アップホールドが手数料なしでXRP取引を開始

XRPを30種以上の通貨・暗号通貨と並びアップホールドのプラットフォーム上にて取引可能に

サンフランシスコ--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界的デジタルマネープラットフォームのアップホールドは本日、アップホールドが米国内でXRPに一般アクセスできるプラットフォームとして、初にして唯一のものであると発表しました。価値の高さが220億ドル以上と世界第3位の暗号通貨であるXRPは、アップホールドのお客さまが売買できるようになりました。アップホールドの会員は既に最も広範な暗号通貨および従来通貨にアクセスできますが、各会員のポートフォリオにこの高人気の仮想通貨を追加可能となりました。

アップホールドのAdrian Steckel最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これまでXRPには大きな需要があり、アップホールドはXRPへ容易にアクセスできるようにした初のプラットフォームの一角を占めます。アップホールドはビットコインキャッシュとビットコインゴールドを初めて取り扱いましたが、私たちはXRPも初めて取り扱うことで、当社会員のご関心に応えました。」

アップホールド会員は本日より、初めの500万XRPの購入分につき手数料無料で、XRPを購入できます。会員は7種の暗号通貨、23種の不換通貨、4種の貴金属との間でXRPの取引を行うことができるようになります。今後数週間で、アップホールドのプラットフォームはXRP台帳に接続して、XRPの預け入れと引き出しが可能となるようにします。アップホールド会員はこの間、XRPの販売を求めてきました。最近の世論調査によれば、1万2000人以上のツイッターフォロワーが、XRP以外のすべての暗号通貨を抜いて、XRPのサポートに賛成する投票を行いました。

リップルのXRP市場担当ヘッドのミゲル・ビアス氏は、次のように述べています。「XRPエコシステムは分散化と成長が急速に進んでいます。アップホールドはお客さまがデジタル資産へ容易にアクセスできるようにするための強力なリテールプラットフォームですが、XRPのアップホールドへの上場はXRPに対する関心が大きく高まっていることを浮き彫りにしています。」

XRPは現在、184カ国で提供しており、これらの国では業界有数のセキュリティーを確保しながら、消費者にとって使いやすいアップホールドのウオレットにアクセスできます。アップホールドのプラットフォームはAPIを導入することで、暗号通貨給与サービス、AI活用のロボトレーディング、金取引、ブラウザーベースの広告決済にも使えます。インテグレーションパートナーには、BraveHeleumAUsecureBitwageなどがあります。

アップホールドについて

アップホールドは公開性・信頼性・透明性のあるデジタルマネープラットフォームのクリエイターであり、こうしたプラットフォームによって従来通貨、暗号通貨、その他の投資対象すべてに一カ所で迅速・安全にアクセスできるようにします。アップホールドは184カ国で30億ドル以上の取引に貢献しており、サポートする通貨は30種以上、取引商品は4種以上となっています。アップホールドのプラットフォームは最も広範囲の取引可能な通貨と投資対象に一カ所でアクセスでき、比類のない透明性とセキュリティーを備えています。アップホールドはリアルタイムで手持ち準備金額を公表する唯一の企業であり、会員が情報に基づいた判断をするために必要な情報の提供を保証します。アップホールドは世界規模でブラガ、ロンドン、ロサンゼルス、メキシコ市、サンフランシスコに業務拠点を持っています。詳細情報についてはwww.uphold.comをご覧いただくか、ツイッターフェイスブックリンクトインで当社をフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media contact for Uphold
Consort Partners
Cathy Summers, +1 415-483-0840 (Mobile)
uphold@consortpartners.com

Contacts

Media contact for Uphold
Consort Partners
Cathy Summers, +1 415-483-0840 (Mobile)
uphold@consortpartners.com