CMMI®インスティテュート、5年連続の記録的増加を報告

2016年は2237のグローバル組織がCMMI®評定を受け、組織能力の向上に対するニーズを支える

ピッツバーグ--()--(ビジネスワイヤ) -- CMMI®インスティテュートは本日、2016年に2237組織が能力成熟度モデル統合(CMMI)評定を受け、完了した評価件数としては世界で16パーセントの増加になったと発表しました。

CMMI評価を行うビジネスリーダーは、企業全体、事業部門、特定の業務を次のレベルに引き上げることを狙ったスキルやシステムを強化する上で、成すべきことが何かを決めることができます。CMMIを使用することで、企業は最優良事例の既定フレームワークに照らして自社の能力を測定して、競争力が相対的に高いスイートスポットをはっきりと見極めることができます。

CMMIインスティテュートのカーク・ボトゥーラ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CMMI評価は世界中で、組織がより質の高い製品とサービスを実現するための能力を測定するための信頼できる手段として認められています。毎年、CMMI成熟度モデルの価値を理解する組織が増えており、2016年は特に米国・中国・インドでこうした増加が見られました。」

マッキンゼー・アンド・カンパニーが定義しているように、能力とは「組織が得意とし、有意義な業績を促すあらゆるもの」です。そして、ある企業独自の能力が明瞭に見定められると、組織内のあらゆる物とあらゆる人は別の能力の強化につながる動きを始めます。多くの組織は、CMMIのような能力成熟度モデルを使用して、最優良事例に照らして自組織の能力を測定することで、どの能力が企業全体における成績の向上を促進するのかを突き止めるというメリットを得ることができます。

CMMIインスティテュートによる「組織能力評価の調査」の結果から、自組織の重要な能力を改善することの価値に気付くリーダーが増えていることが実証されています。CMMIを使用する組織の数は年々増加しており、これは継続的改善の文化を構築すべくCMMIに目を向ける企業が以前にも増して増えていることを示しています。下記に示す通り、CMMI採用の機会が一貫して存在しています。

  • 50パーセント近くの組織は標準的なプロセス、プロセス資産、ジョブエイドを用意していない。
  • 42パーセントの組織は標準的計画のプロセスを確立していない。
  • 54パーセントは重要な課題について評価していない。

ここに好成績の2組織がCMMIを使用して業績を促進している具体例を挙げます。

欧州最大の保険会社で営業利益が108億ユーロのアリアンツUKは、地域区分でのプロジェクト管理と技術革新における基礎的能力を構築して、複雑性を管理するとともに成績を向上させる必要がありました。同社がCMMIを導入すると、プロジェクトの期限内納品率が39パーセント増、プロジェクトの予算内納品が123パーセント増、顧客満足度が53パーセント増と、成績を劇的に改善しました。アリアンツのシステム開発担当ディレクターを務めるジーン・ハリス氏は「急速な進展を見せる今日の世界において、新たな価値を生み出す能力と革新的である能力は、歴史におけるどの時代よりも組織の生存にとって重要性を増している状況にあります」と指摘していますが、その通りです。

売上高52億ドルのコンサルティング会社であるブーズ・アレン・ハミルトンは継続的改善の文化を構築済みであり、これは1998年から18件のCMMI評価を完了して、同社の重要な能力やプロセス成熟度を確立・改善してきたことで実証されています。2016年にはCMMI成熟度レベル3から達成可能な最高レベルであるCMMI成熟度レベル5に移行しました。同社の事業目標は、CMMIを活用してデジタルソリューション事業を拡大して、以前にも増して規模と複雑性が上回る業務に取り掛かることができるようにすることでした。こうした目標に向けて、同社顧客のために業績の予測可能性と一貫性の改善を実証できるようにするための評価プログラムを創出しました。その結果、Healthcare.gov向けの平均チケット解決時間が前の契約から35パーセント短縮するという成果を達成しています。さらに同社チームは、より厳格な技術プロセスを導入してさらに大規模で複雑なシステムをサポートすることで、顧客との間で94パーセント超のサービスレベル契約(SLA)を達成しました。

「どの組織がCMMIを使用しているのか?」(Who Uses CMMI?)というウェブページをご覧になれば、さらに多くの組織がCMMI評価の恩恵を受けていることが分かります。

CMMI評定組織と仕事をしたいと考えている組織向けに、CMMI評定組織を評定結果公開サイト(PARS)で全面的に公開しています。

CMMI®インスティテュートについて

CMMIインスティテュート(CMMIinstitute.com)は、人、プロセス、テクノロジーのベストプラクティス推進における世界的リーダーです。当インスティテュートは、組織が業務をベストプラクティスと比較して業績のギャップを見極めることによって、組織の能力をベンチマーク評価し、成熟度を確立するための手段と支援を提供します。25年以上にわたり、航空宇宙、金融、医療、ソフトウエア、防衛、運輸、通信を含め、多様な業界の数多くの優秀な組織がCMMI成熟レベル評価を獲得し、有能なビジネスパートナーやサプライヤーであることを証明しています。CMMIインスティテュートは、技術が持つ有益な可能性を実現できるように専門家を支援する世界的な非営利組織であるISACAの傘下にあります。組織の業績向上を支援するCMMIの詳細については、CMMIinstitute.com.をご覧ください。

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20170405006012/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

CMMI Institute
Chavonne Hoyle, 215-353-6524
choyle@cmmiinstitute.com

Contacts

CMMI Institute
Chavonne Hoyle, 215-353-6524
choyle@cmmiinstitute.com