エクソーラ、日本市場への進出を図るデベロッパーに新たな決済方法を導入

エクソーラを利用すると、世界のデベロッパーはPayPay決済の受け入れが可能に

ロサンゼルス、東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界的なビデオゲーム・コマース企業のエクソーラは、世界のパートナーと日本のビデオゲーム・プレイヤーに向け、「Pay」でのPayPay取り扱い開始を発表いたします。当社はモバイル、パソコン、クラウド、ウェブベースのビデオゲーム・デベロッパーがファンを増やし、世界中のプレイヤーから求められるニーズに対応できるよう、絶えずゲーム決済ソリューションの革新に努めています。このほど会計時の決済方法が追加されたことで、世界各地のゲーム・デベロッパーが日本市場に参入し、プレイヤーの進化するニーズに応えることができます。今回の提携は、同地域に対するエクソーラの真剣な姿勢と、昨年8月の東京オフィス新設を直に支えるものでもあります。

ユーザー数が5,800万人1おり、さらに増加中のPayPayは日本最大のモバイル決済アプリです。日本全国のオンラインでも実店舗でも受け入れられています。楽天インサイトによる2022年の研究に基づくと、日本の買い物客の約55%は好んでPayPayを利用しており、QRコード決済分野における市場シェアの45%を占めています2。ユーザーはモバイルアプリでアカウントを作成し、銀行口座またはクレジットカードにひも付けて毎日の買い物で支払いを行います。

エクソーラCEOのクリス・ヒューイッシュは次のように述べています。「エクソーラでPayPayが利用可能となり、当社のグローバル・パートナーが新たな顧客層にリーチしてプレイヤーに別の決済方法を提示できることをうれしく思います。この提携により、当社パートナーは日本プレイヤーに対する対応範囲を広げ、QRコードのような革新的な決済技術の力を利用できるようになります。」

「エクソーラ決済」は直感的なマルチプラットフォームのUI、人気モバイル・ウォレットとの互換性を備え、200を超える地域で700種類以上の決済方法と130種類以上の通貨に対応しているので、会計の流れを簡素化します。「ペイランク」技術を用い、PayPayなどの決済方法をお客様それぞれに合った順番で自動提示します。

PayPayを利用したPayの詳細は、 xsolla.pro/paypay でご覧ください。

エクソーラについて

エクソーラは、ビデオゲーム業界向けに特別に設計された堅牢で強力なツールとサービスを提供する、世界的なビデオゲーム・コマース企業です。2005年の設立以来、エクソーラは、あらゆる規模の何千ものゲーム開発者とパブリッシャーに対して、グローバルに、また複数のプラットフォームにわたってゲームの資金調達、マーケティング、発売、収益化を支援してきました。ゲームコマースの革新的なリーダーとして、エクソーラは、世界規模の流通、マーケティング、収益化に内在する複雑さを解決し、パートナーがより多くの地域に到達し、より多くの収益を生み出し、世界中のゲーマーとの関係を構築できるよう支援するという使命を担っています。エクソーラは、カリフォルニア州ロサンゼルスに本社を置いて法人化し、ロンドン、ベルリン、ソウル、北京、クアラルンプール、ローリー、東京、その他世界中の都市にオフィスを構え、Valve、Twitch、Roblox、Epic Games、Take-Two、KRAFTON、Nexters、NetEase、Playstudios、Playrix、miHoYoなどの主要なゲームタイトルをサポートしています。

追加情報および詳細は、 xsolla.comでご覧ください。xsolla.com

1 PayPay

2 ブルームバーグ記事『Struggling Rakuten Might Need to Phone a Friend』

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Derrick Stembridge
Global Director of Public Relations, Xsolla
d.stembridge@xsolla.com

聯絡人

Derrick Stembridge
Global Director of Public Relations, Xsolla
d.stembridge@xsolla.com