アンダーセン・タックスがケニアで始動

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ナイロビに本拠を置く税務・商務助言事務所のネクサス・ビジネス・アドバイザリー・リミテッドがアンダーセン・グローバルの完全提携事務所となり、アンダーセンの名を冠した事務所がケニアで活動を開始することを発表します。ケニアへの進出はアンダーセンのアフリカにおける戦略的拡大の継続を示すもので、ケニアのアンダーセン・タックスはアフリカで2番目のアンダーセンの名称を採用した事務所となります。ケニアでは、マネジングパートナーのフィリップ・ムエマがアンダーセン・タックスを統括します。

フィリップ・ムエマは、次のように述べています。「同じ志を持った世界各地のパートナーと共に働けるという有意義な機会をありがたく思います。アンダーセンの協力事務所として、そして今は提携事務所となった経験を通じて、私たちはクラス最高のサービスを提供するという使命を共有していると実感しています。アンダーセンのケニアへの進出は、東・中央アフリカ市場での税務サービスの新たな夜明けの先触れとなるものです。今後も世界的組織の献身的なプロフェッショナルと協力し、アフリカの主要市場で拡大と成長を続けられると期待しています。」

グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「東アフリカへの進出は、アンダーセンのプラットフォームをこの主要市場で強め、拡大する次のステップとなるものです。ケニア・チームは受託責任、円滑なサービス、透明性をはじめとするアンダーセンの中核を成す価値観を体現しています。加えて、ムエマは世界的組織の進化するニーズに一体となって取り組むアンダーセン・グローバル諮問委員会のメンバーであることから、彼とは仕事の上で緊密な関わりがあり、強い信頼を置いています。」

ケニアの事務所はアンダーセン・タックスの名の下で、引き続き合併・買収、デューデリジェンス・レビュー、売主側の税務助言、移転価格、法人税務、VAT、国際税務、複数国間の税務計画、税務訴訟、従業員報酬体系など、税務・商務に関するソリューションを東アフリカと海外の個人と企業に提供します。

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、世界に2500人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して世界に88カ所以上の拠点を有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742

Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742