クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが計画中の新規株式公開の登録届出書を提出

シカゴ--()--(ビジネスワイヤ) -- クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは本日、普通株式の新規公開計画に関連して、米国証券取引委員会(SEC)にフォームS-1による登録届出書を正式に提出したと発表しました。発行株式数および価格帯は未定です。

モルガン・スタンレー、J.P.モルガン、ゴールドマン・サックス、UBSインベストメント・バンクが今回の売り出しの共同主幹事ならびに引受会社の代理を務めます。また、バークレイズ・キャピタル、バンクオブアメリカ・メリルリンチ、シティグループ・グローバル・マーケッツ、クレディ・スイス・セキュリティーズ(USA)、ウィリアム・ブレア・アンド・カンパニーも本売り出しの共同主幹事を務めます。

今回の売り出しは、目論見書によってのみ行われます。今回の売り出しに関する暫定目論見書は、入手可能になり次第、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley & Co. LLC, Attention: Prospectus Department, 180 Varick Street, 2nd Floor, New York, NY 10014)、J.P.モルガン・セキュリティーズ(J.P. Morgan Securities LLC, Attention: Broadridge Financial Solutions, 1155 Long Island Avenue, Edgewood, NY 11717、電子メール:prospectus-eq_fi@jpmchase.com)、ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs & Co. LLC, Attention: Prospectus Department, 200 West Street, New York, NY 10282、電話:866-471-2526または電子メール:prospectusny@ny.email.gs.com)またはUBSセキュリティーズ(UBS Securities LLC, Attention: Prospectus Department, 1285 Avenue of the Americas, New York, NY 10019、電話:888-827-7275または電子メール:olprospectusrequest@ubs.com)から入手できます。

計画されている売り出しの完了までに、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは本日登録届出書を提出したジャージー島の有限責任会社であるDTZジャージー・ホールディングス・リミテッドの組織再編により、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドplcの名称においてイングランドおよびウェールズで設立された公開有限責任会社となります。

これらの証券に関する登録届出書はSECに提出されましたが、まだ有効と認められていません。登録届出書が有効と認められるまでは、この証券を売り出すことはできず、またこの証券の購入の申し出を受けることもできません。本プレスリリースは、これらの証券の販売の申し出や購入の申し出の勧誘に当たるものではなく、いかなる州または法域においても、当該州または法域の証券法により登録または認可前のこのような申し出、売り出しまたは勧誘が違法とされている場合、これらの証券を販売することはできません。

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドについて

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、アイデアを実行に移すことにより不動産の借主と所有者に優れた価値をもたらす世界有数の不動産サービス会社です。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは世界最大規模の不動産サービス会社で、70カ国、約400カ所のオフィスに4万8000人の従業員を擁しています。2017年の不動産管理、ファシリティマネジメント、プロジェクトマネジメント、リーシング、キャピタルマーケッツ、評価などのコアサービスおよびその他のサービス全体の売上高は69億ドルに達しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Cushman & Wakefield
Brad Kreiger
+1 312 424 8010
Brad.Kreiger@cushwake.com

Contacts

Cushman & Wakefield
Brad Kreiger
+1 312 424 8010
Brad.Kreiger@cushwake.com