ミラー・バロンデスが開始した訴訟で陪審員がMike Kahnのスーペリア・オートモーティブ・グループの主張を認め、日産モーター・アクセプタンス・コーポレーションに2億5,645万ドルの支払いを命じる

Download

California Court of Appeal Opinion

???pagination.previous??? ???pagination.next???

ロサンゼルス--()--(ビジネスワイヤ) -- 2017年5月22日に、日産モーター・アクセプタンス・コーポレーション対スーペリア・オート(フリーモント)等の訴訟(オレンジ郡上級裁判所事件番号30-2009-00305125-CU-BC-CJC)において、陪審員は日産モーター・アクセプタンス・コーポレーション(NMAC)に対して2億5645万ドルの支払いを命じました。NMACは日産自動車ブランドの世界的メーカーである日産自動車リミテッドの金融事業子会社です。陪審員は1億2190万ドルの損害賠償を認め、また、日産の行為があまりにも非難に値するものであると判断しました。日産が詐欺的、悪意的または強圧的な行動を取ったことが明確で説得力の高い証拠によって判明し、懲罰的賠償として1億3455万ドルが認められました。

原告は、自動車ディーラーのMichael Kahn氏が保有する日産およびトヨタのディーラーグループであるスーペリア・オートモーティブ・グループです。スーペリアはNMACが資金を提供し、不況期にあった2009年にNMACによって事業を停止されました。原告は、隠匿による詐欺行為および過失による不実表明に対する請求で勝訴しました。スーペリアおよびKahn氏の主任法廷弁護士を務めるAmnon Siegelは、このように語っています。「陪審員の方々には、その多大な勤勉な働きに感謝いたします。8年に及ぶ厳しい戦いを経て、Michael Kahn氏は、十分にふさわしい勝利と無実の証しを手にすることができました。Kahn氏とその家族のために、うれしく思います。」

この事件は元々2009年に提訴され、2011年には別の陪審員団による陪審でNMACは契約請求に関して4000万ドルの判決を手にしましたが、その後2014年に控訴審で不正請求は破棄され、差し戻し再審理となりました。カリフォルニア控訴裁判所による本事件の当初判決の破棄および差し戻しに関する見解の写しを添付しています。

スーペリア・オート・グループとKahn氏は、カリフォルニア州ロサンゼルスのミラー・バロンデスが代理しています。その法廷弁護士はパートナーのAmnon Siegelであり、アソシエートのAdithya Maniが補佐しています。事務所のマネージングパートナーのSkip Millerによれば、「これは喜ばしい結果であり、この評決を得るためのAmnonの熱心な努力を誇りに思います。何にも増して、Mike Kahn氏のためにうれしく思います。氏は、自分自身、事業、家族に対してなされたことに対して、ようやく正義を勝ち取ることができました。Mikeは素晴らしい人物、素晴らしい自動車ディーラーであり、自分の生活を取り戻すための今回の結果を当然受けるべき人物です。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Miller Barondess, LLP
Skip Miller, 310-552-5251
smiller@millerbarondess.com

Contacts

Miller Barondess, LLP
Skip Miller, 310-552-5251
smiller@millerbarondess.com