ルミレッズ、初の持続可能性報告書で環境、健康、安全の節目を強調

2018年持続可能性報告書で、低炭素経済に貢献するプログラムの構築に関する当社の持続可能性アジェンダ、目標、進捗状況を概説

米カリフォルニア州サンノゼ--()--(ビジネスワイヤ) -- 革新的照明ソリューションの世界的リーダーのルミレッズは本日、世界的な低炭素経済への移行支援に関する当社の進捗状況を詳述した2018年持続可能性報告書を公表しました。この報告書で、ルミレッズは自社の照明ソリューションがエネルギー使用量、安全性、健康・福祉の前向きな変化にいかに貢献しているかに光を当て、光によって世界をより安全で、より良く、より美しくするという当社の取り組みがサポートされていることを説明しています。ルミレッズは、具体的な優先事項を特定し、進捗状況を追跡する正式な持続可能性アジェンダに従っています。例えば、その世界的なLED・自動車用照明事業の中で、当社は最近、以下のように2015年比で2020年の業務目標を上回りました。

  • 排出量を41%削減(目標20%)
  • エネルギー消費量を25%削減(目標20%)
  • 水使用量を25%削減(目標20%)

この持続可能性目標は、持続可能な革新を通じたお客さまへの価値創造、当社業務の環境フットプリントの削減、責任ある企業同盟(RBA)への準拠に向けたサプライチェーンの改善推進、怪我の防止に基づいています。ルミレッズは、その持続可能性への取り組みを、国連持続可能な開発目標(SDGs)などの外部の枠組みに沿うものとし、最も重要な貢献が可能な4つのSDGsを特定しました。気候変動への取り組み、健康・福祉、手頃な価格のクリーン・エネルギー、責任ある消費・生産です。

ルミレッズのエネルギー効率の高い低炭素LED照明技術の開発は、気候変動と戦うための緊急行動を支えます。IHSマークイットによる2017年の市場分析は、ルミレッズのLEDが世界の照明による総二酸化炭素換算排出量を3900万メートルトン削減したと推計しています。これは米国の11カ所の石炭火力発電所を停止するのと同等です。二酸化炭素排出量の41%削減に加えて、シンガポールの施設での3つの持続可能性プログラムにより、過フッ素化合物の環境影響が90%削減されました。

ルミレッズのヤン・ヴァン・ロンペイ持続可能性担当取締役は、次のように述べています。「世界中の従業員のために安全な環境を維持することが最優先事項です。報告書で示されているように、業務上の健康・安全に関するルミレッズの取り組みと強力な実績は、当社の低傷害率が証明しています。有害物質の分野では、当社の消費者向け製品で、人間の健康に有害な影響をもたらす可能性のある物質であるポリ塩化ビニール(PVC)と規制対象外の臭化物系難燃剤(BFR)の使用をすべて、2023年までに段階的に廃止する予定です。2018年時点で、ルミレッズの消費者向け製品の87%がPVCおよびBFR不使用です。」

ルミレッズの事業の特徴は品質と信頼性です。今年末までに、ルミレッズの世界中の全施設がISO 14001:2015認証とOHSAS 18001:2007認証を取得する予定です。ルミレッズは、自動車製品の設計、開発、製造、設置、サービスに関する要件をまとめた国際自動車品質管理システム規格の認証(IATF16949:2016)も取得しました。

ルミレッズは、自動車用のビジョンプラス・ヘッドランプのような技術革新で健康と福祉をサポートしています。このヘッドランプは、ロービーム・テスト結果の標準的な最低法定要件と比較して、道路の視認性を60%向上させます。当社は、デジタル照明用の光源技術も開発しています。これにより、次世代の高解像度ヘッドライト・システムが可能となり、自動運転システムのカメラ検知、センシング、被視認機能がさらに向上し、これらすべてが道路上の安全と運転者の快適さを向上させます。

ルミレッズの2018年持続可能性報告書については、lumileds.com/sustainability-reportをご覧ください。

ルミレッズについて

ルミレッズは、革新的な照明ソリューションを求める自動車、モバイル、IoTおよびイルミネーション関連企業を顧客とする世界的なリーディングカンパニーで、30カ国以上に9000人を超える従業員を擁しています。ルミレッズは、お客さまとの連携により照明の可能性を切り拓いていきます。

当社の照明ソリューションの詳細については、lumileds.comをご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Lumileds@ZenoGroup.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Mary Ellen Ynes
Maryellen.Ynes@zenogroup.com

Contacts

Mary Ellen Ynes
Maryellen.Ynes@zenogroup.com