ケンブリッジ・メカトロニクス、画期的なスマートフォン画像技術の更なる開発に向け、4,000万ドル超えの投資を確保

CML senior leadership team (Photo: Business Wire)

イギリス、ケンブリッジ--()--(ビジネスワイヤ) -- 形状記憶合金(SMA)アクチュエーターの設計と制御において世界をリードするケンブリッジ・メカトロニクス・リミテッド(CML)は、同社のアクチュエーターとコントローラーICの製品ポートフォリオの迅速な拡大を可能にする、総額4,000万ドル超えの資金調達ラウンドの終了を発表しました。

募集額を上回る今回の資金調達ラウンドはアトランティック・ブリッジによって主導されました。インテル・キャピタルおよびスーパーノバも共同で主導し、さらにソニーイノベーションファンドも参加しました。

ケンブリッジ・メカトロニクスの会長であるJörgen Lanttoは、次のようにコメントしています。

「こうした有数のグローバル投資家グループをCMLに迎え入れることができ、うれしく思っています。彼らの専門知識、経験、および調達資金により、当社の成長計画を加速させることができるでしょう。今回の資金調達ラウンドで募集額を上回る応募を得たという事実は、世界をリードするSMA技術を開発する当社の有能な従業員のイノベーション、そしてCMLのSMA技術が業界をリードする性能を発揮できる幅広い応用分野を証明するものです。」

スマートフォンのイノベーションは、ソーシャル・メディアや動画共有プラットフォームの成長に後押しされ、カメラ技術に集中しています。CMLは、主にSMAアクチュエーターおよびコントローラーICを含む、スマートフォン画像処理の向上に向けた革新的なソリューションの開発に取り組んでいます。SMAアクチュエーターは、高f/m比を発生させ、カメラ・コンポーネントを正確に作動させてオートフォーカス(AF)と光学式手ぶれ補正(OIS)をより小型かつ軽量な設計で実現します。現行のボイス・コイル・モーター技術に比べ、SMAは電磁干渉がありません。CMLの新しい「SMAバリアブル・アパーチャー」は、業界基準よりもはるかに小さなフォーム・ファクターで、連続的な口径制御を提供します。特許取得済みのゼロ・ホールド・パワー技術により、電力を消費することなく、画像キャプチャ中にコンポーネントを安定させることが可能です。

CMLは、SMAアクチュエーターの設計と制御の先駆者です。その技術は、これまでに7,000万以上の製品に使用されており、業界専門家であるDXOMARKによれば、その中には世界最高ランクのスマートフォンのカメラも含まれています。CMLでは、700以上の特許を申請中または取得済みです。

専用半導体上に搭載されたSMAアクチュエーターの設計および精密制御における実績ある専門技術により、ケンブリッジ・メカトロニクスは、スマートフォン画像処理を超え、ヘルスケアや双方向エンターテインメント、さらにその他の分野での応用へと拡大することができます。例えば、小型薬物送達装置における小型化と精密な投与へのニーズが挙げられます。局所的かつ可変的な触覚フィードバックを提供するSMA型ハプティクスは、スマートフォンとゲーム・コントローラーの両方に適用できます。今回の投資は、CMLの優秀で熱意あるチームの成長を促進し、製品プラットフォームのさらなる差別化を加速させることになります。

「我々は、ケンブリッジ・メカトロニクスがSMA用の独特かつ実績のある優れた技術プラットフォームを持っており、それがスマートフォンやその他の製品において画像処理の新たな枠組みを切り開くことになると信じ、今回の投資を主導しました。我々は、ケンブリッジ・メカトロニクスが新たな顧客や市場へ足を踏み入れ、カメラ制御技術のリーダーとなることをサポートできることを楽しみにしています。」 アトランティック・ブリッジ、パートナー、オスマン・ケント氏

「インテル・キャピタルは、CMLの発展における新たな章をサポートできることをうれしく思います。CMLの実績ある技術は、高精度な薬物送達装置やハプティクスなど、その他の市場に革命を起こす可能性があると信じています。」 インテル・キャピタル、マネージング・ディレクター、アルン・チェティー氏

「CMLへの投資は、スーパーノバ・インベストにとって初めてのイギリスのテクノロジー企業への投資となるため、喜ばしい節目となります。CMLの技術は、我々のディープテックやフォトニクス分野の既存のポートフォリオと非常によく調和するものです。」 スーパーノバ・インベスト、最高経営責任者(CEO)兼マネージング・パートナー、Regis Saleur氏

「SMAアクチュエーター技術は、スマートフォンのカメラ業界にとって変革的なものであり、ソニーがその市場をリードしています。CMLは、その豊富な特許ポートフォリオと実績のある商業的な牽引力により、この領域における有数のイノベーターとして位置づけられています。我々は、CMLがスマートフォン業界やその他の業界でSMA技術の製品ポートフォリオを拡大していく上で、CMLをサポートできることを楽しみにしています。」 ソニーベンチャーズ株式会社、マネージング・ディレクター(ヨーロッパ、中東、アフリカ)、アントニオ・アヴィタビレ氏

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Stefan Hansen
marketing@cambridgemechatronics.com

聯絡人

Stefan Hansen
marketing@cambridgemechatronics.com