ソウル半導体、2024年ジェネシスGV80のフロントヘッドランプにWICOPを供給、ヘッドランプトレンドをリードする

ソウル半導体のWICOP技術を適用したジェネシスの高級SUV、GV80のヘッドランプ (Photo: Seoul Semiconductor Co., Ltd.)

SEOUL, South Korea--()--(ビジネスワイヤ) -- 光半導体分野で世界トップクラスの技術を誇るソウル半導体(KOSDAQ:046890)は、世界初のワイヤレス高出力LEDである「WICOP」を世界3大自動車会社の1つ、現代自動車グループの高級SUVモデル「ジェネシスGV80」のヘッドランプに供給し、量産しています。この技術は、GV80に搭載されている高光度で高性能のヘッドランプのすべての機能に適用されます。

ソウル半導体は、ジェネシス車両を象徴するGV80の2本ラインヘッドランプのハイビームとロービームに、新技術の超高輝度「WICOP UHL」を適用しました。既存の量産型WICOP製品と比較して輝度を200%アップした「WICOP UHL」は、スリムなランプデザインに最適なソリューションとして、自動車市場で注目を集めています。さらに、デイタイムランニングライト(DRL)や方向指示灯など、GV80のフロントライト機能すべてにWICOPが適用されました。この偉業は、ソウル半導体の製品に対するお客様の信頼の証です。

ジェネシスのヘッドランプのマイクロレンズアレイ(MLA)に適用されたWICOP UHLは、超小型の高効率LED技術であるWICOPをベースに開発され、車載用途に最適化された製品です。他のLED製品よりも放熱性が最大40%高く、ランプのヒートシンク構造を最大75%縮小できます。そのため、ランプデザインの重要な要素である小型化および軽量化が可能となり、スリムで洗練されたデザインを実現できました。

ジェネシスは、「ソウル半導体の技術導入により、当社の高級SUVであるGV80のフロントフェイスの完成度が高まりました。特に、WICOP UHLのLED発光面積は0.5mm2と微小ですが、大量の光を放つ性能があるため、MLA技術との併用で視認性の向上に貢献できます。今後、より多くの車種への搭載が期待されます」と述べています。

ソウル半導体自動車部門のバイスプレジデントであるインフム・パークは、「WICOPテクノロジーはソウル半導体が開発した世界初の技術で、世界中の自動車メーカーが継続的に採用し、毎年100以上のモデルに適用されています。当社は、今後も車載用LED技術の開発を続け、お客様に差別化された価値を提供します」と述べています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Seoul Semiconductor Co., Ltd.
Jinseop Jung
jjs8732@seoulsemicon.com

聯絡人

Seoul Semiconductor Co., Ltd.
Jinseop Jung
jjs8732@seoulsemicon.com