ブレイディー・インダストリーズが13億ドルを投資して、最高品質・最低コストの車体向けアルミニウムシートと航空機向けアルミニウム版の圧延工場を米国に建設

ケンタッキー東部のサウスショアが2州の24候補地を退けて選ばれる

アパラチア地域に建設関連の雇用1000件、非常に高度なスキルを要する常勤職550件、補助的なサービス職1000件を創出

米ケンタッキー州ワートランド--()--(ビジネスワイヤ)-- ケンタッキー州知事のマット・ベビン氏とブレイディー・インダストリーズ(ブレイディー)の会長兼最高経営責任者(CEO)のクレイグ・ブシャールが本日行った共同発表は、材料科学と先進製造業の変革を明らかにしています。ベビン州知事とブシャール会長は、ブレイディーがケンタッキー州およびアシュランド・アライアンスと提携し、今後30年間かけて米国初のアルミニウム圧延工場をグリーンフィールド投資によって建設すると発表しました。

ブレイディーの圧延工場は、米国で低コスト・高品質の車体向けアルミシート、アルミ板、航空業界向けの超強度合金のメーカーになることを目指しています。本工場は年産能力37万トンで操業を開始し、5000/6000/7000系のアルミシートとアルミ版の製品を生産します。さらにブレイディーは、溶融金属ベースの製造を改善できるよう、ナノ結晶質技術の新たな科学的前進にも取り組みます。

ベビン州知事は、次のように語っています。「ケンタッキー東部に工場を置くというブレイディー・インダストリーズの決断は、これまでのケンタッキー州史上でのあらゆる経済的取引に匹敵する重要性を持つ可能性があります。この13億ドルの投資は、当地域の人々に非常に大きな機会をもたらすことになりますが、これは最近通過した労働権法なしに実現することはなかったでしょう。ブレイディー・インダストリーズが、ケンタッキー東部で見られる信じられないほど素晴らしい勤労意欲を活用して、成功を収めることを期待しています。本投資の波及効果は重要で、この地域で今後幾世代にもわたってプラスの変化をもたらすことになるでしょう。」

サウスショアにある370エーカーの敷地で、2018年第1四半期に起工します。ケンタッキー州アシュランド市近郊のグリーナップ郡に位置する工場に、13億ドル以上が投資されます。オハイオ川に面した理想的な立地を持つ工場は、床面積が250万平方フィートで、はしけの積荷量についても認可を取得済みです。CSX鉄道が敷地内を通っているほか、工場は高速道路64号線によって米国最大の自動車メーカーや航空宇宙分野の顧客と幾つかつながっています。ケンタッキー州は航空宇宙分野の製品を年間100億ドル以上輸出しており、全米第2位の州となっています。

ケンタッキー州経済開発省のテリー・ギル長官はこのプロジェクトが当地域の変革をもたらす可能性があるとして、次のように述べています。「ブレイディー・インダストリーズの投資とそのハイテク工場によって生まれる雇用が、直ちにそして今後何十年にもわたり、グリーナップ郡とケンタッキー東部地域に極めて大きなプラスの影響を与えるでしょう。私たちが本日の発表にこぎつける上で、ケンタッキーのビジネス環境改善に向けた議会の取り組みなど、現地、地域、州のパートナーの方々の尽力が重要でした。この取り組みは全体として、ケンタッキーがビジネスに開かれているというメッセージを明瞭に発信することに役立ちます。」

ブレイディーの取締役会にはクレイグ・ブシャールのほか、競争優位性に関する世界一の専門家であるハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・ポーター博士、金属学の世界的な大成者の1人であるMITの材料学科長のクリス・シュー博士、MITで知的財産の商用化に約30年間取り組んだ著名な技術者のジョン・プレストン、そしてケンタッキー州の有名な実業家であるチャールズ・プライスがいます。

ブレイディーの2件目の投資となるのは、間もなく発表される買収です。この買収により、自動車や航空機の内装や防衛目的で使用される超高強度・軽量部品の先進製造で、当社は最先端に位置することになります。当社はナノ結晶質技術を高強度・軽量合金の迅速な導入に応用するための科学の発展を先導していきたいと考えています。

MITの金属学者でブレイディー取締役のクリストファー・シューは、次のように述べています。「高度な生産能力を先進的な金属科学と組み合わせることで、米国の金属製造を再活性化するための素晴らしい機会が生まれます。」

