シリウム分析:今年の春節は中国の海外旅⾏先上位のタイ、⽇本、韓国への旅⾏が回復

China's Top International Destinations, 2019 to 2024 (Graphic: Business Wire)

China's Top International Destinations, 2019 to 2024 (Graphic: Business Wire)

シンガポール--()--(ビジネスワイヤ) -- 年が明け、⾠年が始まると同時に、中国の旅⾏業は春節期間中に好調な業績が期待されます。特に海外旅⾏セクターは、航空輸送⼒の継続的な回復を背景に、航空業界分析の⼤⼿であるシリウムが強い業績を予測しています。

シリウムのデータによると、中国の海外旅⾏の⽬的地のトップ10は概ねパンデミック以前の順位に戻り、タイ、⽇本、韓国はパンデミック以降、近年で最も低い順位まで落ち込みましたが、現在はトップ3に返り咲いています。その他、ランキング内での興味深い動きとしては、オーストラリアとマカオのランキング⼊り、そして2019年2⽉以降のアメリカとカンボジアの不在が挙げられます。

中国の国際線(本⼟以外の路線)の全体的な座席キャパシティは、パンデミック前の⽔準よりもまだ27%低いものの、キャパシティに関して2019年の⽔準を上回る明るい材料が3つあります。2024年2⽉の予定キャパシティを⾒ると、中国からの到着が最も多い都市はバンコクですが、マカオ(8%増)、シンガポール(6%増)、東京(2%増)などが改善率の⾼い都市として上位に挙げられます。

最近、ビザ(査証)の要件変更が相次いでおり、特に東南アジアでの変更が中国からの海外旅⾏を後押しする可能性があります。ここ数か⽉以内にもタイがビザ要件を免除し、マレーシアも中国国⺠に30⽇間のビザなし渡航を許可する予定です。シンガポールも同様の計画を発表し、春節の旅⾏の時期に合わせた後押し要因となります。

国内線を⾒ると、中国の座席キャパシティは依然として好調で、2024年2⽉はパンデミック前の⽔準と⽐べて26%増となっています。この背景には、中国国際航空、中国東⽅航空、中国南⽅航空の中国3⼤航空会社の増便があり、その結果、広州(CAN)、深セン(SZX)、北京(PEK)が今年の春節に最も混雑する中国の空港となっています。

シリウムについて

シリウムは、世界で最も信頼されている航空情報会社です。同社は、強⼒な データと分析、数⼗年にわたる業界経験を活かし、航空会社、空港、旅⾏会社、航空機製造メーカー、⾦融機関などが同社の情報に基づきインテリジェントな意思決定を⾏うことで、業務改善、収益拡⼤、顧客体験の向上を可能にしています。

シリウムは、世界中の専⾨家やビジネス顧客向けに情報をベースとした分析と意思決定ツールを提供する企業であるRELX傘下の企業です。RELX PLCの株式は、ロンドン(REL)、アムステルダム(REN)、ニューヨーク(RELX)の各株式市場において取り引きされています。

シリウムについての詳細は、 LinkedInまたはwww.cirium.com/jp.

本記者発表⽂の公式バージョンはオリジナル⾔語版です。翻訳⾔語版は、読者の便宜を図る⽬的で提供されたものであり、法的効⼒を持ちません。翻訳⾔語版を資料としてご利⽤になる際には、法的効⼒を有する唯⼀のバージョンであるオリジナル⾔語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

For media enquiries: media@cirium.com

聯絡人

For media enquiries: media@cirium.com