エコ・エキスポ・アジア2022は、「カーボン・ニュートラルのためのグリーン・イノベーション」をテーマに12月に開催

香港でのホテル検疫の廃止に伴い見通しは有望

エコ・エキスポ・アジア2022が12月に開催(写真:ビジネスワイヤ)

香港--()--(ビジネスワイヤ) -- 香港貿易発展局とメッセ・フランクフルト(HK)が主催して香港特別行政区環境・生態局が共催するエコ・エキスポ・アジア2022が、12月14日から17日まで、香港会議展覧中心で開催されます。当エキスポは、まったく新しいEXHIBITION+ハイブリッド形式で開催され、出展者とバイヤーが物理的な見本市からオンライン・プラットフォームの「Click2Match」へと交渉の場を移して12月24日まで交流することを可能にし、企業がオンラインとオフラインで「グリーン機会」を積極的に探ることができるよう支援します。

9月26日から、香港特別行政区政府は、入境者に義務付けていた隔離を終了して新たな「0+3」政策を導入し、航空機搭乗前に求められていたPCR検査と指定ホテルでの隔離が不要になりました。3日間の健康観察期間中の黄色コードの旅行者も、ビジネス関連のイベントへの参加が認められる可能性があります。

エコ・エキスポ・アジア2022のテーマは、「カーボン・ニュートラルのためのグリーン・イノベーション」で、脱炭素化に貢献する技術革新に重点が置かれます。環境業界にとって重要なイベントである当エキスポは、今年は9カ国・地域から200を超える出展者を迎え、グリーン輸送、グリーン金融といったテーマ別に9つのゾーンを設けて、エコという共通概念の下で、さまざまな業界間の交流と協力を促進します。

今年は、カナダ、香港、日本の3カ国・地域の展示館が復活します。日本館は規模を大幅に拡大し、およそ30の出展者が、グリーン輸送、資源のアップサイクル、さらにグリーン金融、ESGなどの分野で、日本の最高のイノベーションを代表する最新の製品、ソリューション、技術を展示します。

毎年開催されるエコ・アジア・カンファレンスは、当エキスポの見逃すことのできないイベントです。著名な専門家が、「循環型ビジネスモデル」「水素経済」「建築エネルギー効率のためのレトロフィット」「グリーン&サステナブル・ファイナンス」に関する見解を明らかにします。

当エキスポは、グリーンな生活の促進を目的として最終日に一般向けに公開され、来場者は環境ワークショップ、グリーンマート、セミナーに参加できます。

企業バイヤー:無料バッジのためにご登録ください - https://bit.ly/3OKv9Wo

一般来場者:グリーンな生活を体験するためにご登録ください - https://bit.ly/3FacHDn

ウェブサイト:www.ecoexpoasia.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

Please contact the HKTDC's Exhibitions Department:
Jojo Li
Tel: (852) 22404136
Email: jojo.ty.li@hktdc.org

聯絡人

Please contact the HKTDC's Exhibitions Department:
Jojo Li
Tel: (852) 22404136
Email: jojo.ty.li@hktdc.org