2017年CESアジアは、エンターテインメント、コンテンツ、技術の接点に注目

会議セッション、またSIFFとの新たな提携により、エンターテインメントとコンテンツ制作をさらに重視

米バージニア州アーリントン--()--(ビジネスワイヤ) -- 技術、コンテンツ、エンターテインメントの関係の深まりを意識し、全米民生技術協会(CTA)は本日、2017年CESアジアで特にエンターテインメントとコンテンツのコミュニティー向けに予定されている一連の会議プログラムを発表しました。またCTAは同時に、アジアでの映画・コンテンツ制作業界の成長に技術が果たす役割について企業幹部らの理解を助けるために、CESアジアと上海国際映画祭(SIFF)とが提携することを発表しました。全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックスと共催する2017年CESアジアは、今年が3回目となる例年恒例のイベントであり、中国・上海で6月7~9日に開催されます。

CESアジアでシニアディレクター兼国際プログラム・見本市ディレクターを務めるジョン・T・ケリーは、次のように語っています。「2017年CESアジアが技術、エンターテインメント、コンテンツ制作の将来への注目度を高めていること、また中国でもアジア全体でも最も重要な映画祭の1つであるSIFFと新たに提携し、こうした対話を拡大できることに、大きな興奮を覚えます。仮想現実や拡張現実の普及、また新たな方式によるコンテンツ利用の増加により、エンターテインメント業界の革新的企業には無数のチャンスが訪れています。SIFFとの連携強化に、また今回発表した会議セッションから生まれる優れたアイデアに、大いに期待しています。」

2017年CESアジアはコンテンツ制作企業の参集の場であり、コンテンツ製品やオンライン製品のカテゴリーを含め、消費者向け技術市場で最も影響力を持つ19の製品カテゴリーを網羅しています。CESアジアの会議プログラムは6月8日(木)に開催され、エンターテインメントやコンテンツの制作企業を重視した以下のようなテーマを取り上げます。

  • VRエンターテインメントのリーダーたち
    午前11時15分 - 正午
    ケリーホテル、レベル3、Pudong 4
    消費者向け大手技術企業の幹部たちが、映画、ゲームその他のエンターテインメントにVRを利用する場合の限界をどう打ち破るのかを議論します。
    • リック・ガーソン(VXエンターテインメント設立者で最高経営責任者)
    • ロブ・リスター(IMAX最高事業開発責任者)
    • 司会 マックス・ミッチェル(ユナイテッド・タレント・エージェンシーのアジア事業開発ヘッド)
    • スティーブ・レイモンド(8i最高経営責任者)
  • 仮想現実によるビジネス
    午後2時15分 - 3時
    ケリーホテル、レベル3、Pudong 4
    VRに注目するベンチャーキャピタルファンドや技術企業の有力投資家たちが、初期段階の中国企業がVRにおける競争で勝利を収めるための方法について議論します。
    • ジェイムス・フォング(Jaunt中国の最高経営責任者)
    • マシュー・リー(CRCMベンチャーズのパートナー)
    • トニー・モイーズ(8i最高執行責任者)
    • 司会 Chloe Popescu(ユナイテッド・タレント・エージェンシーのエージェント)
  • 消費者に直接提供するコンテンツ
    午後3時15分 - 午後4時
    ケリーホテル、レベル3、Pudong 4
    オーバーザトップ(OTT)コンテンツやストリーミングプラットフォームの企業幹部たちが、消費者に直接提供されるコンテンツがテレビ市場にどんな破壊的影響を与えているかを議論します。
    • Sum Huang(XGエンターテインメント共同設立者で最高財務責任者)
    • ブレット・クラウス(PurpleSkyキャピタルのマネジングパートナー)
    • キャサリン・ジャン(Youku Tudouの国際コンテンツ協力ディレクター)
    • 司会 マックス・ミッチェル(ユナイテッド・タレント・エージェンシーのアジア事業開発ヘッド)

上海国際映画祭は、非特化・競争型国際映画祭として国際映画製作者連盟に公認されています。中国の映画産業の急成長、また上海が国際的文化都市へと成長するのに伴い、SIFFは外国・国内映画のための専門的で権威ある文化交流プラットフォームを構築しており、賞、市場、フォーラム、映画パノラマなど、4つの主な活動を通じて影響力を拡大しています。第20回上海国際映画祭は2017年6月17日~26日に開催されます。

2017年CESアジアに出展する企業の展示内容を紹介動画リストでご覧ください。2017年CESアジアへの登録に制限はありません。出展・登録方法の詳細については、CESAsia.comをご覧ください。

編集者への注記:中国以外から来訪するジャーナリストにはJ-1またはJ-2 ビザが必要です。CESアジアへの出展に関するご質問は、Brian Moon(bmoon@CTA.tech)、または+1 703-907-4351にお問い合わせください。

CESアジアについて:

全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、上海インテックス・エキシビション(上海インテックス)と共同プロデュースするCESアジアは、消費者向け技術業界の一流イベントで、アジア市場における革新のバリューチェーンを徹底的に幅広く掘り下げて紹介します。この新イベントに参加する主要なグローバル企業は、消費者向け技術業界の幹部、海外の仕入れ担当者、国際報道関係者、一部限定の中国消費者に最新の技術・製品を披露し、その成長・強化を図ります。参加者は、中国を含む世界の最大手ブランドの一部に独占的な形で触れ、消費者向け技術業界を形作る革新成果を称えます。

全米民生技術協会について:

全米民生技術協会(CTA)は、米国で1500万人以上の雇用を支え、米国の2920億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

上海インテックスについて:

本来、上海インテックス・エキシビションは1995年に設立された先駆的な展示会運営会社である上海インテックスの展示会企画部門でした。上海インテックスは、上海のCCPIT(中国国際貿易促進委員会)とPNOエキシビション・インベストメント(ドバイ)リミテッドにより共同で統括されています。1998年以来、上海インテックスは100を超える国際展示会および会議を主催しており、展示総面積は200万平方メートルを超えます。上海インテックスは、クリエイティブ業界のほか、ヘルスケア、ライフスタイル、先進製造、コンシューマー・エレクトロニクスの各業界を網羅する主要な国際イベントの開催で豊富な経験を有する専門家チームにより構成されています。

今後のイベント

  • 2017 年CESアジア– 登録
    6月7〜9日、中国・上海
  • CEOサミット
    6月21〜24日、イタリア・アマルフィ海岸
  • イノベート!&セレブレート
    10月9〜11日、カリフォルニア州サンフランシスコ
  • CESアンベールド・アムステルダム
    10月26日、オランダ・アムステルダム
  • 2018年CES 
    1月9〜12日、ネバダ州ラスベガス

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Consumer Technology Association
Bernice Morquette, 703-907-7651
bmorquette@CTA.tech
www.CESAsia.com
or
Sarah Brown, 703-907-4326
sbrown@CTA.tech
www.CTA.tech

Contacts

Consumer Technology Association
Bernice Morquette, 703-907-7651
bmorquette@CTA.tech
www.CESAsia.com
or
Sarah Brown, 703-907-4326
sbrown@CTA.tech
www.CTA.tech