OKExのネイティブ・トークンのOKBとOKLinkのステーブルコインのUSDKがビットフィネックスに上場

マルタ・バレッタ--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界をリードする仮想通貨取引所のOKExは、ネイティブ・トークン「OKB」がまた1つ新たに有力仮想通貨取引所のビットフィネックスに上場されたと発表しました。ビットフィネックスは、ブロックチェーン技術企業OKLinkおよび米国ネバダ州登録トラスト企業Prime Trustとの共同開発によるステーブルコインであるUSDKも上場します(詳細)。9種類の新たな取引ペア(USDK/USD、BTC/USDK、ETH/USDK、USDT/USDK、EOS/USDK、OKB/USD、OKB/BTC、OKB/ETH、OKB/USDT)の取引が、2019年6月13日午前10時(UTC)からビットフィネックスで公式に開始されます。

OKExのエコシステムを支えるOKBは、OKExの利用者がOKExパートナー取引所のセットアップ、取引手数料の決済トークンセール・プラットフォームOK Jumpstartでの新トークンの申し込みといった多様な作業を実行することを可能にします。複数のユースケースを持つOKBは、CoinMarketCapで公表されたデータによれば、過去数カ月間に市場シェアを拡大してきました。

OKExのネイティブ・トークンであるOKBは、現在はイーサリウム・ネットワーク(ERC20)で稼働していますが、今年中にはOKExが開発しているブロックチェーンであるOKChainに移行されます。これは、現時点で最終テストの段階にあります。

OKExのオペレーション責任者のAndy Cheungは、このように述べています。「私たちは、ブロックチェーン技術によって新たな経済を育成することを目指しています。仲介者排除と金融包摂を達成するために、私たちは孤立して作業しているわけではありません。市場の成長を促すためにはチームワークが鍵であると考えていますので、他の有力業界プレーヤーと協力し、新たな相乗効果を引き出したいと思います。OKBがビットフィネックスに上場されたことは単なる始まりに過ぎず、私たちのネイティブ・トークンとプラットフォームが同業者から認められたことを意味します。当社は、他の業界プレーヤーとのあらゆる種類の協力をさらに進めていく機会を継続的に模索していきます。当社は、公正で透明性のある取引市場を育成するために絶え間なく努力を続けていきます。そして、考え方の近いパートナーとの協力を歓迎いたします。」

最新情報については、OKExのツイッターをご覧ください。

以上

OKExについて

OKExは、マルタを本拠として世界をリードするデジタル資産取引所です。法定通貨・トークン取引、スポット取引、デリバティブ取引を含む包括的なデジタル資産取引のサービスを世界的にブロックチェーン技術を使ってトレーダーに提供しています。現在、本取引所は400種類を超えるトークンと先物取引のペアを提供し、利用者は戦略を最適化することができます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Jennifer Chow
Jennifer.chow@okex.com
Vivien Choi
Vivien.choi@okex.com

Contacts

Jennifer Chow
Jennifer.chow@okex.com
Vivien Choi
Vivien.choi@okex.com