スケッチャーズ、ハイ・ロボティクスの自動GTP(Goods to Person)システムによりハイテク倉庫を開設

A Hai Robotics Autonomous Case-handling Mobile Robot (ACR), one of 69 that pick and transport containers to fulfill orders within Skechers’ distribution center. (Photo: Business Wire)

カリフォルニア州フリーモント--()--(ビジネスワイヤ) -- 靴とアパレルのグローバルリーダーであるスケッチャーズUSAは、日本の港区への新しい物流センターの開設に伴い、自動倉庫(Automated storage and retrieval system:ASRS)の主要なグローバルプロバイダーであるハイ・ロボティクス(「ハイ」)を採用しました。ハイの自動GTP(Goods to Person)システムを利用し、倉庫の業務効率、フルフィルメントスピード、オーダー精度を最大化していきます。

ハイのソリューションが選ばれた理由はストレージを凝縮すること、つまり必要な不動産を最小限に抑えること、そして変化する需要に容易に適応し、労働力不足問題を解決し、事業の長期成長を支援する能力にありました。

スケッチャーズは日本市場で急速に成長する需要に対応し、従来より労力を要するマニュアル作業に頼っていた業務を進化させるため、マテリアル・ハンドリング・コンサルティング企業のMHEソリューションの支援を受けて新しい施設を建設しました。マニュアルのピッキングプロセスは注文を満たすための標準でしたが、従業員不足とSKU種類の拡大が相まって、アウトバウンドのピッキング効率とスピードが制限されたまま、高い業務コストが発生していました。自動化プロバイダー数社を評価した結果、スケッチャーズは最終的に、ハイ・ロボティクスのハイピック・システムが、信頼性が高く効果的な自動化注文処理において理想のソリューションだと判断しました。

ハイピック・システムは高密度で、消費者の需要に適応でき、業務成長に合わせた拡張ができます。同じ施設内の他のテクノロジーとシームレスに統合し、スケッチャーズは顧客のオーダーに迅速に対応できるようになります。このシステムはまた、従業員の生産性も高めると同時に、肉体的な負担を軽減し、労働力不足による混乱を緩和するのに役立っています。

スケッチャーズの施設内で、ハイピック・システムは139,705平方フィートを網羅し、マンハッタン・アソシエイツのクラウドネイティブ倉庫管理システム(WMS)と統合された69台のハイピック・自律型ケース・ハンドリング・ロボット(ACRs)によって運営されています。ACRsは知能が高く、機器の高いピースでほぼすべての業界標準のラックや棚で構成されたASRSの狭い通路を自律的に操縦し、垂直で最大32フィートまで伸びます。ロボットは棚からコンテナをピッキングし、オーダーのバッチ効率を最大化するためにいつでも最大8コンテナを搬送し、人間が操作するワークステーションまで配送します。

スケッチャーズのハイピック・システムには人間工学に基づいた8つのワークステーションがあり、オペレーターはオーダーに対応する製品と数量の明確な指示をスクリーン上で受けます。製品はその後スキャンされ、オペレーターが次のオーダーに進む前に、システムがオーダーの正確性を確認します。

ハイピック・システムはスケッチャーズの新しい物流施設において不可欠な部分であり、同社が成長を続ける上で、高いレベルのサービスと顧客満足の維持に役立っています。

「全ての自動化プロジェクトにはチャレンジがつきものですが、ハイのチームは前向きで意欲的な態度を維持し、デザインの提供によって顧客のために正しいことを尽くしてくれた非常に良いパートナーでした。」と、スケッチャーズ・流通オペレーションのSophie Houtmeyers バイスプレジデントと、​​MHEソリューションのMichael Pitt氏は述べています。「ハイのACRシステムは、厳しい消防法によって困難な日本の倉庫設計において、床面積と手の届きにくい垂直保管スペースの両方を最大限活用するためのクリエイティブなアプリケーションを容易にしました。さらに日本市場においてスケッチャーズの成長の鍵となる、生産性の向上ももたらしてくれました。」

「スケッチャーズの新施設における業務向上支援ができたこと、そして顧客への迅速な対応における施設での重要な役割を果たせたことを光栄に思います。」と、ハイ・ロボティクスU.S.A.のBrian Reinhart 最高売上責任者(CRO)は述べています。「​​MHEとスケッチャーズが我々を信頼してくれたことを嬉しく思い、これまでの成功に感激しています。​​MHEソリューションとスケッチャーズと引き続き緊密に協力して倉庫自動化の旅路をサポートし、彼らの業務効率化の目標をさらに上回れるよう支援していきます。」

ハイ・ロボティクスについて

ハイ・ロボティクスは、自動倉庫(Automated storage and retrieval system :ASRS)の主要なグローバルプロバイダーで、全ての施設へのインテリジェントで迅速かつ効率的な倉庫自動化を通じて、世界の在庫へのアクセスを向上させることに尽力しています。

受賞歴のある当社の装置は、標準的なラッキングとほぼすべてのコンテナで構成される柔軟性の高いASRSを動作します。当社のソリューションは垂直ストレージを32フィート以上最大化し、ストレージのフットプリントを最大75%削減し、ワークフロー効率を最大4倍向上させ、オーダーピックの精度を99.9%以上に改善します。

2016年に設立したハイ・ロボティクスは、40か国以上の1,100以上のプロジェクトで信頼され、世界8か所のオフィスによりサポートされています。詳細情報については、 HaiRobotics.com をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media:
Rebecca Lennartz
Director of Marketing
Hai Robotics U.S.A.
rebecca.lennartz@hairobotics.com

聯絡人

Media:
Rebecca Lennartz
Director of Marketing
Hai Robotics U.S.A.
rebecca.lennartz@hairobotics.com