COP28に先立ち世界のヘルスケアリーダーが産業全体の脱炭素化を推進

 業界初、中国とインドで複数の企業が参加し、グローバルサプライチェーンに対し70メガワット以上の再生可能エネルギーを供給

新たな官民連携により医薬品と患者ケアが環境にもたらす影響を測定する枠組みを開発

Air pollution over Shanghai illustrating the climate health crisis. (Photo: Business Wire)

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- ネットゼロの医療システムへの移行を加速するため、「持続可能な市場のためのイニシアチブ(SMI)」のヘルスシステム・タスクフォースに所属する世界のヘルスケアリーダーたちは、中国とインドのエネルギー供給会社と、サプライチェーン全体で再生可能エネルギーの利用を拡大するための協議を進めています。アストラゼネカ、GSK、ノボ・ノルディスク、ロシュなど、世界のヘルスケア企業が、中国とインドでネットゼロのためのイニシアチブを結成するために結集するのは今回初めてです。中国とインドは、医薬品製造の主要市場であり、医薬品原料の最大50%を占めると推定されています i

中国では電力供給の協定によって、江蘇省、広東省、上海市、北京市において再生可能エネルギーの供給が開始される予定です。この協定により、2024年以降、年間約70メガワット(MW)の再生可能エネルギーが送電網に供給されることになっています。これにより、年間約12万トンの二酸化炭素換算量(CO2e)の排出が削減されると考えられ、これは2万5,000ii台の自動車が道路を使用しなくなることに相当します。インドでは、グジャラート州、カルナータカ州、マディヤ・プラデシュ州、マハーラーシュトラ州、タミル・ナードゥ州のサプライヤーを支援することを目指しています。再生可能エネルギーへのアクセスを促進するためのこれらの共同の取り組みは、各市場における大規模な協力体制と、持続可能な市場のためのイニシアチブの結集力を実証しています。

アストラゼネカの最高経営責任者(CEO)であり、持続可能な市場のためのイニシアチブのヘルスシステム・タスクフォース議長を務めるパスカル・ソリオ氏は、次のように述べています。「世界はようやく、気候危機が健康の危機でもあるという事実に目覚めました。住みやすく持続可能な未来を確保するためには、この認識とともに、大胆で適応性のある行動をとらなければなりません。今回の発表は、グリーン電力に対する積極的な需要があることを発信し、他の企業が追随すべき詳細な計画を提供するとともに、ヘルスケア産業の脱炭素化を主導するというSMIの取り組みを明確にするものです」

世界保健機関(WHO)事務局長のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス博士は、次のように述べています。「世界全体で、ヘルスケア産業は排出量の約5%を占めており、気候変動に大きく関連しています。中国とインドにおける医薬品製造における再生可能エネルギーへの移行を加速するための今回の進展は、歓迎すべきニュースであり、各国政府、民間セクター、その他のパートナーを結集し、各国における気候変動にレジリエントで、気候に配慮した保健システムを構築する気候変動と健康に関する変革的行動のための同盟(ATACH)を通じたWHOの活動を補完するものです」

ヘルスケアシステム・タスクフォースは、COP26で発足した官民パートナーシップです。COP28に先立つ今回の取り組みは、健康に公式の焦点を当てた初の世界気候会議となるもので、ヘルスケアの脱炭素化に向けてすでに同グループが進めている大胆な行動Bold Actionに基づいています。

気候危機は、気候変動による非伝染性疾患や感染症の増加の一因となっており、大気汚染だけで毎年700万人が早期に死亡していますiii。同時に、温室効果ガス(GHG)総排出量の約5%は、ヘルスケア産業が要因となっていますiv。これは世界の航空会社の排出量の最大2倍に相当します。ヘルスケア産業の排出量の半分以上は、製造業のサプライチェーンで生み出され、これらのサプライチェーンで消費されるエネルギーは、ヘルスケア全体の排出量の約25%を占めています。iv

今年初め、タスクフォースメンバーは、科学的根拠に基づいた目標を設定し、炭素排出削減だけでなく、水や廃棄物にも取り組むよう組織に呼びかけ、サプライヤーに対する共同の最低環境目標を発表しました。これらの目標は、メンバーである大手医薬品サプライヤー100社以上だけで、年間350万トンのCO2eの対処に貢献する可能性があります。

持続可能な市場イニシアチブのヘルスシステム・タスクフォースメンバーは、サプライチェーンの脱炭素化にとどまらず、このセクターの世界排出量の半分近くを占めている医療の提供における環境フットプリントの削減にも加速的に取り組んでいます。

