バカルディ・リミテッド、経営陣の交代計画を発表

2018年4月1日付けで、マヘーシュ・マドハヴァンがマイケル・ドーランの後任としてCEOに就任

ドーランは引き続き取締役会に留まる

マヘーシュ・マドハヴァンはバカルディの20年来のベテランで、2018年4月1日に退社するマイケル・J・ドーラン最高経営責任者(CEO)の後任を務める。(写真:ビジネスワイヤ)

???pagination.previous??? ???pagination.next???

バミューダ諸島ハミルトン--()---- (ビジネスワイヤ) -- 世界最大の非公開スピリッツ・メーカーである同族会社のバカルディ・リミテッドは本日、現最高経営責任者(CEO)のマイケル・J・ドーランの後任として、2018年4月1日付けで、マヘーシュ・マドハヴァンが最高経営責任者(CEO)に就任することを発表しました。マドハヴァンはバカルディに20年勤務し、現在、グローバル・リーダーシップチームのメンバーであり、アジア・中東・アフリカ地域プレジデントを務めています。それまでの間、ドーランは引き続きCEOを務め、マドハヴァンは今年中、新たに欧州地域プレジデントの役職に就きます。ドーランは2019年の年次株主総会までバカルディの取締役会に留まり、その後当社を退職します。

このスマート・ニュース・リリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170306005376/en/

バカルディ・リミテッドのファクンド・L・バカルディ会長は次のように述べています。「取締役会を代表し、マドハヴァンを次期CEOに任命できたことをうれしく思っています。およそ3年にわたり、当社取締役会は適正に経営陣の交代を行うため、厳格な経営陣の交代計画を策定してきました。155年にわたる誇らしい歴史を有する当社にとって、当社の社風に相応しい方法で会社としての目標を推し進めることが非常に重要です。長年にわたってバカルディの役員を務めてきたマドハヴァンは、指導力、商業、運営、財務の専門知識、ならびにグローバルブランドの経験を併せ持った理想的な人材です。重要なこととして、マドハヴァンは当社の社風、歴史、価値を十分に尊重しており、社員の模範的リーダーです。私たちは、マドハヴァンがそのビジョンで今後も長きにわたってバカルディを主導し、リーダーシップを継続して、ドーラン在任時代の成功を積み重ね、当社ブランドの勢いを生かし、先進国および新興国における大きな世界的機会をものにすると確信しています。」

ドーランは2009年にバカルディに入社し、取締役を務めてきました。彼はバカルディの事業と独自の価値を深く理解しています。ドーランは2014年に最高経営責任者(CEO)に就任し、その在任期間、当社は運営効率向上、コスト削減、象徴的なブランド・ポートフォリオへの再投資に向けて規律ある取り組みを行ってきました。

ドーランは次のように述べています。「当社チームは、会社の財務状況を強化し、当社の中心ブランド価値の向上に重点的に取り組むことで売上増加を果たした功績を誇らしく思っています。私たちはコストを削減し、これによって生じた資金を新世代の消費者を取り込むための漸進的な広告・販促活動に再投資しました。重要なこととして、当社は経営陣を安定させ、多くの優れた世界的人材を育成する堅固な能力開発プログラムを構築しました。長年の在職期間、優れた指導力、世界的視野を有するマドハヴァンは、今後も成長を促進し、ブランドの勢いを強化するとともに、当社の社風を育み、人材を育成するでしょう。マドハヴァンが新たな役職に就くまでの間、彼と共に仕事ができることをうれしく思っています。」

マドハヴァンは次のように述べています。「バカルディの次期CEOに任命されたことをこの上なく光栄に思っています。長きにわたる歴史において数世代にわたって繁栄を続けてきたこの同族会社で働けることは非常に光栄なことです。これは多くの社員も感じていることです。当社の強力な社風の基礎となるのは起業家精神であり、公平と公正に重点を置き1つのチームとして仕事をすることです。私は、当社に相応しい最善の注意を払って会社を管理していきます。幸運にも私は、バカルディ会長ならびにドーラン現CEOの支援を受け、また、堅実な業務執行で大きな長期的成長に向けた体制を築いた有能な経営チームのおかげで、この重要な役職に就くことができました。当社の未来には多くの刺激的な機会があり、当社は、プレミアムおよびウルトラプレミアム・セグメントの象徴的ブランドで、世界のスピリッツの動向を捉える最適な位置に着いています。」

