GIGABYTEがAIを活用した5G時代を促進、AI/HPC、通信事業者、グリーン・コンピューティング向けの次世代サーバーをMWC 2024で発表へ

Inviting the AI-powered 5G Era, GIGABYTE will Present Next-Gen Servers for AI HPC, Telecom, and Green Computing Solutions at MWC 2024 (Photo: Business Wire)

台北--()--(ビジネスワイヤ) -- GIGABYTE Technologyは、クラウドとAIコンピューティング・システムで世界の各業界を進歩させることに注力するITパイオニアです。通信事業者、クラウド・サービス・プロバイダー、大企業、中小企業が迅速に5GAIの価値を活用できるようにする次世代サーバーを携えて、MWC 2024に参加いたします。GPUを8個持つ「AMD Instinct™ MI300X」を誇る最先端のAIサーバーと、AMD、Intel、NVIDIAの最新チップ技術に対応した総合AI/HPCサーバー・シリーズが目玉となります。展示では、放熱とエネルギー削減に秀でた総合グリーン・コンピューティング・ソリューションにもスポットライトを当てます。

ブースのテーマは引き続き「コンピューティングの未来」とし、GIGABYTEの発表では複数のサーバーを扱います。サーバーの用途としては、AI/HPC、RANおよびコア・ネットワーク、モジュラー・エッジ・プラットフォーム、オール・イン・ワンのグリーン・コンピューティング・ソリューション、AIを使った自律運転技術が挙げられます。展示では、各業界が5G接続を通してAIをクラウドからエッジおよび末端デバイスにまで適用し、市場投入までの時間短縮や持続可能な運営によって将来の機会を広げる方法を示します。2月26日から29日まで、バルセロナのフィラ・グラン・ヴィア5番ホール、ブース#5F60にて出展します。

明日のAIスーパーコンピューター

AI対応インフラと高速ストレージの需要は、5Gフレームワーク、事業運営、学術研究の領域でAIモデルのデータ量と複雑さが飛躍的に成長していることを要因として、高まりを見せています。GIGABYTEはAI/HPCサーバーとオールフラッシュ・アレイ(AFA)ストレージ・サーバーの最新シリーズを披露する予定です。これらのサーバーは「AMD Instinct™ MI300X OAM GPUモジュール」、「MI300A APU」、 第5世代の「Intel ® Xeon ®スケーラブル・プロセッサー」、「NVIDIA HGX H100 8-GPU」、「NVIDIAグレース・ホッパー・スーパーチップ」に対応しています。また、次世代HBM3を活用して超高速のデータ送信を確保します。この技術的な躍進により、エクサスケールのAIワークロードとリアルタイムのビッグデータ分析を促進する体勢が整いました。

AI対応5Gネットワーク向けの柔軟なサーバー・アーキテクチャー

5Gの適用を大規模に展開するには、多様なITエコシステムに対応でき、柔軟に構成されたデジタル・インフラが必要です。GIGABYTEは、ネットワーク化やAI推論、クラウド・コンピューティングなど幅広いワークロードに対処するよう設計されたモジュラー・エッジ・プラットフォームの1つを紹介します。このプラットフォームは、数世代のチップ技術と構成要素を受け入れるアップグレードを円滑に行い、急速な市場の変化に対して最小限の管理費で素早く確実に適応します。

GIGABYTEはさまざまな規模の企業における5GとAIの適用に対する需要の高まりに応じて、RANおよびコア・ネットワークに特化した複数の最新サーバーを紹介します。これらのサーバーはパフォーマンスが安定しており、大規模なクラウド・ネイティブのワークロードや通信事業サービスから中小企業のIT運用まで、さまざまなコンピューティング需要に対応しています。エネルギー効率に優れ、AIが促進するコンピューティングに拡張の機会をもたらします。

持続可能なAIとクラウド・コンピューティングで最適なTCOを保証

GIGABYTEはMWCで、オール・イン・ワンの総合グリーン・コンピューティング・ソリューションを披露することになっています。中でも注目は、AIコンピューティング向けの大型液浸冷却タンクと2種類の液浸対応サーバーです。展示ではその驚異的な放熱能力と、これまでより格段に少なくなった電力消費量を強調します。こうした機能は良好な総所有コスト(TCO)をもたらすので、持続可能で効率のよいコンピューティング・ソリューションに対するGIGABYTEの真剣な姿勢をよく表しています。

将来にわたって使える、エッジAI搭載E-モビリティー

GIGABYTEが持つ自律走行車の技術には5GネットワークとAIアルゴリズムを活用しており、エッジAIの主導による並外れてインテリジェントな運転体験を提供します。高速データ送信性能のおかげで、GIGABYTEの「先進運転支援システム(ADAS)」とテレマティックスはカメラ、レーダー、超音波センサーから送られる膨大なデータを効率よく確実に処理します。これにより、道路状況が複雑でもシステムによる正確でリアルタイムの運転判断がかないます。

企業の皆様はGIGABYTEの展示ブースで、AIによって加速される5Gの未来で競争力を得るための戦略に沿った、革新的かつ柔軟なコンピューティング・ソリューションをご覧いただけます。

GIGABYTEのMWCイベント・ページをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media: Michael Pao brand@GIGABYTE.com

聯絡人

Media: Michael Pao brand@GIGABYTE.com