アクセルスペースの実証衛星PYXIS(ピクシス) 打ち上げ日決定のお知らせ

打ち上げとミッションについて

PYXISの機体と出荷の様子。 (写真:ビジネスワイヤ)

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役:中村友哉)が開発を進めてきた人工衛星PYXISについて、この度、打ち上げ日が2024年3月5日(日本時間)に設定されましたので、お知らせいたします。

Axelspace announcement
https://www.axelspace.com/ja/news/pyxislaunch/

打ち上げの概要は以下の通りです。

打ち上げ日:2024年3月5日(日本時間)

  • ロケット:Falcon 9
  • ミッション名:Transporter-10
  • 射場:バンデンバーグ宇宙軍基地(アメリカ・カリフォルニア州)
  • 投入軌道:太陽同期軌道、高度500~600km
  • 打ち上げ事業者:SpaceX (Space Exploration Technologies Corp.)
    *打ち上げ日等は、天候の状況などにより変更される場合があります

今回の打ち上げを通じて、PYXISは周回軌道上で以下のミッションに取り組む予定です。

  1. 汎用バスシステム※1の実証
  2. 次世代GRUS(グルース)衛星に向けたセンサーの先行実証
  3. ソニーグループによる通信システム技術の実証

PYXIS:https://www.axelspace.com/assets/pdf/history/pyxis_jp.pdf

※1 バスシステム:姿勢制御や電力供給といった衛星運用の基盤となるシステムのこと。

汎用バスシステム、膜面展開型デオービット機構の開発および実証は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の下記助成事業によるものです。
「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(超小型衛星の汎用バスの開発・実証支援)/ 衛星コンステレーションのワンストップサービス実現に向けた超小型衛星実証事業」(2023~2026年度)※2021~2022年度は経済産業省直執行事業にて実施。
「宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業(ベンチャー企業等による宇宙用部品・コンポーネント開発助成)/超小型衛星用デオービット装置の実用化研究開発」(2020~2021年度)

株式会社アクセルスペース 会社概要
所在地:東京都中央区日本橋本町三丁目3番3号 Clipニホンバシビル
代表者:代表取締役CEO 中村 友哉(なかむら ゆうや)
設立:2008年8月8日
主な事業内容:
小型衛星のワンストップサービス「AxelLiner」、地球観測プラットフォーム「AxelGlobe」の提供。小型衛星と関連コンポーネントの設計・製造、打ち上げのアレンジメント、打ち上げ後の軌道上における運用支援、衛星ソリューションの提供までをトータルに手掛ける。
https://www.axelspace.com/ja/
AxelGlobe: https://www.axelglobe.com/ja/
AxelLiner: https://www.axelspace.com/ja/solution/

聯絡人

本件に関するお問い合わせ
株式会社アクセルスペースホールディングス
コミュニケーション推進本部 PRユニット
Email: pr@axelspace.com

聯絡人

本件に関するお問い合わせ
株式会社アクセルスペースホールディングス
コミュニケーション推進本部 PRユニット
Email: pr@axelspace.com