ベリシリコンのVivanteビジョンプロセッサーIPが大衆市場向けADASを実現

SGKS6802Xは本クラスでOpenVX、OpenCL、OpenCV、OpenGLES 3.1、Vulkan 1.0、CNNに対応したビジョンプロセッシングを実現する初のチップ

中国・上海--()--(ビジネスワイヤ) -- ベリシリコン・ホールディングス(ベリシリコン)は本日、Shenzhen Goke Semiconductor Co., Ltd(SGKS)が同社の先進運転支援システム(ADAS)チップSGKS6802X向けにベリシリコンのVivante GC7000UL-VXを採用したと発表しました。SGKS6802XはSGKSの自動車電子部品パートナーが使用しているSGKS製ADAS製品ラインを構成するものです。SGKSはそのSDKにより、ADASアルゴリズムコミュニティーによる迅速な開発を促進しています。

SGKSの6802Xは先進的な車載品質のSoCで、プログラム可能なVision GPUプロセッサーやADASアプリケーション向けハードウエア実装機能を含め、異種コンピューティングユニットを備えています。SGKS6802Xは高いコスト効率の高性能シングルチップソリューションとしてグラフィックスと画像認識/プロセッシングが可能で、広範なインターフェースに対応し、大衆市場製品向けADASを実現できます。GC7000UL-VXはビジョン/グラフィックプロセッシングの機能を単一IPに深く効率的な形で統合することで、ADAS製品への適合性は比類のないものとなっています。このIPはOpenVX、OpenCV、OpenCL、OpenGL ES 3.1、Vulkan1.0を含め、包括的で統合的なソフトウエアスタックをサポートします。

SGKSのChengjin Yang最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は徹底的な評価を経て、ベリシリコンのVivante Vision GPU IPを選定しました。そのパラレル性の高いアーキテクチャー、拡張性の高い性能、極めて低い消費電力、コンパクトなシリコンエリアが選定理由です。私たちはシリコンでこうした性能と機能が実現していることに感激しており、複数のADAS市場区分でSGKS6802Xを存分に投入していきます。」

ベリシリコンのエグゼクティブバイスプレジデント兼最高戦略責任者(CSO)兼知的財産部門担当ゼネラルマネジャーを務めるウェイジン・ダイは、次のように述べています。「ADASは急成長している市場であり、車内カメラや周囲カメラを含む多数のアプリケーションがあります。ADASの課題に対処するためのアプリケーションやアルゴリズムは急速に進歩しており、私たちはADAS市場におけるSGKS6802Xのリーチに大変感銘を受けています。私たちは、大衆市場向けADASの実現を推進するためにSGKSと協力できることを光栄に思います。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

VeriSilicon
Miya Kong, +86 21 51311118
press@verisilicon.com
または
Shenzhen Goke Semiconductor
Kongfang Mao
maogongfang@gokeic.com

Contacts

VeriSilicon
Miya Kong, +86 21 51311118
press@verisilicon.com
または
Shenzhen Goke Semiconductor
Kongfang Mao
maogongfang@gokeic.com