NPCIインターナショナル、ナミビア銀行と提携し、ナミビアでインドのUPIの経験を展開

Mr. Johannes !Gawaxab, Hon'ble Governor of the Bank of Namibia (left) and Mr. Ritesh Shukla, CEO, NPCI International (Photo: Business Wire)

インド・ムンバイ--()--(ビジネスワイヤ) -- インド国立決済公社(NPCI)の国際部門であるNPCIインターナショナル・ペイメンツ・リミテッド(NIPL)は、ナミビア銀行(BoN)と、ナミビア向けの統合決済インターフェース(UPI)のような即時決済システムの開発を支援する契約を締結しました。

この提携は、ナミビアの金融インフラを強化し、包摂的な経済成長を促進するための戦略的飛躍を意味します。インドのUPIの技術と経験を活用することで、この提携はナミビアの金融エコシステムの近代化を支援することを目指しています。これには、アクセシビリティ、アフォーダビリティ、国内外の決済ネットワークとの接続性、相互運用性の向上が含まれます。

この戦略的提携は、アフリカ諸国におけるデジタル金融サービスを強化し、リアルタイムの個人間(P2P)および加盟店(P2M)決済取引を促進することを目指します。UPIプラットフォームに内在する堅牢なセキュリティ機能は、ユーザーやステークホルダーに信頼感を与えるだけでなく、将来の技術的進歩や市場の需要に対応するスケーラビリティを確保します。この提携により、BoNはNIPLが提供するクラス最高の技術と見識にアクセスできるようになり、ナミビアで同様のプラットフォームを構築して、市民のデジタル福祉を実現できるようになります。

ナミビア銀行のヨハネス・ガバハップ総裁は、次のように述べています。 「私たちの目的は、十分なサービスを受けていない人々のアクセシビリティとアフォーダビリティを向上させ、2025年までに決済手段の完全な相互運用性を達成し、金融セクターを近代化し、安全で効率的な国家決済システムを確保することです。この取り組みは、当行の戦略計画およびNPSビジョン・戦略2025に沿ったものであり、中央銀行主導のアプローチを意図的に採用し、金融機関のインフラコストを最小限に抑え、エンドユーザーにとって即時決済ソリューションの持続可能性と手頃な価格を保証するものです。このシステムは、社会助成金の支払いを含め、ナミビア全土の個人、企業、政府機関をつなぎ、より効率的な経済交流を可能にし、デジタル起業の成長を支援することを目指しています。」

この提携について、NPCIインターナショナルの最高経営責任者(CEO)、リテシュ・シュクラは次のように述べています。 「ナミビアの人たちのデジタル公益のために、ナミビア銀行と手を携えてUPIのようなリアルタイム決済システムをナミビアで展開できることを誇りに思います。この提携により、ナミビアの人たちは、インドのUPIの技術と経験を活用して即座に取引を行うことができるようになります。この技術を実現することで、ナミビアはデジタル決済の分野で主権を獲得し、決済の相互運用性を高め、十分なサービスを受けていない人々の金融アクセスを改善する利益を得ることができます。また、将来の技術の進歩や市場の需要に対応できる拡張性と適応性を確保することで、地域の経済的繁栄を推進します。」

このプラットフォームが稼動すれば、ナミビアのデジタル取引が促進され、金融包摂が促進され、十分なサービスを受けていない人々に対応することで現金依存が軽減されます。この協力的な取り組みは、特に農村部とインフォーマル・セクターに重点を置き、すべての人に必要不可欠で手頃な金融サービスを提供することを目指しています。

NPCIインターナショナルの詳細については、こちらの リンクをクリックしてください

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

For Media Queries: corporate.communications@npci.org.in

Tel: +91 22 4050 8500

聯絡人

For Media Queries: corporate.communications@npci.org.in

Tel: +91 22 4050 8500