IBC、C-テックフォーラムを立ち上げて技術の機会と脅威に対処

- 限定ミニイベントでサイバーセキュリティーと5Gに取り組む -

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- IBCは本日、メディア・放送分野の経営幹部のための招待者限定の一連のミニイベント「C-テックフォーラム」を立ち上げ、2日間にわたって開催すると発表しました。メディア・娯楽業界の性質の変化と収束する市場を反映するよう設計されたこのイベントは、業界の主要な変革に関する関係者間の議論を促進するでしょう。この初開催のC-テックフォーラムで扱うテーマは、サイバーセキュリティーと5Gの到来です。

OTTサービスやデジタル放送の急速な進展により、サイバー脅威やハッキングのリスクが加速しています。最近の大規模な攻撃を受けて、コンテンツ制作会社や放送局は自分たちがいかに無防備でいかに危機に瀕しているかを受け入れつつあります。サイバーセキュリティー・フォーラムでは、最高技術責任者(CTO)、最高情報責任者(CIO)、最高情報セキュリティー責任者(CISO)、最高デジタル責任者(CDO)が一堂に会し、コンテンツ所有者と配信企業にとってのサイバー戦争の意味、次のサイバー脅威の予測方法、攻撃への対処法について率直な議論を行います。

確定している講演者には、ニューズ・コープ(米国)のグローバル最高情報セキュリティー責任者(CISO)兼副最高技術責任者(CTO)のラサ・マリプリ氏、スカイ(英国)の戦略・セキュリティー・ガバナンス担当グループディレクターのエレーン・バックナー氏、ITV(英国)の技術管理事務所担当取締役のポール・リンチ氏、SRG SSR(スイス)の最高情報セキュリティー責任者(CISO)のアンドレアス・シュナイダー氏が含まれます。

C-テックフォーラムの5G:革新の中に機会を見つけるでは、超高速モバイルネットワークや10ギガビットのデータダウンロードおよびストリーミング速度から、VRおよびARホログラフの双方向ダウンロードおよびアップロードまで、5Gが提供する無数の可能性について考察します。しかし、規格、連携、競合技術、インフラの本格展開、規制など、多くの問題に関して、評価・決定すべきことがまだたくさんあります。戦略的議題、思考を刺激する講演者、ユニークな知見が登場するこのプログラムでは、5Gの背景にある開発・技術に関する事実を検討し、放送業界で5Gを成功させるために必要な対策を問います。

IBCのマイケル・クリンプ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「新しい技術が継続して業界を前進させる中で、重要なのはそれに関連するメリットとリスクの両方をよく理解することです。C-テックセッションにより、これらの非常にホットな問題に関する理解を深めることができます。そうして、私たちはサイバー犯罪がもたらす深刻な脅威に対する準備を向上させ、5Gが提示する機会を捉えるための情報を得ることができます。」

実用的で実践的な指針に加えて、両イベントではオープンフロア討論やネットワーキング・セッションを実施し、経営幹部に率直な議論のためのオープンな環境を提供します。

C-テックフォーラムは、アムステルダムのRAIで開催されるIBCで9月15~16日に行われます。

## 以上 ##

IBCについて

IBCは、世界をリードするメディア、エンターテインメント、テクノロジーの展示会です。170カ国以上から5万5000人以上の参加者を集め、評価の高い会議(査読あり)が催され、先進的サプライヤー1700社以上による最新の電子メディアおよびエンターテインメント技術の展示が行われます。

IBC2017の日程
会議:       2017年9月14~18日
展示:       2017年9月15~19日
IBC2017の詳細情報:

https://show.ibc.org/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

IBC
Louise Wells, Bubble Communications
E: louisew@bubbleagency.com
T: +44-7718-985-252

Contacts

IBC
Louise Wells, Bubble Communications
E: louisew@bubbleagency.com
T: +44-7718-985-252