ベア・ロボティクスのサービ・プラスが権威ある2024年iFデザイン賞を受賞

Under the leadership of CEO John Ha, Bear Robotics proudly announces Servi Plus' honor in the Public Design category at the iF Design Award 2024 in Germany, solidifying its global leadership in cutting-edge technology and visionary design among over 11,000 entries. (Photo: Business Wire)

カリフォルニア州レッドウッド・シティ--()--(ビジネスワイヤ) -- ベア・ロボティクスは、ジョン・ハー最高経営責任者(CEO)の指揮の下、AIを搭載した配膳ロボット「サービ・プラス」が、ドイツで開催された2024年iFデザイン賞の公共デザイン部門で栄誉ある最優秀賞を受賞したと発表しました。このほどLGエレクトロニクスからの投資により強化されたベア・ロボティクスは、今や最先端技術と先見的なデザインにおける世界的な指針となっています。

世界72カ国から1万1,000を超える応募がある等、熾烈な競争が繰り広げられる中、サービ・プラスは132人の尊敬すべきデザイン専門家からなる審査委員会に強い印象を与えることができました。この審査委員会は、アイデア、形状、機能、特異性、インパクトに基づいて応募作品を評価しています。

iFデザイン賞は、ドイツのレッド・ドット・デザイン賞、米国のIDEA(インターナショナル・デザイン・エクセレンス・アワード)に並ぶ世界3大デザイン賞の1つとして知られています。今回の受賞により、ベア・ロボティクスのイノベーションと創造性における業界リーダーとしての地位を確固たるものにしています。

2021年国際デザイン賞における「サービ」ロボットの成功に続き、サービ・プラスはお客様の体験を向上させ、他に類をみない性能と満足度を保証するその革命的なデザインで、広く称賛を集めています。ニーズに合わせて変更可能なトレイの配置、アダプティブ・ディスプレイ、レスポンシブな照明といった直感的に分かりやすい機能により、サービ・プラスは世界中のレストラン経営者を惹きつけることに成功し、ワークフローにおける業務効率に関して新たなベンチマークを打ち立てています。

最先端のサスペンション技術と高度なAI機能を搭載したサービ・プラスは、傾斜面を含むあらゆる種類の床を難なく移動し、正確なドリンク提供を実現します。サービ・プラスはマルチロボット機能により、複数のロボットが同時に同期し人間のような知能をもって協働することが可能となり、サービスの自動化を大きく前進させることができました。

ベア・ロボティクスのジョン・ハー最高経営責任者(CEO)は、今回の功績を振り返り、ユーザーの利便性とイノベーションに対するベア・ロボティクスの揺るぎないコミットメントを強調しています。 「創業以来、当社は最先端のテクノロジーとユーザーフレンドリーなデザインをシームレスに融合させた製品の開発に努めてきました。サービスロボットの機能性と美しさの限界に挑戦するという当社の姿勢は、これからも変わりません。」

ベア・ロボティクスについて

ベア・ロボティクスは2017年の創業です。自動運転の屋内ロボットを製造することで、従業員の日常業務をサポートし、業務負荷を軽減しています。主力製品の「サービ・プラス」ロボットは北米、欧州、アジアのホスピタリティー、医療、小売、流通、2階建て以上の不動産会場に配置されています。詳細情報はwww.BearRobotics.aiでご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media Contact
Gennaro Gallo
Phone: 844-729-2327
Email: press@bearrobotics.ai

聯絡人

Media Contact
Gennaro Gallo
Phone: 844-729-2327
Email: press@bearrobotics.ai