アモニクス、NRELでの試験で太陽光発電効率の世界記録を樹立

米カリフォルニア州シールビーチ--()--(ビジネスワイヤ) -- 集光型太陽光発電(CPV)システムの設計・製造をリードするアモニクスは本日、直射太陽光の36%以上を電力に変換することに成功したと発表しました。アモニクスの最新世代のCPV技術を示すモジュールの屋外試験が、今年2月後半から4月にかけて実施されました。この期間中の2013年3月14日に、アモニクスのモジュールは36.2%のピーク運転効率を達成しました。この時のDNIは876 W/m2、気温は16°C、瞬間風速は1 m/sで、2012年5月にアモニクスが記録していた34.2%のピーク効率を上回りました。

試験期間全体については、アモニクスのモジュールは国立再生可能エネルギー研究所(NREL)から屋外定格効率34.9%の評価を得て新たな世界記録を打ち立てました。これは、集光型太陽光発電の国際的な標準運転条件に従って900 W/m2、気温20°C、風速2m/sで達成されたものであり、やはりアモニクスが2012年5月に打ち立てたこれまでの記録である33.5%の定格効率を上回りました。このモジュールには、ボーイング・スペクトロラボによる40%の高効率太陽電池セルとアモニクス専有のCPV技術が使用され、世界記録の性能を実現しています。

この成果の背後には太陽電池モジュールの効率で世界をリードしてきたアモニクスの長い歴史があり、当社は2012年5月に太陽エネルギーの3分の1以上の変換に初めて成功し、2011年にモジュール効率30%を初めて達成した企業でもあります。

アモニクス創業者で最高経営責任者(CEO)のVahan Garboushianは、次のように述べています。「アモニクスの専有技術プラットフォームにより、CPVシステムの性能改善を急速に進めることが可能となっています。過去2年間に達成してきた進歩はすべて同一世代の40%セルによるものであり、セル・モジュール間の変換効率は90%を超えるこれまでにない水準に達しています。セル効率で進められている改善と当社のモジュール技術のさらなる進歩により、今後も効率をさらに高めていきます。」

アモニクスについて

アモニクスは、集光型太陽光発電(CPV)システムの設計・製造で評価を受けているリーダー企業です。当社のシステムでは電力生産に水を使用せず、土地利用効率が高く、他の太陽光発電技術と比較して面積当たりで多くのエネルギー生産が可能です。実用CPV展開で業界最長の実績を持つアモニクスは、晴天が多く乾燥した気候での太陽光発電システムとして最良の選択です。アモニクスは、米カリフォルニア州シールビーチの企業です。詳細情報については、http://www.amonix.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Amonix
Megan Gormley
562-200-7730
mgormley@amonix.com
PR@amonix.com

Contacts

Amonix
Megan Gormley
562-200-7730
mgormley@amonix.com
PR@amonix.com