年に一度の黄帝祭典で、中華民族の繁栄を祝う

The Memorial Ceremony to Ancestor Huangdi in His Native Place in the Jiachen Year (Photo: Business Wire)

中国、鄭州--()--(ビジネスワイヤ) -- 始祖・黄帝を偲ぶ記念式典が、生誕地である新鄭で4月11日に執り行われました。この祭典は、毎年旧暦3月3日に、中国の河南省鄭州市新鄭で開催され、今年は「甲辰年(2024年)」にあたります。

「同根・同祖・同源、平和・協調・調和」をテーマとした今回の式典は、河南省人民政府、中国人民政治協商会議河南省委員会、国務院台湾事務弁公室、中華全国帰国華僑連合会、中華全国台湾同胞聯誼会、中華炎黄文化協会が共同で開催しました。

世界中の華人は、伝説の祖先である黄帝を祭り、中国文明の繁栄を祈り、世界の平和と調和が叶うよう願いを込めました。

午前9時40分、礼砲とともに式典が幕を開けました。参列者たちは献花を行い、香炉に香を焚き、深く頭を下げて参拝しました。続いて、祈りの言葉の朗読、キャロル斉唱、歌と踊りで礼拝が捧げられ、中国のための祈り、自然と人間との調和のための祈りなど、一連の儀式が行われました。

午前10時40分、中国人民政治協商会議河南省委員会の孔昌生委員長は、各界の代表者と100社近くのメディア記者など、約5,000人の出席者が見守る中、式典の終了を宣言しました。

この壮大な記念式典は、単なる文化行事にとどまらず、相互利益に基づく発展を促進するための協力の場でもあります。今年の式典では、ビジネス交渉と投資促進のためのイベントが併設され、数多くのプロジェクト契約が締結されました。

黄帝祭典は、中国では春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)から続く伝統行事で、2008年には、中国の国家無形文化遺産リストに登録されました。

香港、マカオ、台湾、アメリア、イギリス、オーストラリアなどに住んでいる中国人は、毎年、世界各地で黄帝を祭る活動を行い、尊敬する祖先への敬意を表しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Shirley Huang
Tel.: +86-010-68996861
Email: huangxl@cnmatters.com

聯絡人

Shirley Huang
Tel.: +86-010-68996861
Email: huangxl@cnmatters.com