GSMAが「モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ(CTIAとの共催)」の最初の基調講演者を発表

アメリカ・モビル、AT&T、コカ・コーラ、IBMワトソン、ジョーント、フェイスブック、グーグル、ノキア、ペイパル、スプリント、UPS、ベライゾン・ワイヤレスの幹部が初開催イベントで講演、新たな出展企業、パートナープログラム、スポンサーも発表

アトランタ--()--(ビジネスワイヤ)GSMAは、サンフランシスコのモスコーニ・センターで2017年9月12~14日に初開催されるモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの基調講演者として、最初に確定した人々を発表しました。またGSMAは本日、新しいプログラム、展示会要素、出展企業やスポンサーなど、第1回目となる本イベントのさらなる詳細も発表しました。

GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように述べています。「モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズはこの地域と文化に特有の多くのニュアンスを捉え、本当の意味で北米・中南米の代表的な体験を反映することになるでしょう。モバイルは、私たちのやり取りや通信、そして仕事や余暇で不可欠な要素となっており、本イベントはメディア、コンテンツ、エンターテインメントから企業やブランドまで、モバイルと交錯する主要分野にスポットを当てます。まさに世界中の何十億人もの人々に影響を与えている、私たちの業界を紹介するのが楽しみです。」

モバイル技術の世界的リーダーが基調講演

GSMAは、モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの最初の基調講演者として確定したモバイル通信業界の世界的リーダーを発表しました。

  • カルロス・スリム・ドミット氏、アメリカ・モビル会長兼最高経営責任者(CEO)
  • スニル・バーティ・ミタル氏、バーティ・エンタープライゼズ創業者・会長、GSMA会長
  • メレディス・アットウェル・ベーカー氏、CTIA社長兼最高経営責任者(CEO)
  • マッツ・グランリド氏、GSMA事務局長
  • George Kliavkoff氏、ジョーント最高経営責任者(CEO)兼社長
  • ラジーブ・スリ氏、ノキア最高経営責任者(CEO)
  • ダン・シュルマン氏、ペイパル社長兼最高経営責任者(CEO)
  • マルセロ・クラウレ氏、スプリント社長兼最高経営責任者(CEO)、CTIA会長
  • ホアン・ペレス氏、最高情報・エンジニアリング責任者、UPS
  • ローナン・ダン氏、ベライゾン・ワイヤレス、エグゼクティブバイスプレジデント兼グループ社長

モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズは基調プログラム以外にも、業界の未来がどのように形成されつつあるかに焦点を当てたトラックセッションを提供します。「コンテンツとメディア」トラックはエンターテインメントの拡張現実(AR)と仮想現実(VR)や、5Gの世界におけるエンターテインメントについて探ります。「第4次産業革命」トラックでは、人工知能(AI)、デジタル・エンタープライズ・インフラストラクチャー、自律走行車、モノのインターネット(IoT)プラットフォーム、サービスとセキュリティーを検討するセッションを用意します。「消費者IoT」トラックは、サイバーセキュリティー、AI、そしてAIが仮想アシスタントやチャットボットに与える影響、小売体験について掘り下げます。「ネットワーク」トラックは、IoTの接続性と5Gエコシステムを取り上げます。カンファレンスはさらに、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に対するモバイル業界の取り組みに注目し、デジタル包摂、教育、気候変動との闘いなど、17のSDGsの異なる側面に重点を置いた基調講演とトラックセッションを9月12日(火)に提供します。

カンファレンスは「政策のすべて」というトラックも用意し、有力な政策立案者と業界専門家が無線に関する重要課題について話し合うパネルディスカッションを実施します。2日間にわたって行う政策に関するトラックは、周波数入札、無線インフラ、5G、IoT革新、公安、無人航空機サービスなどについて取り上げます。