同タスクフォースは、医薬品とヘルスケア製品の環境影響を測定し報告するための調和された手法の重要性を認識し、新たに創設されたコンソーシアム、およびNHSを通じて医薬品環境グループ(PEG)と協力し、医薬品ライフサイクルアセスメント(LCA)のためのセクター全体の標準の開発を支援してきました。コンソーシアムとNHSは、英国規格協会(BSI)と協力し、ヘルスケアシステム、医療従事者と専門家、代表機関、研究者、患者など、この分野の利害関係者グループの間でコンセンサスを得て、規格を制定する予定です。カンティスを含む専門家の支援により、このLCA標準の提供は透明性を向上させ、医薬品の製造、供給、使用、製品寿命の終了に至るまで、医薬品の環境影響の評価と削減を支援します。

また、さまざまな患者ケアの過程から排出される炭素を計算するため、国際的測定フレームワークも開発中です。その目的は、排出の主要因を特定し、最終的に医療の提供による環境への影響を削減することです。また、臨床試験の炭素排出量を定量化する方法についても検討しています。さらに、消費財メーカーのレキットが主導する新しいワークストリームでは、ヘルスケア産業の脱炭素化において消費者の健康とウエルビーイングが果たす可能性のある役割に焦点を当てます。

2021年にタスクフォースが発足して以来、サプライヤーや大手ヘルスケア企業は脱炭素化に貢献するよう推奨され、産業全体で好影響をもたらしていることが明確に示されています。タスクフォースは最近、より広い産業の専門知識に貢献するため、以下の新メンバー3社を迎えました。

  • レキット
  • ノバルティス
  • ブパ

さらに、ロンザとノバルティスは、中国における再生可能エネルギーの調達に向けたタスクフォースの取り組みに参加し、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ファイザー、武田薬品は、LCAイニシアチブに貢献しています。タスクフォースの影響は、主要な管轄区域におけるより広範な行動にも影響を及ぼしています。11月6日、上海で持続可能な市場イニシアチブ中国協議会は健康ワーキンググループを発足させました。このワーキンググループは、中国のヘルスケア企業16社とヘルスシステム・タスクフォースのメンバーで構成されています。同ワーキンググループは、中国における持続可能なヘルスケアの提供を加速させ、世界により大きな影響を与えることを目的としています。

これらの多様な取り組みにより、人々の健康を向上させながら、研究室から患者さんに至る医療システムの環境への影響を低減させ、この官民連携の取り組みが強化されます。

報道関係者への注記:

持続可能な市場イニシアチブのヘルスシステム・タスクフォースは、COP26で発足した官民パートナーシップであり、ヘルスケア企業(アストラゼネカ、GSK、ノボ・ノルディスク、メルクグループ、ロシュ、サムスンバイオロジクス、サノフィ)、世界保健機関(WHO)、ユニセフ、主要な公共セクターのパートナー(NHSイングランド、持続可能なヘルスケア連合、パヴィア大学)で構成されています。COP28に先立ち、タスクフォースの新メンバーとしてブパ、ノバルティス、レキットが加わりました。

また、WHO主導の気候変動と健康に関する変革的行動のための同盟(ATACH)のパートナーとして、ATACHのパートナーや世界70カ国以上と知識、経験、積極的な貢献を共有することを目指しています。

持続可能な市場イニシアチブについて

2020年、チャールズ3世国王陛下がプリンス・オブ・ウェールズとして設立した「持続可能な市場イニシアチブ」は、移行する世界の「信頼される」民間組織となりました。2021年に発足したテラカルタは、持続可能な市場イニシアチブを支持するものとして、現実の経済活動を通じて自然、人々、地球にとってプラスとなる結果を加速させることに焦点を当てています。詳細については、www.sustainable-markets.orgをご覧ください。

持続可能な市場イニシアチブのテラカルタ

2021年1月に開催されたワンプラネット・サミットにおいて、チャールズ3世国王陛下がプリンス・オブ・ウェールズとしてテラカルタを発表されました。テラカルタは、持続可能な市場イニシアチブを支持するものとして寄与し、野心的で持続可能な未来に向けて加速するための実践的なロードマップを提供して、自然の力と民間セクターの変革力、革新、資源を活用するものです。テラカルタは、英連邦の56の加盟都市、C40都市、英国の13の中核都市によって支援されています。詳細についてはwww.sustainable-markets.org/terra-cartaをご覧ください。

i原薬・化学品の売上高/金額ベースシェアに基づく - DaxueConsulting(2020年);Optimainsights(2019年);欧州ファインケミカルグループ;クリシル、S&Pグローバル(2019年);CEFIC -欧州化学品工業連盟(2021年)

ii https://www.epa.gov/greenvehicles/greenhouse-gas-emissions-typical-passenger-vehicle

iii https://www.who.int/health-topics/air-pollution#tab=tab_2

iv https://a.storyblok.com/f/109506/x/96fc198cb8/smi-hstf-executive-summary.pdf

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Jonathan Daly, Edelman
Email: jonathan.daly@edelman.com

Vim Drury, Sustainable Markets Initiative
Email: v.drury@sustainable-markets.org

聯絡人

Jonathan Daly, Edelman
Email: jonathan.daly@edelman.com

Vim Drury, Sustainable Markets Initiative
Email: v.drury@sustainable-markets.org