ウエラ、記念日を迎え3年連続の成長を達成

--ウエラ・プロフェッショナルと O·P·I がサロンカラーとサロンネイルで世界トップに--

--2022年の環境と社会へのインパクトについての報告書を発表--

Wella Professionals Ultimate Repair Product Line, including Miracle Hair Rescue, a patented, leave-on hair repair treatment that can reverse hair damage in 90 seconds. (Photo: Business Wire)

ニューヨーク、ジュネーブ--()--(ビジネスワイヤ) -- ウエラは、美容業界のヘアケアとネイルセグメントで世界的なリーダーです。その市場規模は1000億ドルにも及びます。本日、独立して3年目を迎えたウエラは、ブランド、カテゴリー、地域にわたる幅広い成長を実現しました。2023会計年度(FY23)は6月末に終了し、ウエラは恒常通貨ベースで一桁台後半の成長を達成し、セクター内でも最も成長の速い企業の一つとして確固たる地位を築きました。ウエラは、ウエラ・プロフェッショナル、O·P·I、ghd、ブリオージオ、ニオキシン、セバスチャン・プロフェッショナル、クレアロールなど、プロフェッショナルなヘアケア製品、ネイル製品、ビューティテック製品のアイコニックなブランドを展開しています。

ウエラは、2020年の設立以来、開発済み市場と新興市場の両方で年々成長を報告してきました。主力のプロフェッショナルヘアカラーブランドであるコレストン・パーフェクト(KP)は、世界中で毎秒1.5本の販売を記録し、その地位をさらに強固なものとしています。また、ヘアケア分野に加えて、ネイルやビューティテックの分野でも事業を拡大しています。ウエラは、トップのeコマース小売業者とのパートナーシップを強化し、デジタルファーストのブランド構築に力を入れ、自社のeコマースプラットフォームであるウエラ・ストアのユーザーエクスペリエンスを向上させることで、市場成長率の2倍以上の成長を達成しています。

「2023年を見据えると、当社はポートフォリオ全体での成功したブランド変革と画期的なイノベーションの成果を実感し始めています。また、事業は成熟し、さまざまなチャネルや市場で拡大しているという好調な傾向も見受けられます。当社のすべてのブランドと地域がカテゴリーを上回る成長を遂げていることは、まだ開拓されていない大きな可能性があることを示しています」と、ウエラの最高経営責任者であるアニー・ヤング・スクリブナーは述べています。「2023会計年度では、売上高と収益性を伸ばし、市場シェアを拡大しました。そして、2024年にも同様の成長トラジェクトリーを維持することを期待しています。」

画期的なイノベーションと最新型のブランド体験でトップシェアを獲得

ウエラ・プロフェッショナルが世界的に有数のサロンカラーブランドとして確立されi、さらにO·P·Iも世界中のプロフェッショナルネイルサロンブランドでNo.1の地位を獲得しました。また、ウエラのブランドポートフォリオは、急成長市場の一つであるブラジルにおいてプロフェッショナルヘアケアでNo.1の地位を築いています。同社の革新的な技術は、さまざまな分野で特許取得を果たし、ブランドポートフォリオのイメージと体験をさらに高め続けています。

