アジア太平洋地域はローカルな決済手段のにおいて引き続き世界をリード Bokuの新たな調 査により明らかに

2028年までに、5人のうち3人(61%)がアジア太平洋地域のeコマース取引でローカルな決済手段を積極的に利用するようになることが、Bokuの新たな調査により明らかに

Boku ecommerce report 2024 - Asia Pacific key market statistics (Graphic: Business Wire)

バンコク--()--(ビジネスワイヤ) -- ローカライズされた決済ソリューションの世界的ネットワークであるBoku は、グローバル調査レポート 2024年グローバルeコマースに関するレポート:変化する決済の世界(2024 Global Ecommerce Report: The Changing World of Payments) を発表しました。本レポートでは、ローカルな決済手段を好む傾向がますます高まっており、従来のカード決済の市場シェアが引き続き低下していることを明らかにしています。

ジュニパーリサーチと共同で制作した本レポートでは、10,500人の消費者を対象に調査を行い、世界37の主要市場のデータを分析し、グローバル、地域別、国別の傾向を明らかにしています。その結果、eコマース決済において、従来のカードネットワーク(新興国では代金引換)から、デジタルウォレットなどのローカルな決済手段へと、消費者が大規模かつ急速にシフトしていることが浮き彫りとなりました。タイのPromptPay、シンガポールのPayNow、オーストラリアのPayToなど、アカウント・トゥ・アカウント(A2A)決済(即時決済や銀行振込)は、eコマースで最も急成長している決済手段であることが明らかになりました。

アジア太平洋地域における主な調査結果:

  • アジア太平洋地域は、ローカルな決済手段の利用に関して引き続き世界をリードしています。アジア太平洋地域におけるeコマース取引の金額のうちローカルな決済手段が占める割合は、2023年は64%でしたが、2028年には69%になると予想しています。
  • アジア太平洋地域では、カードとリンクしないウォレットがeコマース取引の大半を占め、2028年までに57%に達すると予測されています(2023年の55%から上昇)。
  • 2028年までに、アジア太平洋地域における61%以上の個人が、ローカルな決済手段を積極的かつ定期的に利用するようになると予想されており、これは同地域における影響力の強さを反映しています。
  • タイのPromptPayやシンガポールのPayNowなど、アカウント・トゥ・アカウント(A2A)決済が台頭してきており、2023年には取引額の4%だったものが2028年には8%に上昇すると予想されています。
  • 市場のニュアンスは消費者が決済手段に対して抱く信頼感において重要な役割を果たしており、それぞれのニーズに合わせた決済戦略が必要であることを強く示しています。

世界中の消費者にとって、決済手段の選択はとても重要です。カードネットワークをあまり利用せず、馴染みが薄い昨今のモバイルファースト世代は、デジタルウォレット、キャリア決済、A2Aによる即時決済の利便性とシームレスな性質を重視しています。多くの新しい技術が採用されるのと同様に、若い世代や人々がローカライズされた決済ソリューションを利用することで、より上の世代の消費者にもそれが浸透しつつあります。

Boku 最高経営責任者(CEO)のスチュアート・ニールは次のように述べています。「当社の調査によると 、アジア太平洋地域はローカルな決済手段の利用において引き続き世界をリードしています。カードのリンク型決済が依然として重要である一方、デジタルウォレット、キャリア決済、口座間送金など、消費者にシームレスな決済体験を提供するローカルな決済手段は、今後も市場シェアを獲得していくでしょう。加盟店は現在、将来のグローバルな成長と成功の鍵は、このようなお客様のニーズの変化に合わせて、消費者により多くの決済手段を提供することであると認識しています。Boku は世界最大の加盟店に対し、ローカライズされた決済ソリューションの世界的ネットワークへのアクセスを提供することで、加盟店のお客様が世界のどこにいても、好きなものを好きな方法で、より簡単に支払うことが 出来るようになることを嬉しく思います。

調査レポート全文は、 http://www.boku.com/boku-knows/2024-boku-global-ecommerce-reportからダウンロードしてください。

編集者注記

Bokuについて

Boku は、デジタルウォレット、キャリア決済、アカウント・トゥ・アカウント/リアルタイム決済スキームなど、ローカライズされた決済ソリューションの世界的ネットワークを構築することで、人々が望む方法で支払いを行えるよう支援しています。Boku のグローバルな決済ネットワークは現在、世界中で300を超えるローカルな決済手段を持ち、90カ国以上で75億を超える消費者の決済アカウントに対応しています。Boku は、アマゾン、グーグル、スポティファイ、メタ、マイクロソフト、ネットフリックス、スポティファイ、テンセント、スカイなど、世界で最も大きい加盟店とともに働いており、世界中のあらゆる場所でビジネスの成長を支援しています。

Boku は2008年に設立され、英国ロンドンに本社を置き、米国、インド、ブラジル、中国、エストニア、フランス、ドイツ、インドネシア、日本、シンガポール、スペイン、台湾、ベトナムにオフィスを構えています。

Bokuの詳細については、当社ウェブサイトwww.boku.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Press and research methodology enquiries:
Cat Lenheim
ThoughtLDR
cat@thoughtldr.com
+44 7511 117587

聯絡人

Press and research methodology enquiries:
Cat Lenheim
ThoughtLDR
cat@thoughtldr.com
+44 7511 117587