EBホールディングスIIがゴールデンツリー・グループによる訴訟について論評

ダラス--()--(ビジネスワイヤ) -- ネバダ州の企業のEBホールディングスIIは、6億ユーロのPIKローン契約に関連して以下の情報を報告いたします。

2016年8月26日にラスベガスで、ゴールデンツリー・グループはネバダ州裁判所に訴訟を提起しました。これは、EBホールディングスII、Howard M. Meyers、Albert P. Lospinoso、Eco-Bat Technologies Limited、Quexco Inc.、RSR Corporationに対して根拠のない多数の嫌疑をかけるものでした。

2016年11月29日に、Eco-Bat Technologies Limited、Quexco Inc.、RSR Corporationは、訴訟の対象から外されました。

EBホールディングスIIのHoward Meyers社長は、次のように述べています。「ゴールデンツリー・グループはネバダ州で訴訟を起こしました。当初の訴状を提出した後で、ゴールデンツリー・グループはさらに先週にもなって追加の訴訟をネバダ州裁判所に提起しました。これは、当社の考えでは、根拠がなく真実に反するものです。」

Howard Meyersは、さらに次のように述べています。「ゴールデンツリー・グループは明らかにネバダ州裁判所の裁判長が下した判断に失望し、EBホールディングスII債務の回収可能性を宣告する2018年4月に予定されている審理を恐れ、過去数カ月間における大規模な和解交渉で合意に至ることに失敗し、そのため昨日2017年5月18日に、EBホールディングスIIを相手取り、連邦破産裁判所に非自発的申立を行いました。この追加的な訴訟は、自己に有利な裁判所に切り替えることで州裁判所の訴訟結果を回避しようとする行為であると当社では考えています。」

Meyersはさらにこのように語っています。「ネバダ訴訟の申し立て債権者であるゴールデンツリー、Kneiff Tower、Mount Kellett、Grace Bay、Arvoは、ラスベガスで自ら提起した州裁判所での訴訟の結果を回避するために破産裁判に訴えました。債権者が当事者であると主張している融資契約に基づいてデフォールトを正当に宣言することができないことを知りながら、これらのファンドは州裁判所に意味のない請求を提出し、債権回収を不適切な方法で早めようとしました。」

Meyersはさらに述べています。「不当な早期回収には弊害があります。ゴールデンツリー・グループの行動により、融資残高の全額に関して防御や反訴が引き起こされました。このような防御や反訴では3件の別個の却下請求が認められなかっただけでなく、ネバダ州裁判所は、これらが純粋な重大な事実上の問題を提起するものであると判断しています。ファンドが今不適切なチャプター11の非自発的申し立てを開始したのは、証拠開示で問題に直面する事態を避けることを目的としていると、当社では考えています。EBホールディングスIIは、この非自発的申し立てに強く対抗する予定です。」

EBホールディングスに対する非自発的申し立ても州裁判所での訴訟も、その事業子会社であるEco-Bat Technologies Limitedの事業に影響を与えるものではないと予想されています。「当社は、世界各地にいる当社の利害関係者のために行動することのみに、今後も集中していきます」とMeyersは述べています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

EB Holdings II, Inc.
Teresa Zaidle, tzaidle@ebholdingsinc.com

Contacts

EB Holdings II, Inc.
Teresa Zaidle, tzaidle@ebholdingsinc.com