  • 髪のダメージに対する消費者の最大の懸念に応えるため、ウエラは革新的なヘア製品を発売しました。ウエラ・プロフェッショナルのアルティメット・リペアラインには、ミラクル・ヘア・レスキューという特許取得済みのヘアリペアトリートメントがあり、たった90秒で髪の内側から外側までダメージを修復する効果があります。アルティメット・リペアはウエラ・プロフェッショナルのプレステージヘアケアセグメントへの参入として、同社がこれまでに成功した製品の中でも特に注目されています。市場投入後わずか数か月で、アルティメット・リペアはサロンやプレステージ小売業界で急速にシェアを拡大しています。さらに、昨年新たにカテゴリーに参入したプロフェッショナルなグレージング製品であるシャインフィニティも、サロンの需要を満たし続けながら成長を遂げています。このブランドは世界中の30以上の市場で40以上のカラーシェードを提供し、幅広い人気を誇っています。
  • ウエラ・プロフェッショナルは、シャンプーやコンディショナーを含むヘアケア製品全体のパッケージを新しくし、世界的に二桁の売上成長に貢献しました。
  • ghdは、主要なグローバルなビューティテックブランドであり、英国でプロフェッショナルから最も推奨されるスタイリングブランドとして、ウェットからドライへの新たなカテゴリーを開拓しました。ghd デュエット・スタイルは、湿った髪を同時に乾かしながらスタイリングすることができる史上初の2-in-1ウェットトゥドライスタイラーです。熱によるダメージを防ぎ、エネルギー消費量も45%削減しています。デュエット・スタイルは、2月の発売以来、ブランドのベストセラー商品の中でプラチナ・プラスとゴールドスタイラーに次ぐ第3位の人気商品となっています。
  • 頭皮ケアの需要の増加に応えて、ウエラはこの分野において優れた製品を2つ新たに導入しました。ニオキシン アルティメイト・パワー・セラムは、頭皮に直接塗る効果的なトリートメントで、髪の根元を強化し、髪のしっかりとした固定力を促します。ニオキシン アルティメイト・パワー・セラムは5月にオンライン小売業者で販売を開始し、北米地域で二桁の成長を達成しました。アルティメイト・パワー・セラムは新規ユーザーを引きつけており、ニオキシンブランドを初めて試す人の割合は93%にも上ります。製品の評価も高く、あるサイトではレビュワーの91%が友人におすすめするとコメントし、別のサイトでは半数以上のレビュワーが5つ星の評価をつけています。
  • ブリオージオは、受賞歴を持つオールナチュラルで包括的なヘアケアブランドであり、頭皮ケアのカテゴリーに2021年1月に参入しました。その際には、デスティンド・フォー・デンシティというホリスティックな頭皮+髪ケアシステムを発売し、髪の密度を増やしてより豊かで健康的な髪を実現することを目指しました。このコレクションにはデンシティ セラム、シャンプー、コンディショナー、そしてサプリメントが含まれており、これまでにブランド史上最も成功した市場導入となっています。特にデンシティ セラムは、北米の一流の高級美容小売業者において、発売当初からブランドで最も人気のある商品となりました。
  • クレアロールは、定番の自宅向けヘアカラーブランドを一新し、 イッツ・ソー・ミーキャンペーンによって新しいDIYカラーユーザー世代への販売拡大を図りました。イッツ・ソー・ミーキャンペーンでは、クレアロールの豊富な製品ラインナップが紹介されており、「ナイス・アンド・イージー」のような伝統的なブランドに加えて、2023年に導入されたナチュラル・インスティンクト・ボールド、ブロンド・イット・アップ クリスタル・グロー・トナー、ルート・タッチアップ・スプレー2-in-1などの新しいイノベーションも注目されています。これらの取り組みにより、クレアロールのアメリカの小売向けヘアケア事業は、2023年9月までの過去6か月間で過去最高の13.5%のシェアを獲得しii 、連続して10か月以上のシェア拡大を達成しましたiii
  • O·P·Iは今年、いくつかの注目すべき新機軸を取り入れました。その結果、アメリカのプレミアム小売市場におけるO·P·Iのシェアが前年比で+4ポイント増加しiv、ネイルカラーやトリートメントのカテゴリーにおいても食品・ドラッグ・マスチャネルで+2ポイント増加しましたv。また、世界的にみても同ブランドは小売向けと業務用の両方でシェアを伸ばしていますviO·P·Iリペア・モードは、6日間でネイルの内部からダメージを修復する特許取得済みのトリートメントであり、プレミアム価格帯への重要な製品です。初年度の売上予測を上回る成果を上げています。さらに、アメリカ市場では、O·P·IxPRESS/ON プレスオンネイルが人工爪という成長著しいセグメントに成功裏に参入しました。2023年の春には、O·P·Ix バービー・ザ・ムービーコレクションがアメリカのFDM市場で最大のネイルパートナーシップとなりましたvii。また、ブランド初の自然派ネイルラッカーであるO·P·Iネイチャー・ストロングは、アメリカの食品・ドラッグ・マスチャネルでのシェアを伸ばし、全体のナチュラルカテゴリーの35%を占めるまでに成長しましたviii。さらに、アメリカのプレミアム小売市場における今年の売上は、主要な自然派大衆ネイルブランドの2倍以上となっていますix

ウエラ初となる環境と社会への影響に関する報告書を発表

ウエラは、「Environmental and Social Impact Report 2022」という環境と社会への影響に関する報告書を発表しました。この報告書は、会社が人々、地球、製品にどのようなポジティブな影響を与えているかを初めて評価したものです。報告書の主なハイライトは以下の通りです。

