第2回年次デジタル・エンジニアリング・アワード、巨大企業と先見の明のあるエンジニアを祝う

北米と欧州から200以上のノミネートを受けたマーキー・アワードは、卓越したエンジニアと革新的なプロジェクトを表彰

Winners of the second edition of the prestigious Digital Engineering Awards at Dallas, TX (Photo: Business Wire)

ダラス--()--(ビジネスワイヤ) -- テキサス州ダラスで開催されたイベントでは、90社以上のグローバルなER&D企業と個人が権威ある2023デジタル・エンジニアリング・アワードに参加し、35社以上のグローバル企業がデジタル・エンジニアリングの原理と技術の革新的で変革的な適用に対して称賛を得ました。

ISGL&T Technology Services Limited そしてCNBC-TV18らが共催する第2回年次表彰プログラムおよび同イベントでは、北米、欧州、アジア太平洋地域で活動する10の多様なセクターからの組織と個人のリーダーを表彰します。受賞した組織と個人は、それぞれの分野で新しい道を切り開き、デジタル・エンジニアリングの変革力を実証したことで評価されました。

このデジタル・エンジニアリング・アワードは、世界中のエンジニアリングおよび研究開発コミュニティの画期的な業績を祝うために概念化されたもので、一貫して境界を押し広げ、先進技術を開拓し、セクター内で持続可能な変化を推進してきたエンジニアリングチームと個人の革新的な取り組みを表彰するものです。この式典では、企業のイノベーションと、その分野で顕著な進歩を遂げた個々のエンジニアの両方が表彰されました。

デジタル・エンジニアリング・アワードは200件以上のノミネートを受け、北米からは127件の応募があり、イノベーションとデジタル・トランス変革に対する同地域の強固な取り組みを示しています。さらに、欧州からは35件のエントリーがあり、デジタル・エンジニアリングの可能性を活用することへの欧州大陸の関心の高まりを示しています。残りのノミネートは、インド、日本、アジア太平洋地域の企業が獲得しました。

受賞したのは、アメリカホンダ自動車、AT&T、BMWグループ、CN、キャタピラー社、シェブロン、コリンズ・エアロスペース、CYFIRMA、デルタ航空、デルタ・フライト・プロダクツ、ドーサングループ、イートン、エピロック、エクソンモービル、GEヘルスケア、グルンドフォス、ヘンケル、ハネウエル、ジャガーランドローバー、ジョンソン・エンド・ジョンソン・メドテック、マレリ、マイクロソフト、パトナ・スマートシティ・リミテッド、フィリップス、ポントセンス・インク、クアルコム・テクノロジーズ・インク、ロックウェル・オートメーション、サムスン電子、ベスタス・ウインド・システム、キシレムなど、様々な業界からの著名な企業です。

この賞は、「エンジニアリング・ザ・チェンジ」「エンジニア・アット・ハート」の2つの異なるセグメントにおいて発表され、それぞれ組織レベルと個人レベルの両方でイノベーションの精神を称えました。受賞者は9つのカテゴリーにわたって指名され、デジタル・エンジニアリングの変革的な影響と、世界のインフラに革命をもたらす上でデジタル・エンジニアリングが果たす強力な役割を強調しました。

受賞者は、ウォートン・スクール・オブ・ビジネスのジム・オースティン教授 コベントリー大学のマルコス・カウフマン教授、INSEADのサミール・ハシジャ教授、NASSCOMの デヴィヤニ・ゴーシュ氏、数社の企業の取締役であるスジャ・チャンドラ氏、そしてISGのスティーヴン・ホールプラシャント・ケルカーそしてガウラブ・グプタらからなる著名な審査員団によって選出されました。審査員は、イノベーション、デリバリー、インパクト、そしてビジネス価値という4つの中核的な信条に基づいて、提出書類を評価しました。

デジタル・エンジニアリングは、持続可能なエネルギーから航空宇宙、医療機器に至るまで、私たちの日常生活のほぼすべての側面を変革し続けています。私たちは、革新的なデザインとテクノロジーの使用を通じて変化をリードしている企業と個人のエンジニアリングの卓越性を称賛できることを嬉しく思います。ISGの副会長であるトッド・ラビエリはこのように述べています。「今年のノミネート数が2倍近くになったことは刺激的でした。これは、エンジニアリングと研究開発コミュニティが世界の舞台に与えている広範な影響を反映しています。

