インガ3プロジェクト:最終候補の2つのコンソーシアムに統一オファーの提出を要請

コンゴ民主共和国キンシャサ--()--(ビジネスワイヤ) -- グランド・インガ開発促進機構(ADPI-RDC)は、グランド・インガ・プロジェクトの進展に関わる重要な決定が本日インガ3プロジェクトの受託業者の選定で最終候補に残った2つのコンソーシアム、すなわち「プロインガ(ACS Servicios、Comunicaciones y EnergiaおよびCobra Instalaciones y Serviciosが主導)」と「シヌ・ド・インガ3(China Three Gorges Corporation(CTG)が主導)」に通知されたことを発表します。

この2つのコンソーシアムには、それぞれの応札内容、問題となっている課題、市場および需要動向を踏まえ、両者を一つのコンソーシアムに統合して一つの最適なオファーを提示するためのあらゆる有効な手段を講じるよう要請されました。

この前例のない規模のインガ3プロジェクトは、インガ地域全体を数段階に分けて開発することにより推定4万2000MWの潜在発電能力を見込むさらに大きなグランド・インガ・プロジェクトの一部です。したがって、インガ3プロジェクトは、コンゴ共和国および南アフリカ共和国間で2013年に締結された条約に基づき両国の人々や産業界の電力需要を満たし、ひいてはアフリカ市場全体の需要に対応することが期待される極めてコスト競争力の高いエネルギーを生産するまたとない機会となります。

ADPI-RDCは、コンゴ民主共和国に代わり、同国の発展に貢献している協力者を含め、過去数年間にわたる委託先の選定に関与したすべての関係者に感謝いたします。特に、グランド・インガ・プロジェクトを全面的に支援し、とりわけ欧州開発基金(EDF)とアイコムによるフィーシビリティ調査の実施とアドバイザーのオリック、ラザード、トラクテベルへの援助をいただいたアフリカ開発銀行には深く感謝いたします。

ADPI-RDCについて:ADPI-RDCは、水力発電計画であるグランド・インガの推進、開発、実施を特命とする機関です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

ADPI-RDC
S.E. Bruno KAPANDJI KALALA, + 243 8478 36 182
Head of ADPI-RDC
または
Hopscotch Africa
M. Karl LAWSON, + 33 6 15 60 39 62
Account Director
klawson@hopscotchafrica.com

Contacts

ADPI-RDC
S.E. Bruno KAPANDJI KALALA, + 243 8478 36 182
Head of ADPI-RDC
または
Hopscotch Africa
M. Karl LAWSON, + 33 6 15 60 39 62
Account Director
klawson@hopscotchafrica.com