  • 人材:2023年、ウエラは「We Own Our Way (WOW)」という従業員オーナーシッププログラムを導入し、全従業員が会社の将来に財務的な利益を持つことを保証しました。これにより、ウエラの従業員はすべての職位で会社の好業績からの利益を共有する機会を得ることができます。xまた、多様性、公平性、包括性、そして対等性(DEIB)の推進にも力を入れており、同社の全世界の従業員の59%が女性であり、取締役会の58%が女性となっています。さらに、すべての職位における男女間の給与格差についても、目標よりも1年早く100%のジェンダーペイパリティを達成しました。
  • 地球:ウエラは、二酸化炭素排出量、水の使用量、廃棄物を削減する取り組みに取り組んでいます。2022年には、スコープ 1-2の二酸化炭素排出量を10%削減し、3つの工場のうち2つと直接管理している8つの配送センターではゼロ廃棄物の達成を実現しました。また、3つの工場における単位生産あたりの水の取水量を5.5%減少させ、廃棄物の発生量を13.7%減少させました。
  • 製品:ウエラは、製品の成分の80%が容積ベースで生分解性であり、総包装の77%がリサイクル可能、再利用可能、または再充填可能です。同社はまた、アルミチューブ、紙箱、キャップなど、再生資材を使用した包装への全体的な移行を進めています。

「当社はまだ若い存在ですが、環境と社会への影響に関する取り組みを適切な速度で推進し、誠実さと目的意識を持って掲げた目標を実現していると確信しています」と、ウエラの最高通信・持続可能性責任者であるヒラリー・クリンコビッチは述べています。

ウエラについて

ウエラは、美容業界のイノベーションのリーダーで、140年以上の歴史と業界における専門知識を有する企業です。 2020年以降、ウエラは急成長企業としてビジネスとブランドの変革を進め、現在はカテゴリーをリードしています。同社のポートフォリオには、ウエラ・プロフェッショナル、O·P·I、ghd、ブリオージオ、ニオキシン、セバスチャン・プロフェッショナル、クレアロールなど、優れた業務用製品や小売向け製品のブランドが含まれています。ウエラ・プロフェッショナルは世界で最も売れているサロンカラーブランドであり、xiOPIは世界中のネイルサロンで愛されています。ウエラは美容業界で最高の企業を目指し、そのブランドを通じて消費者や美容のプロフェッショナルに真の自分を表現するインスピレーションを与えています。ウエラは、科学、技術、芸術を大胆に組み合わせて製品を開発し、特許技術による優れた性能を提供しています。これがウエラの伝統の証です。

ウエラは、企業の価値観に基づき、その製品を通じて人々や地球、社会にポジティブな影響をもたらすことを目指し、持続可能な成長を実現しています。美容サロン業界やアーティスト、スタイリストを支えることに誇りを持ち、ウエラが事業を行う127の国々で活躍する方々に寄り添っています。ウエラの製品は、毎日9100万人以上の美容愛好家や業界プロフェッショナル、ソーシャルインフルエンサー、アンバサダー、フォロワー、従業員、顧客、サプライヤーなど、多様なコミュニティに影響を与えています。これがウエラファミリーです。ウエラは「より良くなるために、より良いことをする」という信念を持ち、ビジネスの中での環境や社会に関する進歩を重視しています。ウエラは製品の持続的な改善に取り組み、環境への影響を減らす努力をし、全従業員が共通の成功に貢献するオーナーシップを持つ文化を醸成しています。これにより、ウエラは将来の世代にも繁栄をもたらすことを確保しています。ウエラについての詳細は、www.wellacompany.comでご覧いただくか、LinkedInInstagramでフォローしてください。

iウエラ・マスターブランドのヘアカラープロダクトカテゴリーの売上高は、クラインが公表した2022年のサロンヘアケア調査に基づいています

ii配信元: ニールセン、2023年9月までの直近6か月間のデータ

iii配信元: ニールセンデータベース、2023年10月28日までの年間データ

iv配信元: US NPD、2023年1月から9月までのデータ

v配信元: ニールセンディスカバー、2023年11月4日までの52週間データ

vi配信元: ユーロモニターとクラインの2022年データ

vii配信元: ニールセンディスカバー、2023年1月から10月31日までのデータ

viii配信元: ニールセンディスカバー、2023年11月4日までの52週間データ

ix配信元: US NPD、2023年1月から9月までのデータ

x「We Own Our Way(WOW)プログラム」とは、ウエラの主要株主であるKKR, Inc.から完全な所有権が移転した後に、従業員に給付される金銭的メリットプログラムです。対象となる従業員は入社時に登録され、個人による財務負担は不要となっています。

xiウエラ・マスターブランドのヘアカラープロダクトカテゴリーの売上高は、クラインが公表した2022年のサロンヘアケア調査に基づいています

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Media Contacts:
Hilary Crnkovich
646-217-1700
Hilary.crnkovich@wella.com

Alix Dunn
203-722-9591
Alix.dunn@wella.com

聯絡人

Media Contacts:
Hilary Crnkovich
646-217-1700
Hilary.crnkovich@wella.com

Alix Dunn
203-722-9591
Alix.dunn@wella.com