EMSケーゲルトレーナー BODYDOCTOR、Femcareのグローバル市場でK-HEALTH CAREに注目が集まる

日本ではGENERALNET CORPの日本総代理店である㈱ピエラス社が「ボディドクター フェムフィット」の製品名で発売開始

EMSケーゲルトレーナー「BODYDOCTOR FEMFIT」が日本で発売された。  (画像: ㈱ピエラス社 )

韓国ソウル--()--(ビジネスワイヤ) -- 女性の健康と美容をサポートしているGENERALNET CORPの「座っているだけでケーゲル体操(骨盤底筋体操)ができる」Femcare製品が、グローバル市場で根強い人気があり、K-HEALTH CAREに注目が集まっている。

Femcareとは、FeminineとCareの合成語で、女性の体や健康をケアする製品やサービスのことを指す語である。

女性には、月経前症候群(PMS)、月経トラブル、妊娠・出産・産後の膣萎縮、更年期障害、ホルモンの不均衡などによる尿失禁、夜間頻尿、子宮脱のような女性特有の健康の悩みがある。

GENERALNET CORP は、骨盤底筋を鍛えれば女性特有の健康問題を解決できるという考えに基づき、2019年1月に、EMSケーゲル体操器「BODYDOCTOR」を発売した。骨盤底筋は骨盤の底面に位置した筋肉の総称であり、膀胱や子宮、直腸などをハンモックのように支えて健康的な生活を維持するために重要な働きをする。

BODYDOCTORは、発売開始から韓国の著名な芸能人、インフルエンサーから好評を得て、5年間で約2,000億ウォンの販売を記録し、Kヘルスケアの代表的な製品として日本、中国、中東、米国、ベトナムやタイなど世界中のバイヤーからの関心が高まっている。

世界的に韓国ブランドに対する選好度が高くなったこともあるが、製品の使用によって臀部の筋肉の発達やヒップアップ効果が証明されて、バイヤーたちから好評を博している。

ケーゲル体操には、骨盤底筋の鍛錬による尿失禁・夜間頻尿の軽減、腹部の弾力増加、ヒップアップなどたくさんのメリットがある。しかし、骨盤底筋部を正確に意識することは難しく、ケーゲル体操を毎日続けることも容易ではない。

BODYDOCTORは操作が簡単で、一日に30分運動器に座っているだけで自動的にケーゲル体操ができる画期的なヘルスケアデバイスである。独創的なEMS低周波の刺激と個人の身体特性に合わせて1~99段階で強さを調節できるプログラムは、効果的な運動となるように関連する筋肉を正確に収縮させることができる。

BODYDOCTORは、本を読みながら、テレビを見ながら、あるいはのんびり休みながら30分間座っているだけで済む運動機器であるため、毎日忙しくても、ケーゲル体操が簡単に、しかも規則的にできる。当製品は、韓国の龍仁大学で実施した製品の有効性テストの結果、ケーゲル体操効果があることが確認された。

2023年10月に東京ビックサイトで開かれたFemTechでは、BODYDOCTOR femfit が日本市場に初めて紹介されて好評を得た。以来、現在では、ボディドクター フェムフィット(BODYDOCTOR femfit)という製品名で絶賛販売中である。

聯絡人

㈱ピエラス
菊本高志
+81 6-6946-7272
kikumoto@pieras.co.jp

聯絡人

㈱ピエラス
菊本高志
+81 6-6946-7272
kikumoto@pieras.co.jp