ザ エスティ ローダー カンパニーズ、北米および英国・アイルランドの新しい経営幹部を任命

グループプレジデントのティア・ブリーンが40年のキャリアを終え退職する予定

クリス・グッドがティア・ブリーンの後任として北米担当プレジデントに就任

フィリップ・ワーネリーが英国・アイルランド事業を統括

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ザ エスティ ローダー カンパニーズ(NYSE:EL)は本日、当社の2大市場である北米および英国・アイルランドの経営幹部を任命したことを発表しました。並外れた経歴を経て、北米担当グループプレジデントのティア・ブリーンが退職する決心をしました。英国・アイルランド担当プレジデントのクリス・グッドが、ブリーンの後任として北米担当プレジデントに就任します。グッドの後任として、現在カナダ担当ゼネラルマネジャーであるフィリップ・ワーネリーが、英国・アイルランド担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーに就任します。これらの経営幹部の交代は2017年7月1日付けで行われます。

ファブリツィオ・フリーダ社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「ブリーンは並外れた業績を上げ、クリニークの顧客担当者からグループプレジデントへとすばらしい経歴を経てきました。その功績により、今後も経営幹部の成長をさらに推し進める当社の意欲が高まります。本日の発表は、当社が熟考を重ねた後継者育成計画の理念を反映しています。この理念は、可能性を最大限に発揮できるよう社員の成長と育成に取り組む当社の熱意に基づいています。グッドとワーネリーは、デジタル・イノベーションなどの市場展開戦略におけるクラス最高のリーダーシップと業務の専門知識を生かし、当社の2大市場において持続可能で利益性のある成長を推進してくれるでしょう。」

ウィリアム・P・ローダー執行役会長は次のように述べています。「ブリーンは卓越したリーダーであり、先見の明のある人物です。また、ビジネスにおけるリーダー、特に女性リーダーの強力な模範的モデルであり指導者でもあります。当社ブランドおよび北米におけるブリーン独自のリーダーシップは、当社の歴史にしっかりと刻み込まれました。ブリーンに祝辞を述べ、そのすばらしい経歴を思い起こすとともに、グッドとワーネリーがそれぞれの新しい役職で、今後も北米および英国・アイルランドの成長を主導してくれることをうれしく思っています。」

北米担当グループプレジデントのティア・ブリーンが退職

40年に及ぶ輝かしいキャリアを終え、北米担当グループプレジデントのティア・ブリーンは退職することを発表しました。2009年、ブリーンは最初の役員として、北米担当プレジデントに就任し、2012年にはグループプレジデントに昇進しました。ブリーンは、影響力のある小売戦略を実施し、業務規律の基礎を築き、北米における当社の商品ラインの成功を多角化し強化する数多くの戦略的機能を作り上げました。ブリーンは2011年、カナダ事業の組織構造を確立し、この市場の高級化粧品業界で競争上の利点を強化しました。2016年、ブリーンは米国事業において、ブランドがより迅速に的を絞って戦略を実行できるよう組織を再編しました。ブリーンは、北米の多品種専門店や独立店舗など、成長率の高い販路への拡大を主導し、当社の従来の小売りにおけるリーダーシップを強化しました。以前、ブリーンは、エスティ ローダー・ブランドの南北アメリカ担当プレジデントを務めました。2007年、ブリーンはエスティ ローダーのグローバルブランド担当プレジデントに昇進し、アジアでのブランド事業を加速させました。ブリーンはまた、クリニーク、アラミス、オリジンズなど当社の他の多くのブランドで数多くのリーダー的役職に就きました。ブリーンは、変革的なリーダーシップ特性と好業績チームを育成する能力で知られています。これはそのキャリアにおける顕著な特徴です。2015年以来、ブリーンは、化粧品・パーソナルケア製品業界の主要な全国的業界団体であるパーソナルケア製品評議会(PCPC)の会長を務めており、任期満了となる2018年2月まで、PCPCでの任期を務めます。

