デビッド・H・マードックがトータル・プロデュースによるドール・フード・カンパニーへの投資取引を完了

米カリフォルニア州ウエストレークビレッジ--()--(ビジネスワイヤ) -- ドール・フード・カンパニーは本日、アイルランドのダブリンに本拠を置く欧州の大手青果物会社のトータル・プロデュースにドール・フード・カンパニーの持分45%を売却する手続きをデビッド・H・マードックが完了したと発表しました。本取引は、欧州委員会による承認を受けて完了しました。

デビッド・マードックは、次のように述べています。「トータル・プロデュースとの協力によるドールの未来像に大きな期待を寄せています。トータル・プロデュースは、青果物業界において長年にわたって優れた実績を築いており、青果物の一流ブランドであるドールが世界的な基盤を強化していく上で、その専門ノウハウを生かすことができると確信しています。ドールとトータル・プロデュースは、共にイノベーションで業界に先駆するための完璧さの基準を確立しており、両社が力を合わせることにより、最も質の高い青果物を提供するという共通した使命を推進していきます。」

トータル・プロデュースは業界に精通した強力なリーダーであり、青果物に関する専門的知見を有しています。現地に根差す一方でグローバルな規模を誇るインフラ、特に流通機能と世界中の主要栽培地域における現地基盤が、多くの同業他社に対する差別化要因となっています。今回の投資により、ドールの長期的な成長見通しが一段と高まり、顧客のニーズへの対応力が強化されます。

本取引の完了に伴い、トータル・プロデュースとデビッド・H・マードックはドールに対して同格の統治権を持つことになります。ドール取締役会は6人で構成され、このうち3人(ジャニー・ペック、ロベルタ・ウィーマン、デビッド・H・マードック)がデビッド・H・マードック、他の3人(カール・マッカン、ローリー・バーン、ジミー・トーラン)がトータル・プロデュースにより任命されます。

デビッド・H・マードックが引き続きドールの会長を務め、カール・マッカンが副会長に任命される予定です。重要な決定に際しては、トータル・プロデュースおよびデビッド・H・マードックがそれぞれ任命した取締役の少なくとも1人による賛同を必要とします。

ヨハン・リンデンが引き続きドールの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めます。また、現経営陣にも変更はなく、今後もドールの経営にあたります。

トータル・プロデュースのカール・マッカン会長は、次のように述べています。「1985年にドールの過半数の株式を取得して以来、インスピレーションに富み、明確なビジョンを持ったリーダーとして手腕を発揮してきたデビッド・H・マードックとの極めて重要な取引を完了することができ、大変うれしく思います。ドールは世界最大の青果物会社の一つであり、マードックをはじめとするドール経営陣との緊密な連携によりドールの一層の発展を促してくことに全力を尽くします。」

両社経営陣は、ドールの顧客、栽培者、パートナーに対して、これまでと同様に質の高い体験を提供していくことで一致しています。本取引によりこうした方針が変わることはありません。

ドール・フード・カンパニーについて

ドール・フード・カンパニーは、高品質の生鮮果実・野菜を生産・販売する世界最大の企業の1つです。ドールは数多くの商品で業界首位にランクされており、健康な食生活と栄養教育を強力に推進しています。詳細については、www.dole.comをご覧ください。

トータル・プロデュースについて

トータル・プロデュースは、世界最大の確立された生鮮食品販売企業の1つです。25カ国に拠点を有し、世界的に事業を展開するトータル・プロデュースは、欧州、北米、南米、インドにまたがる146カ所を超える施設で構成される世界的なインフラを構築しており、300種類を超える生鮮食品の栽培、調達、輸入、包装、販売、流通に従事しています。詳細情報については、www.totalproduce.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Dole Food Company, Inc.
William Goldfield, 818-874-4647
william.goldfield@dole.com

Contacts

Dole Food Company, Inc.
William Goldfield, 818-874-4647
william.goldfield@dole.com