資本市場の進化:今月、ディーロジック・コネクトでの取引は10件で過去最高に!

銀行と投資家は自動接続ソリューションを積極的に活用

How Dealogic Connect works (Graphic: Business Wire)

???pagination.previous??? ???pagination.next???

ロンドン--()--(ビジネスワイヤ) -- 顧客の銀行と投資会社は5月に大きな動きを見せ、世界で10件の重要な取引で電子的接続を行うために、金融プラットフォーム会社のディーロジックを利用しました。

ディーロジック・コネクトは、投資家が電子的に関心表明を行い、セルサイドのすべての活動を照合・評価できるよう支援し、急成長しています。ジョディ・ドゥルラード最高製品責任者は次のように述べています。「業界がこれほど急速にコネクトを採用していることをうれしく思っています。今年の欧州での最大規模の通信会社IPOなど、今後も大型IPOの注文が控えています。実際、当社はすでに、コネクトで共同主幹事への最初の注文を受けており、アジアで最初の電子取引を行いました。」

ディーロジック・コネクトが急速に採用された1つの要因として、企業は2018年1月までにMiFID II指令に準拠しなければならないという事情があります。この規則では、リサーチの分離(アンバンドリング)とこれに関連して銀行から投資家への誘引がないことの証明が求められます。

ディーロジック・コネクトは以下を提供しています。

  • 割当の正当化:銀行は注文のタイミングと割当の根拠を立証できます。
  • 取引報告:銀行と投資家は、取引に関する条件、識別、詳細の一式を把握し、規制上の報告要件を満たします。
  • 資金の照合:投資家は、受領、消費、査定したすべての資金の完全な監査証跡を立証できます。

ディーロジック・コネクトは、銀行と投資家に一貫性と正確さを保証し、リスクを抑制します。発注あるいは資金の照合を問わず同じデータを見ることで、ミスが減り、透明性が高まります。また、共通のプロセス全体で銀行と投資家を協調させることで、規制当局に安心感が生まれます。

イノベーションと顧客中心主義はディーロジックの製品開発における中核的要素です。バイサイドとセルサイドをつなぐ当社独自の接続性を考えれば、2018年1月に先立ち、資本市場をMiFID IIに対応させることができるのは当社だけです。

ディーロジックの詳細についてはhttp://www.dealogic.com/をご覧ください。

ディーロジックについて

ディーロジックは、的を絞った商品とサービスにより、統合的なコンテンツ、分析機能、テクノロジーを世界の金融機関に提供しています。資本市場、セールス・トレーディング、銀行業務、バイサイドでの業務を問わず、企業はディーロジックのプラットフォームを活用して接続し、より効果的に機会を特定し、取引を執行し、リスクを管理しています。30年に及ぶ経験を有し金融市場を熟知したディーロジックは、信頼される世界的パートナーです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Dealogic
Ed Jones, 212-577-4511
mediarelationsUS@dealogic.com

Contacts

Dealogic
Ed Jones, 212-577-4511
mediarelationsUS@dealogic.com