アンダーセン・グローバルがハンブルクに展開

コラシュニク・パートナーがドイツのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルに参加

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルはドイツでの業務拡大を継続しており、本日、ハンブルクにオフィスを置く会社法・商法事務所のコラシュニク・パートナー法律事務所がドイツのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルと業務を統合したことを発表しました。この事務所は、アンダーセン・グローバルにとってハンブルクでは初めて、ドイツでは8番目の拠点となります。

コラシュニク・パートナーは、2005年にハンブルクで設立されました。この事務所は、パートナーのアレクサンダー・イェーンとアルブレヒト・ネールス博士、オフィスマネジングパートナーのヘルガ・コラシュニクが統括し、オーナー経営企業や投資会社にサービスを提供する法律専門家を擁しています。この事務所は、企業取引および事業再編、買収・合併、商業および契約、コーポレートガバナンスおよび財務、継承および資産計画、プライバシー、IT、IP、雇用法、不動産、訴訟・調停といったサービスを提供しています。

ヘルガ・コラシュニクは、次のように述べています。「アンダーセン・タックス・アンド・リーガルとの業務統合により、取引規模が大きく国際的な課題を抱える当事務所の多くの国際的なクライアントを支援するための基盤が強化されます。私たちは以前から、顧客サービスとは一元的に総合的なアプローチを提供することにほかならないと考えており、こうした姿勢は、長年にわたってクライアントに最高水準のシームレスなソリューションを提供することを重視してきたアンダーセン・グローバルのチームの目標と合致します。」

ドイツのアンダーセン・タックス・アンド・リーガルのマネジングパートナーのステファン・クラウス博士は、次のように述べています。「ハンブルクの新しい仲間と共に仕事をすることを大変楽しみにしています。過去にアーサー・アンダーセンに勤めていたヘルガ・コラシュニクとアレクサンダー・イェーンや、他の新しい仲間は、私たちと共通した文化を持ち、税務分野を中心にハンブルク拠点を拡大するという目標を共有しています。」

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「ハンブルクはドイツ市場の重要な経済ハブであり、ドイツに新たな拠点が加わったことで、当組織の既存の業務の世界的な拡充が可能になります。コラシュニクとそのチームは、志を同じくして最高クラスのサービスを提供する確固とした専門家集団です。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の144カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700

Contacts

Megan Tsuei
Andersen Tax
415-764-2700