GSMA、世界的なモバイル・マネー認定制度を開始

最初に認定を受けたモバイル・マネー・プロバイダーは、オレンジ・コートジボワール、サファリコム(ケニア)、テレノール・マイクロファイナンス・バンク(イージーパイサ・パキスタン)、ティゴ・タンザニア(ミリコム・グループ)、ボーダコム・タンザニア

コートジボワール・アビジャン--()--(ビジネスワイヤ) -- モバイル360 - 西アフリカにおいて、GSMAは、GSMAモバイル・マネー認定を開始したと発表しました。これは、モバイル・マネー・プロバイダーが、世界の何百万人ものモバイル・マネー・ユーザーに、より安全で透明性が高く、耐久力のある金融サービスを提供するためのグローバルな制度です。この認定制度では、安全で信頼性の高いサービスの提供、消費者の権利の保護、資金洗浄やテロ資金調達への対抗に関するモバイル・マネー・プロバイダーの能力を独立的に評価します。この認定は、すべてのプロバイダーが目指す高い基準を定めることで、消費者の信頼を高め、商業パートナーシップを推進するよう立案されています。

GSMAのジョン・ジュスティ最高規制責任者(CRO)は次のように述べています。「GSMAモバイル・マネー認定制度は消費者重視のイニシアチブであり、その目的は、消費者の資金が安全に保護され、消費者の権利が守られ、高いレベルの顧客サービスを期待できるようプロバイダーが対策を講じていると消費者が確信できるようにすることです。世界に6億9000万件を超えるアカウントを有するモバイル・マネー業界は、金融包摂を拡大する世界的取り組みに明確な影響を及ぼし、生活を向上させる金融サービスを利用できるようにし、デジタル経済へのゲートウェイとしての役割を果たしています。モバイル・マネーは、健康や教育などの不可欠なサービスの利用を促進し、雇用機会を提供し、貧困を削減することで、17項目の持続可能な開発目標のうちの13の項目を直接推進しています。」

この認定制度は、3年にわたってGSMAが主導する協議プロセスの結果生まれたもので、このプロセスでは、アフリカ、アジア、中南米のプロバイダーと協力して、その事業の課題を理解し、これらの市場からベストプラクティスを構築しました。この認定は、モバイル運営業者、銀行、あるいは他の種類の決済サービス・プロバイダーを問わず、すべてのモバイル・マネー・プロバイダーに開かれています。最初に認定を受けたプロバイダーは、オレンジ・コートジボワール、サファリコム(ケニア)、テレノール・マイクロファイナンス・バンク(イージーパイサ・パキスタン)、ティゴ・タンザニア(ミリコム・グループ)、ボーダコム・タンザニアで、これらのプロバイダーは4つの市場で9800万件のアカウントを有しています。

この認定制度は、事業の主要分野にわたって一貫したリスク緩和と消費者保護慣行を促進します。この要件には、セキュリティー、消費者の権利、資金洗浄防止、テロ資金供与、詐欺などの問題を対象とした8つの高水準の原則と300項目の詳細基準が含まれています。この認定基準はプロバイダーのコンプライアンスの取り組みを補完するものですが、詳細さと範囲では規制を上回っており、業界のベストプラクティスを詳細に定義しています。責任あるビジネス慣行は、規制当局が金融包摂、安定性、完全性、消費者保護に関する目標を達成する上で不可欠です。

この認定の運営管理は、独立した制度運営業者であるアライアンシズ・マネジメントに委託されます。アライアンシズ・マネジメントは、すべての評価に一貫性と客観性を持たせるよう、独立審査官に訓練を実施し監督する責任を負います。認定基準は、すべてのプロバイダーの目標となるよう高く設定されており、100%の合格点が必要です。

この制度の詳細は、このリンク(www.gsma.com/mmc)をご覧ください。

-以上-

編集者への注記

アライアンシズ・マネジメントは、評価に一貫性と客観性を持たせるよう、独立審査官の訓練、認定および監督を行うよう任命された独立系専門認定制度運営業者です。同社は、10年以上にわたって世界の認定制度を立案、開始、運営してきました。

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20180412005037/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
David Ntwampe Maila
+ 27 72 015 4702
dmaila@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

For the GSMA
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
David Ntwampe Maila
+ 27 72 015 4702
dmaila@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com