当社が提携先としてケンタッキー東部を選んだのは、同地域には勤労意欲が高く、金属・鉱業業界で訓練を受けた熟練労働者が豊富にいるためです。また自動車・航空宇宙分野の顧客にサービスを提供する上で物流に最適な位置にあります。

ケンタッキーが労働権州になることは重要な意味を持ちました。同州が提供する追加インセンティブの助けにより、ブレイディーは2020年に工場が完成すると、米国でアルミニウムシートとアルミニウム板を低コストで製造するメーカーになります。

ハーバード・ビジネス・スクール教授で、競争力と経済開発の世界的専門家のマイケル・E・ポーター博士も、ブレイディー・インダストリーズの取締役です。当社はポーター博士の支援を得て、ケンタッキーの競争的優位性をほかの候補地と比較評価しました。

ポーター博士は、次のように語っています。「ケンタッキー東部は、自動車・航空宇宙大手の顧客に近接しているほか、低いエネルギーコスト、重工業のための熟練労働力を利用できることを含め、大きな競争的優位性を備えています。工場をグリーナップ郡に置くという決断は、ブレイディー・インダストリーズと地域社会が協力する機会をもたらし、当地域のビジネス環境を変革するとともに、関連企業を引きつけることになるでしょう。」

ブレイディーの会長兼CEOのクレイグ・T・ブシャールは、次のように述べています。「これは歴史的瞬間です。過去50年間で、米国のインフラと先進製造に投資するのに最適な時期は、今をおいてほかにありません。」

「私たちはアルミニウムやその他の材料に大規模なグリーンフィールド投資をすることで、大きな競争的優位性を生み出せると確信しています。当社はその実現のために、水、鉄道、高速道路の物流の最適化、組合非加入の労働力、環境や年金の分野におけるレガシーコストの不在、非常に低コストの工場保守費、業界有数の電気コストインフラ、最先端の機器とワークプロセスフロー、トン当たりに必要な従業員の少なさを活用します。グリーナップ郡という立地により、輸入ができるほか、水路、鉄道、高速道路を使って米国内の当社顧客の大部分へ同日に到達できます。実に素晴らしいコスト優位性です。」

ケンタッキー・パワーがブレイディーと提携して、低コストのエネルギーを供給します。マット・ベビン知事とテリー・ギル長官が率いる経済開発チームは、米国でケンタッキー東部を卓越した先進製造のリーダーとして確立するというビジョンを掲げており、両社はこのビジョンを共有しています。

ジョン・プレストンは、次のように述べています。「材料科学は過去10年間、コンピューターとインターネットの分野が1990年代に体験したのと同様に、急速な進歩を遂げてきました。処理装置と新材料におけるこれらの進歩は、全面的導入の機が熟しており、これによりコスト効率に優れた材料による代替が可能になっています。その結果、自動車と飛行機の軽量化、膨大な量のエネルギーの削減、希少物質に対する依存度の低減が進みます。」

ブレイディーはケンタッキー・コミュニティー工科カレッジ・システム(KCTCS)と提携して、材料科学と先進製造を専門とした準学士号の強化・開発に取り組みます。この準学士号コースは、従業員研修で常時使用されるほか、当社工場、そしてグリーナップ郡と周囲の郡における製造業の将来に向けて、人材供給ルートを確立する上で役立ちます。

KCTCS学長のジェイ・ボックス博士は、次のように語っています。「KCTCSは、労働者向け資格の提供で全米のリーダーとして数えられており、このような資格は高度なスキルを備えた高需要の雇用を促進しています。私たちは、ブレイディー・インダストリーズが必要とする労働力を育成するために、同社と協力していきたいと思います。KCTCSのアシュランド・コミュニティー&テクニカル・カレッジはこの取り組みを先導すべく、オンボーディングサービスのほか、ブレイディーが必要とする材料科学の学位でAASを提供します。」

ブレイディー・インダストリーズの詳しい情報については、www.braidyindustries.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For Braidy Industries, Inc.:
Jaunique Sealey, 606-575-3121
jsealey@braidyindustries.com
または
Robert Cavosi, 646-638-9891
rcavosi@rooneyco.com

Contacts

For Braidy Industries, Inc.:
Jaunique Sealey, 606-575-3121
jsealey@braidyindustries.com
または
Robert Cavosi, 646-638-9891
rcavosi@rooneyco.com