News18 Studiosの社長であるS.シヴァクマールは、次のように付け加えています。「デジタル・エンジニアリングの分野における卓越した才能と革新的な戦略を認めるこのイニシアティブに参加できることを光栄に思います。このパートナーシップは、画期的な開発への洞察を聴衆に提供し、業界における変革を推進している人々を認識するという我々の取り組みと一致しています。」

「今年のノミネートの質は本当に素晴らしいものでした。」 L&Tテクノロジー・サービシズ(LTTS)のCEO兼マネージング・ディレクターであるアミット・チャダはこのように述べています。「これらのエントリーは、デジタル・エンジニアリング・コミュニティのイノベーション、取り組み、変革力を示しました。テクノロジーを前向きな変化の触媒として利用しているエンジニアリング・コミュニティにおける女性の増加傾向を目の当たりにすることは勇気づけられます。私たちは、画期的な変革を通じてすべての人のためにより有望な未来を熱心に創造している並外れた組織と個人のエンジニアを認識し、祝福することに固執しています。」

さまざまな業界のマーケットリーダーが表彰されました。勝利を収めた組織とエンジニアは次のとおりです。

エンジニアリング・ザ・チェンジ[チーム賞]

1. デジタル・トランスフォーメーション・オブ・ザ・イヤー

チャンピオン:

エクソンモービル(リアリティ・ファースト・プロジェクト – 視覚的な作業環境の構築によるエネルギー部門の運営の最適化)

チャレンジャー:

CN(CN One-サプライチェーン統合およびオーケストレーション)
ハネウェル(エンド・ツー・エンドの排出管理:ネットゼロへのゼロインの支援)

コメンダブル:

ジョンソン・エンド・ジョンソンMedTech(J&J MedTech:デジタル手術プラットフォーム(DSP))
フィリップス(予測設計の採用)
ベスタス・ウインド・システムズ(ベスタス「BladeRunner」で新たな卓越した時代を切り開く:風力タービンブレード・イノベーションの向上)

2. デジタル・エンジニアリング・プロジェクト/プログラム・オブ・ザ・イヤー

チャンピオン:

ドーサングループ(AIが制御するスマート電気炉)

チャレンジャー:

シェブロン(イノベーション:シェブロンの複数資産へのデジタルツイン・スケーリング)
GEヘルスケア(デジタル変換 – ポートレートモバイル)

コメンダブル:

キャタピラー・インク(物理ベースの低次モデルを搭載したデジタルツイン)
エピロック (自動採鉱支配)
マイクロソフト(コネクテッド・エアポート – 搬送認識ソリューション)

3. トップ・サステナビリティー・イニシアティブ

チャンピオン:

ロックウェル・オートメーション(修理のための持続可能性計算機:修理と新規購入の環境影響の定量化)

チャレンジャー:

イートン (LCAプログラム:持続可能な製品と事業の強化)
フィリップス(持続可能なソリューションでデジタル・ラジオグラフィーを再定義)

コメンダブル:

AT&T(通信ネットワークの大改革:持続可能でエネルギー効率の高いアプローチ)
グルンドフォス(PLMプログラム – デジタル機能を活用して持続可能なアジェンダを推進)
パトナ・スマートシティ・リミテッド(革新的な技術によるパトナの廃棄物管理慣行の変革)

4. エンジニアリング・プロダクト・オブ・ザ・イヤー

チャンピオン:

ヘンケル社(化学の専門知識を活用したLOCTITEパルスIIoTソリューションによる産業メンテナンスの大変革)

チャレンジャー:

CYFIRMA(外部脅威ランドスケープ管理(ETLM)プラットフォーム – カテゴリー定義サイバーセキュリティー製品)
クアルコム・テクノロジーズ・インク(クアルコム・アウェア・プラットフォーム)

コメンダブル:

デルタ・フライト・プロダクツ(移動が限られたお客様のための新しい車いす対応シート)
マレリ(フルアクティブ電気機械式サスペンションシステム)
ポントセンス・インク(ポントセンス車内ワイヤレス・インテリジェンス・センシング)

5. バリュー・リアライゼーション

チャンピオン:

キャタピラー・インク(デマンド・ドリブン資材所要量計画で価値実現を解き放つ)

チャレンジャー:

アメリカホンダ自動車(エクステンデッド・リアリティー・テクノロジー:Hondaデザインスタジオにおけるモデルレス車開発のための新たなパラダイム)
デルタ航空(デルタ・テックオプスのTDaaS推進価値)

コメンダブル:

BMWグループ(アルファベット360フリートポータル)
コリンズ・エアロスペース(統合ラボネットワークおよび研究開発クラウドイニシアティブ)
ザイレム(マシントリム操作でのライブツーリング)

