社のブランド、商品、人材、ネットワーク、スケールを活用して、商取引の新たな未来を切り開きます。詳細については、About Visavisa.com/blog@VisaNewsをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Visa Inc.
Sheerin Salimi
shesalim@visa.com

Contacts

Visa Inc.
Sheerin Salimi
shesalim@visa.com