クリス・グッドが北米担当プレジデントに就任

当社の第2の市場である英国・アイルランド担当プレジデントとして、クリス・グッドは、ティア・ブリーンの北米での卓越したリーダーシップを引き継ぐ最適なリーダーです。グッドは新たな役職において、販路戦略における確固たる専門知識、現地との関連性、消費者の買い物嗜好、ならびに欧州およびアジア市場を監督する多くの要職から得た幅広い世界的な経験を生かします。グッドは、2012年より英国・アイルランド事業を統括し、2014年に英国・アイルランド担当プレジデントに昇進しました。グッドは、従来の百貨店モデルから多角的なオムニチャネル事業へと当社を進化させることに成功し、独立店舗や電子/モバイル商取引など高成長の販路を生み出しました。2012年より、そのリーダーシップの下、英国・アイルランド事業は一貫して2桁の年平均成長率を達成し、また、同時期のオンラインの純売上高は3倍になりました。これまでグッドは、欧州・中東・アフリカ地域のリーダーシップチームの主要メンバーを務め、ロシア担当ゼネラルマネジャーを務めました。グッドは当社に15年以上勤務し、新興市場、既存市場のいずれでも事業を成長させる強力なリーダーシップ技能で知られています。北米担当プレジデントとして、グッドはファブリツィオ・フリーダ社長兼最高経営責任者(CEO)に直属し、引き続き経営幹部チームに所属します。

フィリップ・ワーネリーが英国・アイルランド担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーに就任

2013年より、フィリップ・ワーネリーは、急成長する当社の支社の1つであるカナダで、カナダ担当ゼネラルマネジャーとして成長と利益性をもたらしました。ワーネリーはカナダで、現地との関連性を重視した強力な成長戦略を実施し、主要な顧客関係を構築し、新しい小売り様式、電子/モバイル商取引の拡大、ソーシャルメディア・イノベーションを介し、成功に向けてチームを再編しました。カナダは高級化粧品のトップ市場と見なされており、現在、カナダのオンライン事業は、モバイル・イノベーションと極度に的を絞ったインフルエンサー戦略のリーダーとして頭角を現しています。ワーネリーは、英国・アイルランド事業を統括する上でこの経験をさらに生かすでしょう。以前、ワーネリーはオリジンズ・インターナショナル部門のバイスプレジデント、ゼネラルマネジャーを務めました。ワーネリーは、中国やメキシコなどの新規市場へオリジンズを拡大させ、英国で小売業者との強力な関係を構築し、高く評価されています。ワーネリーは当社に10年以上勤務し、しっかりとしたマーケティング技能は、現地との関連性、消費者の関与、販路戦略の深い知識に基づいており、英国・アイルランドでの当社の強力な地位を拡大するのに最も適した人材です。シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーとして、ワーネリーは、インターナショナル部門グループプレジデントのセドリック・プルーヴに直属し、経営幹部チームに加わります。ワーネリーの後任は後に発表します。

インターナショナル部門グループプレジデントのセドリック・プルーヴは次のように述べています。「グッドとワーネリーは、クラス最高のオムニチャネル機能、デジタル拡大、現地との関係性を通して、消費者のショッピング体験を大きく変革しました。グッドには英国・アイルランド市場でのすばらしい業績に感謝します。これはワーネリーが新たな役職で事業を推進する上での強力な基盤となります。」

ザ エスティ ローダー カンパニーズについて

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、高品質のスキンケア、メイクアップ、フレグランス、ヘアケア製品を製造・販売する世界的リーダー企業の1つです。当社の製品は150を超える国と地域で販売され、そのブランドには、エスティ ローダー、アラミス、クリニーク、プリスクリプティブ、ラボ シリーズ、オリジンズ、トミー ヒルフィガー、M・A・C、キトン、ラ・メール、ボビイ ブラウン、ダナ キャラン ニューヨーク、DKNY、アヴェダ、ジョー マローン ロンドン、バンブル アンド バンブル、マイケル コース、ダルファン、トム フォード、スマッシュボックス、エルメネジルド ゼニア、エアリン、マルニ、トリー バーチ、ロダン オリオルッソ、ルラボ、エディション・ドゥ・パルファン・フレデリック・マル、グラムグロー、バイ・キリアン、ベッカ、トゥー フェイスドがあります。

ELC-C ELC-L

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

The Estée Lauder Companies Inc.
Media Relations:
Alexandra Trower, 212-572-4430
or
Investor Relations:
Dennis D’Andrea, 212-572-4384

Contacts

The Estée Lauder Companies Inc.
Media Relations:
Alexandra Trower, 212-572-4430
or
Investor Relations:
Dennis D’Andrea, 212-572-4384