PubMatic、アジア太平洋地域におけるビジネスが2017年も成長を継続していることを発表

ヘッダー入札技術と顧客サービスへの注力が牽引

シンガポール--()--(ビジネスワイヤ) -- オープンなデジタルメディア業界にオートメーション・ソリューションを提供するPubMaticは本日、アジア太平洋地域におけるビジネスについて、2016年と同様の成長が引き続いていることを発表しました。2016年通期と2017年第1四半期は調整後EBITDAベースで黒字を達成し、2017年第1四半期は売り上げの純増が前年同期比で100%を超えました。ヘッダー入札とラッパー技術の普及、および、パブリッシャークライアントのモバイルと動画のマネタイズの増加が、こうした業績を支えました。

PubMaticは2012年にヘッダー入札技術を、2016年にラッパーソリューションを世界的にローンチし、これらのソリューションをいち早く市場に投入した企業のひとつとなりました。この2つのソリューションは、2016年末にはPubMaticの全世界におけるインプレッション数の過半数を占めるまでになっています。

PubMaticのヘッダー入札技術とラッパー技術は、アジア太平洋地域で広く採用されています。Cheetah Mobile(中国)、Daily Mail(オーストラリアとニュージーランド)、Fandom powered by Wikia(オーストラリアとニュージーランド)、Witty Feed(インド)、Dainik Bhaskar(インド)、東洋経済オンライン(日本)など、過去半年でアジア太平洋地域のプレミアムパブリッシャーが、PubMaticのソリューションの採用を決定しました。

「PubMaticの製品は世界クラスですが、アジア太平洋地域では、地理的および文化的な違いを考慮し、有能なローカルチームが市場の中に入り込み、直接に話をしてパートナー企業と関わり合い、プログラマティックの導入をサポートすることが大切です。競合企業の中にはこの地域に進出していないところがあることは知っています。しかし、プログラマティック広告がもたらす機会を十分に活用するための専門知識を築き上げるのに必要とされる継続的なサポートと教育を考えると、クライアントにとってはまさに挑戦なのです」と、PubMaticのアジア太平洋地域担当VPを務めるJason Barnesは、述べています。

PubMaticは、アジア太平洋地域のほとんどの国で、パブリッシャーおよびデマンドパートナーと協力しており、シドニー、ニューデリー、東京、およびシンガポールのオフィスに20名を超えるスタッフを配置しています。また、PubMaticのエンジニアリングチームの多くが、インドのプネを拠点としています。

PubMaticの市場内におけるプレゼンスにより、PubMaticのアジア太平洋チームは、優れた顧客サービスを提供でき、四半期ごとのNet Promoter Score(ネット・プロモーター・スコア)調査で測定しています。2017年第1四半期、PubMaticのアジア太平洋地域は、これまでで最高の満足度スコアを獲得しました。3四半期連続で満足度全般が向上しており、業界の水準をはるかに上回っています。

PubMaticは2017年の下半期、アジア太平洋地域のパブリッシャーが、ヘッダー入札、ラッパーソリューション、およびアドサーバーソリューションで広告選定の決定権を取り戻す力になるとともに、ブランドの支出がますますプログラマティックチャネルに移行する中、メディアバイヤーが先進的なセルサイド製品を活用することを可能にします。

Jason Barnesは次のようにも、述べています。「2017年の下半期に計画に注力するとともに、楽しみにもしています。アジア太平洋地域は引き続きPubMaticの主要成長地域です。この地域のプレミアムメディアに対し、PubMaticのパブリッシャー向け製品群の普及拡大をさらに推進するとともに、ブランドとエージェンシーに協力して、洗練されたトレーディングツールと、オーディエンスにリーチできる安全で透明性のある環境とを提供してまいります」

PubMatic(パブマティック)について

PubMaticは、オープンなデジタルメディア業界にオートメーション・ソリューションを提供する企業です。パブリッシャー向けの優れたオムニチャネル収益管理プラットフォームとメディアバイヤーのためのエンタープライズクラスのプログラマティックツールを特色とするPubMaticのパブリッシャーファーストのアプローチにより、広告主は大規模なプレミア在庫へアクセスすることができます。月1兆近いアドインプレッションを処理するPubMaticは消費者、パブリッシャー、広告主間の有意義なつながりを促進するグローバルなインフラストラクチャーを構築しています。PubMaticは、2006年の創設以来、データとテクノロジーのイノベーションに注力しプログラマティック広告の成長を牽引してきました。PubMaticは米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を拠点に、世界に11か所のオフィスと6か所のデータセンターを構えています。

PubMaticは、PubMatic, Inc.の登録商標です。その他の商標は、所有者である各社に帰属します。

Contacts

PubMatic contact
Nigel Kwan, 65-9720-2535
Marketing Director, APAC
nigel.kwan@pubmatic.com
または
Press Contact
DC Communications
Duncan Craig, 61-414-525-218
Founder
duncan@dc-comms.com

Release Summary

PubMatic、アジア太平洋地域におけるビジネスは、ヘッダー入札技術と顧客サービスへの注力が牽引し、2017年にかけて成長を維持

Contacts

PubMatic contact
Nigel Kwan, 65-9720-2535
Marketing Director, APAC
nigel.kwan@pubmatic.com
または
Press Contact
DC Communications
Duncan Craig, 61-414-525-218
Founder
duncan@dc-comms.com