トラックセッションでは、以下の企業幹部と業界専門家が講演者として確定しています。

  • Amit Ahuja氏、アドビ、オーディエンスおよびプランニング事業担当ヘッド
  • ドミンゴ・グェルラ氏、アップソリティ共同設立者兼社長
  • ジョアン・マーシュ氏、AT&T連邦規制担当シニアバイスプレジデント
  • グレッグ・チェンバース氏、コカ・コーラ、デジタル革新担当グローバル・グループ・ディレクター
  • Rebecka Cedering Ångström氏、エリクソン、コンシューマーラボ担当ヘッド代理
  • Monica Adractas氏、ワークプレース・バイ・フェイスブック北米担当ディレクター
  • ロブ・ハイ氏、IBMフェロー、IBMワトソン担当バイスプレジデント兼最高技術責任者(CTO)
  • Peter Sorckoff氏、NBAアトランタ・ホークスおよびフィリップス・アリーナ、最高クリエイティブ責任者兼ブランドおよび革新担当エグゼクティブバイスプレジデント
  • ユージン・チュン氏、ペンローズ・スタジオ創立者兼最高経営責任者(CEO)
  • ディーン・ブレンナー氏、クアルコム周波数戦略および技術ポリシー担当シニアバイスプレジデント
  • キャサリン・ハム氏、TモバイルUSA政府業務担当シニアバイスプレジデント
  • ルイス・ミノル氏、TIMブラジル最高戦略責任者
  • グラント・スペルマイヤー氏、U.S.セルラー連邦政府業務・公共政策担当バイスプレジデント
  • マイケル・オウリエリー氏、米国連邦通信委員会委員
  • チャーラ・ラス氏、ベライゾン無線方針策定担当バイスプレジデント

講演者と議事日程など、モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの詳細はwww.mwcamericas.com/conference/conference-overview/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズのWomen4Tech

GSMAが今年初め、モバイル業界でいまだに残る男女格差に対応するためにバルセロナのモバイル・ワールド・コングレス新設したWomen4Techプログラムを、モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズへと拡大します。さまざまなイベントや活動から成る本プログラムは、Women4Techサミットを9月13日(水)に大々的に開催し、性別多様性がどのようにモバイルエコシステムを変えているのか検討します。Women4Techの基調講演者とセッション講演者として、最初に確定したのは次の方々です。

  • イーディス・ユン氏、500スタートアップのパートナー
  • サビーン・アリ氏、エンジェルハック最高経営責任者(CEO)
  • ラリッサ・フォンテーヌ氏、グーグル、グーグルプレイのグロバールヘッド兼アプリビジネス開発担当ディレクター
  • エリカ・ロックハイマー氏、リンクトインのエンジニアリング・グロース担当シニアディレクター兼ウィメン・イン・テック統括者
  • Triinu Magi氏、Neura共同設立者兼最高技術責任者(CTO)

Women4Techのその他の活動として、9月14日(木)に行うスピードコーチングとネットワーキング・セッション、そしてフォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)の一環として9月12日(火)に実施するWomen4Tech多様性パネル、9月14日(木)に行うインタラクティブワークショップがあります。また9月12日(火)に実施するWomen4Techツアー&体験プログラムには、テクノロジーの世界を変革している出展企業と業界専門家が参加します。

4YFNイベントがデビュー

モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズは、4YFNスタートアップ・イベントをサンフランシスコでも取り入れます。4YFNは、モバイル・ワールド・コングレスとモバイル・ワールド・コングレス上海での4年間にわたる成功を経て、この9月に米大陸地域に参入し、新興企業、投資家、企業、公的機関を結びつけて新規事業の立ち上げを支援します。本プログラムは、新興企業による展示、公開パネルディスカッション、アイデア売り込みセッション、そして新興企業の世界的なエコシステムを進化させるためのネットワーキングイベントを行います。4YFNのゴールドスポンサーに、ソラコムが加わりました。4YFNの詳しい情報については、www.mwcamericas.com/events/4yfn/をご覧ください。

