mTAB®、マーケティング調査活動をグローバルに拡大

米カリフォルニア州アナハイム--()--(ビジネスワイヤ) -- 米国を拠点に調査データ分析・可視化ソリューションを提供するmTABは本日、世界的な活動拡大を発表しました。英国のガンマ・アソシエーツの買収、日本での法人設立、中国のアナリティック・エッジとの提携を通じて、mTABはお客さまへの市場内サポートを強化します。

mTABのアレックス・ゲルマン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「私たちは、2つの会社が統合して顧客が期待する世界的サポートを提供できることをうれしく思います。ガンマの品質とお客さまの成功に対する姿勢は、mTABの価値観と完全に合致しています。ガンマのデータ可視化ソフトウエアのmTABView®は、mTABプラットフォームと我々の成長物語の中核的な柱のひとつになるでしょう。」

1990年以来、ガンマはmTABの欧州パートナーとして活動してきました。両社は、ゲルマン氏の下で完全に統合され、世界各地のmTABのお客様に、よりシームレスな顧客体験を提供することを可能にします。

加えて、mTABは本日、アジアへの大規模な拡大を発表しました。mTABは、1996年から日本の大手企業と緊密に協力しており、現地に事業所を設立することで、これらの関係がさらに強化されます。

新たに設立されたmTABアジアパシフィック代表者のヨシミ・ケイコ氏は、次のように述べています。「mTAB事業のグローバル化を計画する上で、この重要な市場に事業所を設立することは当社にとって自然な決定でした。」

中国では、成長する市場調査業界で、mTABが日本、欧州、米国の市場で提供しているのと同様なツールがますます求められています。中国市場をサポートするために、mTABは市場調査研修企業のアナリティック・エッジと戦略的提携を結びました。

アナリティック・エッジ創業者のジュンボ・ズー氏は、次のように述べています。「中国市場は非常にユニークで大きいため、市場内に実際に存在を置くことが不可欠です。」

この拡大により、お客様は統合されたソフトウエア&サービス提供プラットフォームを通じて、それぞれの言語と時間帯という気楽さでシームレスなサービスを期待いただけます。

詳細については、www.mtabsurveyanalysis.comをご覧ください。

mTABについて

mTABが提供するフルサービスのウェブベース・ソフトウエアにより、企業は過去・現在のマーケティング調査の価値を最大化することを可能にします。私たちのソフトウエアは、不均一、また膨大なデータセットを誰でも分析しやすく、即時に利用可能にします。mTABを使用することで、重要なビジネス上の意思決定、調査データの背後にある物語をあらゆるレベルのユーザーが発見できるようアシストします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

mTAB
Katie Duffey, 1-714-693-3110
kduffey@mtabsurveyanalysis.com

Contacts

mTAB
Katie Duffey, 1-714-693-3110
kduffey@mtabsurveyanalysis.com