GIGABYTE、MWC 2024でAIと5Gのビジョンに点火、新型スーパーコンピュータ、エッジAI、持続可能なITアップグレードを紹介

GIGABYTE Ignites AI and 5G Visions at MWC 2024, Highlighting New Supercomputers, Edge AI and Sustainable IT Upgrades (Photo: Business Wire)

台北--()--(ビジネスワイヤ) -- クラウドと AI コンピューティングシステムを通じて世界の産業を発展させるITパイオニアのGIGABYTEテクノロジーは、MWC 2024にて「Future of COMPUTING(コンピューティングの未来)」をテーマに、先駆的なサーバー、グリーンコンピューティング・ソリューション、エッジAIテクノロジーを特色とした、革新的なエンタープライズ・コンピューティング・ソリューションを発表します。これらの進化は、俊敏で持続可能なIT戦略のための新しい可能性を迎え入れ、産業によるハイパーコネクテッド・データセンター、クラウド、 エッジ 、デバイスにわたるリアルタイム・インテリジェンスの活用を可能にします。その結果、 5G とAIテクノロジーの相乗効果によって効率性、費用対効果、競争優位性がもたらされます。

新型スーパーコンピューターの公開

GIGABYTEは AIサーバー 、G593-ZX1/ZX2を発表します。これは AMD Instinct™ MI300X 8-GPUを使っており、当社の主力であるAI/HPCサーバーシリーズの新規追加になります。その他の展示には NVIDIA Grace Hopper Superchip をサポートする高密度H223-V10、4つのAMD Instinct™ MI300A APUsをサポートするG383-R80サーバー、強力なNVIDIA HGX H100 8-GPUを搭載したG593シリーズのAIサーバーなどがあります。

これらの先駆的なAI/HPCサーバーに隣接して、オールフラッシュ・アレイ・ストレージ・サーバー、S183-SH0があります。E1.S NVMe SSDs 32台分のキャパシティにより、大規模言語モデル(LLM)などの複雑なAIワークロードの処理に最適な超高速データストレージを提供します。これらのサーバーはスーパーコンピュータークラスターと5Gフレームワークに統合され、AI対応インフラの土台としてサービスを提供し、エクサスケールでビジネスや研究のブレークスルーを推進します。

5GとAIの次のフェーズに向けた柔軟なエッジプラットフォーム

GIGABYTEはブースにて、AMD、 Broadcom、Intel、NVIDIAのNICやアクセラレーターと並ぶ電力供給とマザーボードに囲まれた適応能力の高いエッジサーバー、E263-S30を紹介します。E263-S30は当社のモジュラーサーバーが、統一されたシャシー内での様々なハードウェア仕様のアップグレードにより、豊富なITシナリオに対応していることを実例で示しています。この柔軟性は、大規模な5Gネットワークの展開を促進しながらも、メンテナンスとアップグレードのコストを最小化することに役立っています。

グリーンITアップグレードのためのワンストップ・ソリューション

サーバーからの余分な熱の放散はエネルギー浪費の顕著な要因​​として浮上しています。GIGABYTEはこのチャレンジについて、大規模25U EIA 液浸冷却タンク のA1P0-EB0を発表することで取り組んでいます。これにより最大​​80kWの優れたサーバーの熱放散と、1.02という低いPUEを実現しています。当社はまた、広範な 液浸対応サーバーを提供し、IntelとAMD両方のプロセッサーをサポートし、あらゆるワークロードに対応しています。これらは、GIGABYTEの包括的なグリーンコンピューティング・ソリューションによりデータセンターが消費電力を削減し、より良い総保有コスト(TCO)を達成できることを実例で示しています。

安定したネットワーキング機能による多用途エンタープライズ・サーバー

GIGABYTEは、通信会社、クラウドサービスプロバイダー、エンタープライズ、SMB向けに設計された多様なサーバーのラインアップを提供し、オープンで安全なデジタルアーキテクチャをネットワーク環境で確立します。 ArmサーバーのR163-P32はエネルギー効率の高いコア密度システムを誇り、大規模なクラウドネイティブワークロードに運用上の利点を提供します。

AIワークロードとエッジクラウド・アプリケーションでは、R243-EG0とR143-EG0サーバーがAMD EPYC™ 8004シリーズプロセッサーをサポートし、ワットあたりの卓越したパフォーマンスと通信会社環境への適合性を提供します。SMB ITソリューションでは、GIGABYTEはAMD Ryzen™ 7000とIntel® Xeon® E-2400プロセッサーを搭載したR113-C10とR123-X00を導入し、ウェブホスティング、ハイブリッドクラウド、データストレージなどの信頼性の高いITオペレーションを保証します。

エッジAIによる高精度な自動運転技術

エッジテクノロジー、AIアルゴリズム、最先端チップを統合したGIGABYTEの先進運転支援システム(ADAS)と テレマティックス は、安全でインテリジェントな自動運転体験のためにリアルタイムの運転判断を行います。豊富なI/Oインターフェースを提供し、カメラ、超音波センサー、LiDAR、 mmWaveレーダーなどの様々なセンシングデバイスとシームレスに統合します。包括的な環境データを収集し、ダイナミックでチャレンジングな道路条件下で最適ルートに沿って車両を誘導します。

MWCのイベントページ より、GIGABYTEについてご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media: Michael Pao brand@GIGABYTE.com

聯絡人

Media: Michael Pao brand@GIGABYTE.com