NEXTechが最先端技術を紹介

バルセロナの2017年モバイル・ワールド・コングレスで首尾よく開始したNEXTechを、サンフランシスコで開催するMWCアメリカズでも用意します。モスコーニ・センターの西ホールに設けるNEXTechは、モバイルエコシステム全体で現状打破を促進している先見的な企業と革新的技術に焦点を当てた展示エリアもしくは“ゾーン”を設置し、次世代技術が一堂に集まる究極の場所となります。NEXTechは、VRとAR、ロボット工学、コネクテッドカー、自律走行車、人工知能など、最先端技術を紹介します。NEXTechの出展企業には、VR/AR協会と共にVR/ARゾーンで大きな存在感を放つことになるサムスン・エレクトロニクスや、未来のコネクテッドカーについて自社のビジョンを展示するトムトムなどがあります。

GSMAはモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの新たな出展企業として、5Gアメリカズ、アバスト、金立通信設備(ジオニー)、コレ・ワイヤレス、モビリウム、モトローラ・モビリティー、TATAコミュニケーションズ・トランスフォメーション・サービシズ、テリットなどの数社発表しました。これらの企業はすでに確定している、AT&T、アムドックス、エリクソン、ファーウェイ、クアルコム、スプリント、ベライゾン・ワイヤレス、ヴイエムウェア、ZTEなど、多数の出展企業に加わることになります。モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ展示会の詳細については、www.mwcamericas.com/exhibition.をご覧ください。

新たに確定したパートナープログラム

GSMAは、3日間のモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズで実施する、いくつかの新しい提携プログラムとパートナープログラムを発表しました。Women4Techプログラムを補完するかたちで、公共慈善団体MKFが9月11~12日に「科学・技術・工学・数学分野の女性(WiSTEM)」の年次会議をモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズと同時開催し、科学・工学・数学分野の女性に関する追加コンテンツを提供します。

提携パートナープログラムとして、フィアスワイヤレスが9月12日(火)と13日(水)に朝食会パネルディスカッションを主催します。テーマとしては、新興企業が省電力広域ネットワーク(LPWA)技術を活用して、IoTの機会を開拓している方法に焦点を当てた「省電力広域ネットワーク」や、ハードウエアよりもソフトウエアのニーズに適応することを重視した5Gネットワーク技術について検討する「電気通信分野の変革」などがあります。

9月13日(水)には、一流のIoT顧問・遂行企業である151アドバイザーズが「APP-SOLUTELY IoT」という半日セミナーを開催し、安全なIoTプラットフォームおよびIoTアプリケーションの構築・導入・管理など、参加者が各自の組織でIoTを活用する方法について知る機会を提供します。また、CBRSアライアンスが同じ日に半日セッションを開催し、LTEベースのソリューションと共有周波数帯を使って、屋内・屋外カバレッジと大規模な容量拡張を実現するビジョンについて語ります。

2017年モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズに参加しましょう

2017年モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの参加、出展、後援の方法など、詳細については、www.mwcamericas.comをご覧ください。モバイル・ワールド・コングレス・アメリカズの最新情報は、ツイッター(@GSMAEvents、#MWCA17)やリンクトインのモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズのページ(https://www.linkedin.com/company/gsma-mobile-world-congress-americas)、フェイスブック(https://www.facebook.com/MWCAmericas/)をご利用ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち約300社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

CTIAについて

CTIA®(www.ctia.org)は米国のワイヤレス通信業界と、消費者が21世紀のコネクテッドライフを送ることができるようにするモバイルエコシステムの企業を代表する団体です。当協会の会員には、無線通信事業者、機器メーカー、サプライヤーのほか、アプリやコンテンツの提供企業が含まれます。CTIAは、継続的な革新と投資を促進する政策を、政治のあらゆるレベルで精力的に提唱しています。さらに当協会は、業界の自発的なベストプラクティスの調整役を務め、無線業界を推進する教育的イベントを主催し、業界をリードするワイヤレス業界見本市を開催しています。CTIAは1984年に設立され、ワシントンDCに拠点を置いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Serena Famalette
+1 415 262 5942
SFamalette@webershandwick.com
または
Sophie Waterfield
+44 7779 459923
sophie.waterfield@webershandwick.com
または
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

For the GSMA
Serena Famalette
+1 415 262 5942
SFamalette@webershandwick.com
または
Sophie Waterfield
+44 7779 459923
sophie.waterfield@webershandwick.com
または
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com