エンジニア・アット・ハート[個人賞]

1. ディスティングイッシュド・デジタル・エンジニア

ルイス・フェルナンド・デ・バセラー博士(イートン)

2. ウーマンエンジニア・オブ・ザ・イヤー

アラ・フランクリン(ロックウェル・オートメーション)
アリソン・バーナード(エクソンモービル)
ナンシー・グロスマン(シェブロン)

3. デジタル・エンジニア・オブ・ザ・イヤー

エドワード・スミス(ジャガーランドローバー)
シャミック・シャー(サムスン電子アメリカ)
トクス・オモニワ(シェブロン)

4. イノベーター・オブ・ザ・イヤー

アミット・ジェイン(シェブロン)
クルシュナ・チャンドラ・モハパトラ(フィリップス・インド社)

デジタル・エンジニアリング・アワードについて

デジタル・エンジニアリング・アワードは、業界のリーダーが一堂に会し、研究開発分野での優れた成果を表彰し、グローバル組織が変革的なアイデアを具体化できるよう支援します。このアワードは、L&Tテクノロジー・サービシズがISGと提携し、CNBC-TV18をメディアパートナーとして立ち上げました。この賞の詳細については、こちらのウェブサイトをご覧いただくか、info@digitalengineeringawards.comまでお問い合わせください。

ISGについて

ISGインフォメーション・サービス・グループ(ISG)(NASDAQ:III)は、世界をリードするテクノロジー調査およびアドバイザリー企業です。世界のトップ100企業のうち75社以上を含む900社以上のクライアントから信頼を集めているビジネス・パートナーであるISGは、企業、公的機関、サービスおよびテクノロジー・プロバイダーが優れた運用性と迅速な成長を達成できるよう支援しています。同社は、自動化、クラウドおよびデータ分析などのデジタル・トランスフォーメーション・サービス、ソーシング・アドバイザリー、マネージド・ガバナンスおよびリスク・サービス、ネットワーク・キャリア・サービス、戦略および運用設計、チェンジ・マネジメント、マーケット・インテリジェンスおよびテクノロジーの調査分析を専門としています。2006年に設立され、コネチカット州スタンフォードに拠点を置くISGは、20カ国以上で活動する1,600人以上のデジタル対応プロフェッショナルを雇用しています。このグローバル・チームは、革新的な思考、市場への影響力、業界およびテクノロジーに関する深い専門知識、業界で最も包括的な市場データに基づく世界クラスの調査および分析能力で知られています。詳細については、www.isg-one.comをご覧ください。

Network18について

Network18 Media & Investments Limited(Network18グループ)は、インドで最も多様化したメディアおよびエンターテインメント(M&E)複合企業の1つであり、テレビ、デジタルコンテンツ、映画エンターテインメント、Eコマース、印刷、および関連ビジネスに関心を持っています。Network18の子会社であるTV18 Broadcast Limitedは、その放送の主要ビジネスを管理しています。同社は、ビジネス、一般ニュース、および地域ニュースにまたがるインド最大のニュースネットワークを運営しています。CNBC-TV18、News18 India、およびCNN News18などの看板ブランドは、このニュース群の一部です。詳細については、https://www.nw18.com/corporateをご覧ください。

L&Tテクノロジー・サービシズについて

L&Tテクノロジー・サービシズ(LTTS)は、Larsen & Toubro Limitedの上場子会社で、エンジニアリングおよび研究開発(ER&D)サービスに注力しています。当社は、製品およびプロセス開発のライフサイクル全体にわたって、コンサルティング、設計、開発、テストのサービスを提供しています。当社の顧客基盤には、Fortune 500企業69社と、工業製品、医療機器、輸送、通信およびハイテク、プロセス産業にまたがる世界トップのER&D企業57社が含まれています。インドに本社を置き、2023年9月30日現在、22のグローバルデザインセンター、28のグローバルセールスオフィス、102のイノベーションラボに23,800人以上の従業員がいます。詳細については、www.LTTS.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media Contact:
Aniruddha Basu
L&T Technology Services Limited
E: Aniruddha.Basu@Ltts.com

Anindita Sarkar
L&T Technology Services Limited
E: Anindita.Sarkar@Ltts.com

聯絡人

Media Contact:
Aniruddha Basu
L&T Technology Services Limited
E: Aniruddha.Basu@Ltts.com

Anindita Sarkar
L&T Technology Services Limited
E: Anindita.Sarkar@Ltts.com