インテバプロダクツ、革新的な縫製プロセスでイノベーションアワード最優秀賞を受賞

欧州自動車部品工業会(CLEPA)がインテバのリアルタイム内装縫製スキャン・プロセスを評価

米ミシガン州トロイ--()--(ビジネスワイヤ) -- 自動車向け加工部品・システムの世界有数の一次供給企業であるインテバプロダクツ・エルエルシーは、欧州自動車部品工業会(CLEPA)が6月13日にオランダのハーグで開催した2018年イノベーションアワードで最優秀賞を受賞しました。

インテバは、自動車内装ロボット縫製の新しいリアルタイム・スキャン・プロセスが評価されました。この革新的技術は、2019年型シボレー・シルバラードとGMCシエラ・ピックアップトラックの計器盤に使用されます。

この新しいプロセスにより、部品縫製時の「ライブ」スキャンとロボット縫製装置のプログラムパスの即時調整が可能になります。このアプローチは、自動車製造でのレーザー使用における最先端の進歩とインテバのユニークなロボット縫製技術に沿っています。この進歩により、縫合された表面の平均サイクル時間を約20~30%短縮できます。

デロイトとの協力で実施された2018年CLEPAイノベーションアワードでは、環境、安全、接続性・オートメーション、協力の各カテゴリーで自動車の卓越性が表彰されました。インテバは、顧客のゼネラルモーターズと共に「協力」カテゴリーで受賞しました。

インテバプロダクツのロン・オッフェンバッハ最高経営責任者(CEO)兼社長は、次のように述べています。「今回の受賞を誇りに思います。リアルタイム・スキャンの技術革新は、インテバと顧客のゼネラルモーターズの有能な女性・男性による真の共同作業の結果であるため、特に協力カテゴリーで受賞できて光栄に思います。」

インテバプロダクツ・エルエルシーについて

インテバプロダクツ・エルエルシーは、革新性・信頼性・環境配慮性を備え、自動車の品質・安全性・性能を向上させる製品を自動車メーカーに供給する世界有数の自動車部品企業です。インテバにはクロージャーシステム、インテリアシステム、モーター&エレクトロニクス、ルーフシステムのエンジニアリング、製造、カスタマーサービスのリソースが世界各地にあります。2008年に設立された一次部品供給企業として、世界規模で持続的な成長を達成しながら、優れたカスタマーサービスの提供と技術革新の推進に傾注しています。インテバは、革新的な(innovative)ソリューションと、応用技術(technology)の活用を基盤に、価値(value)ベースのソリューションを推進すべく設立されました。世界に1万2000人以上の従業員を擁し、米国ミシガン州トロイに本社を置いています。今後の企業情報については、インテバプロダクツのウェブサイトまたは当社のフェイスブックリンクトインツイッターのページをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Inteva Products
Karen Manardo
248-535-4825
kmanardo@intevaproducts.com

Contacts

Inteva Products
Karen Manardo
248-535-4825
kmanardo@intevaproducts.com