JDRケーブル・システムズがロンドン・アレイ海上風力発電ファームにインターアレイ・ケーブルを提供へ

JDRの波止場地区にある所有地(写真: ビジネスワイヤ)

英ケンブリッジシャー州リトルポート--()--(ビジネスワイヤ) -- 海底電力ケーブル、海洋供給パイプライン・システム、特殊海中ケーブルの分野における世界的プロバイダーであるJDRケーブル・システムズは、ドンク・エナジー(DONG Energy)、エーオン(E.ON)、マスダール(Masdar)からなるプロジェクト・コンソーシアムより、ロンドン・アレイ海上風力発電ファームの第1フェーズにおける海中電力アレイ・ケーブルの契約を受注しました。

同開発プロジェクトの第1フェーズでは、テムズ川河口区域外のケント~エセックス海岸から約20km(12マイル)の場所に風力タービン175基と、海洋変電所2基を水深23mまでの海中に設置する予定です。この風力発電ファームは海底送電ケーブルによって、ノースケント海岸クリーブヒルにある地上変電所に接続され、この変電所から既存の400kV送電網に電力が供給される予定です。

JDRが引き受ける業務内容は、独自のハングオフ終端システムを備えた長さ200km以上に及ぶ33kVアレイ・ケーブルのエンジニアリング、設計、製造などです。これらのケーブルは、個々の風力タービン発電機、風力発電機アレイ、海洋変電所群の間で必須の接続を提供するもので、2010年と2011年に製造される予定です。

JDRケーブル・システムズ・リミテッド最高経営責任者(マネージングディレクター)のパトリック・フェランは、次のように語っています。「ロンドン・アレイのプロジェクト・チームは、調達するアレイ・ケーブルに関して、市場で入手できる中で、長期に渡って最高度の信頼性をもつものを選ぶということで非常に明確でした。JDRは海底電力ケーブルおよび石油ガス・プロジェクト向け深海供給パイプライン・システムの供給において、最高レベルの品質管理と不断の改善に長年努めており、海上風力発電の事業者の需要に完全に適合しています。当社は、海洋での設置費用を最小限に抑えるよう設計された、独占的なJDRアレイ・ケーブル終端システムも提供する予定です。当社はアレイ・ケーベルの供給企業として選ばれたことを大変よろこばしく受け止めており、この世界レベルのプロジェクトに着手することを楽しみにしております。」

ロンドン・アレイの第1フェーズが完了すると、世界最大の海上風力発電ファームの1つとなり、630MWを供給する見込みです。これは一般家庭約47万戸分の電力にあたり、2015年までに総電力供給量の15%を再生可能エネルギーで賄うとする英政府の目標に大きく寄与することになります。

JDRケーブル・システムズ(ホールディングス)・リミテッドのグループ最高経営責任者(CEO)であるパット・ハーバートは、次のように述べています。「JDRはこの3年間に渡り、英国および世界の他の国々において、再生可能エネルギーの先進的で重要な取り組みが活発化する中で、この取り組みに相当の投資をしてきました。ハートルプールにある当社の製造プラントは、英国海上コミュニティーの中心的存在として、英国の意欲的なプロジェクトに最善を尽くし、さらに北欧その他の地域にも適切に貢献するよう、熟慮のうえ選択されたのです。」

ロンドン・アレイのプロジェクト管理者であるリチャード・リグ氏は、次のように話しています。「ロンドン・アレイ・リミテッドおよびその株主は、JDRケーブル・システムズがこうした規模の業務を受注したこと、またJDRがハートプールで開発する新しい英国設備を当プロジェクトがサポートし、海上風力発電産業に寄与できることを大変よろこんでいます」。

JDRケーブル・システムズについて

JDRは、カスタム仕様および既製の固定/可動式海底電力ケーブル、供給パイプライン・システム、その他各種海中ケーブルの大手プロバイダーであり、用途は広く石油ガス産業、海洋再生可能エネルギー産業、地震関係、防衛市場などに渡ります。

JDRは、英サンデー・タイムズ紙の「バイアウト・トラック100」で、非公開投資会社が所有する英国上位企業として紹介されました。JDRは100企業の年間リストで12位にランクされ、同リストのOEM(相手先商標製品製造企業)としては第1位でした。

ロンドン・アレイ・コンソーシアムについて

ロンドン・アレイ・リミテッドには、エーオン、ドンク・エナジー、マスダールという3社の株主があります。

エーオンは英国の大手電力ガス会社の1つであり、発電および送電事業、電力およびガスの小売業に携わっています。また世界最大の私営電力ガス事業者であるエーオン・グループの傘下にあります。

ドンク・エナジーは北欧の主要エネルギーグループの1つであり、本社はデンマークにあります。北欧でエネルギーおよびエネルギー関連製品の調達、製造、販売、貿易を手がけています。

マスダールは、ムバダラ・ディベロップメント・カンパニー(Mubadala)の100%子会社であり、再生可能エネルギーおよび持続可能テクノロジー分野の開発および商業化におけるアブダビの多角的なイニシアチブ事業会社です。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください。 http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=6119533&lang=ja

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

JDR Cable Systems Ltd
Patrick Phelan, +44 (0) 1353 860 022
Managing Director
Patrick.Phelan@jdrcables.com
or
JDR Cable Systems Ltd
Jeanne Righter, +1 713 466 6489
Mobile: +1 832 276 6166
Group Marketing Manager
Jeanne.Righter@jdrcables.com

Contacts

JDR Cable Systems Ltd
Patrick Phelan, +44 (0) 1353 860 022
Managing Director
Patrick.Phelan@jdrcables.com
or
JDR Cable Systems Ltd
Jeanne Righter, +1 713 466 6489
Mobile: +1 832 276 6166
Group Marketing Manager
Jeanne.Righter@jdrcables.com