マドハヴァンは現在、当社のアジア・中東・アフリカ事業を統括しており、バカルディ商品の象徴的ブランドと急成長するこの地域の消費者を強力に結びつける活動を行ってきました。在任中、マドハヴァンは、インドのマネジングディレクター、タイおよびフィリピンのマネジングディレクター、南アジアおよび東南アジアのマネジングディレクターなど、さまざまな新興市場で要職に就いてきました。また、マドハヴァンは当社の新興市場会議を主導しています。間もなくマドハヴァンは、最高経営責任者(CEO)に就任するまでBMBV欧州地域プレジデントの役職に就き、ジュネーブに勤務します。最高経営責任者(CEO)に就任した際は、入国管理局の承認を得て、バミューダ諸島のグローバル本社に異動します。

当社はまた、経営陣交代計画の一環として、現BMBV欧州地域プレジデントのパオロ・ペレーゴが次のキャリア・チャンスを目指して当社を退社することを発表しました。これまでの彼の大きな功績に感謝しています。バカルディの7年来のベテランであり現在東欧担当バイスプレジデント兼マネジングディレクターを務めるアレックス・ウズィエルは、マドハヴァンの後任として、アジア・中東・アフリカ地域の地域プレジデントに昇進し、ドバイに勤務します。ウズィエルはまた、グローバル・リーダーシップチームに参加します。当社の10年来のベテランであるオクサナ・ペフツォヴァは、ウズィエルの後任として、東欧担当バイスプレジデント兼マネジングディレクターに昇進し、モスクワに勤務します。

バカルディ会長はさらに次のように述べています。「ウズィエルとペフツォヴァの昇進を発表できたことをうれしく思っています。彼らの成功は、社内人材の才能を認め、育成する当社の取り組みを明確に示しています。」

経営陣交代プロセスは、有数の同族会社専門家であるケンブリッジ・ファミリー・エンタープライズ・グループのジョン・A・デービス博士とデビッド・エイジャー博士の助言を得て、取締役会特別委員会が主導しました。

バカルディ・リミテッドについて

世界最大の非公開スピリッツ・メーカーのバカルディ・リミテッドは、世界的に認められたスピリッツとワインを生産・販売しています。バカルディの商品群は200を超えるブランドから構成され、ラム酒「バカルディ」(BACARDI®)、ウォッカ「グレイグース」(GREY GOOSE®)、ブレンド・スコッチウイスキー「デュワーズ」(DEWAR’S®)、ジン「ボンベイ・サファイア」(BOMBAY SAPPHIRE®)、ベルモットとスパークリングワイン「マティーニ」(MARTINI®)、100%ブルーアガベ・テキーラ「カサドレス」(CAZADORES®)やその他の一流・新興ブランドがあります。

約155年前の1862年2月4日にサンティアゴ・デ・クーバで創業した家族所有のバカルディは、現在29施設でそのブランドを製造し、160カ国以上で販売しています。バカルディ・リミテッドは、バカルディ・インターナショナル・リミテッドを含むバカルディ・グループを指す名称です。www.BacardiLimited.com

©2017 BACARDI

BACARDI、THE BAT DEVICEおよびその他のマークは、BACARDI & COMPANY LIMITEDの商標です。

または、BACARDI LIMITEDのその他の子会社の商標です。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170306005376/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

CONTACT:

Bacardi Limited

Amy Federman, +1-441-294-1110

afederman@bacardi.com

or

K.C. Kavanagh, +1-441-298-1053

kckavanagh@bacardi.com

ロゴ

 
写真
 
アレックス・ウズィエルはアジア・中東・アフリカ(AMEA)地域プレジデントに昇進。ドバイに勤務する。(写真:ビジネスワイヤ)
写真
 
バカルディ・リミテッドのファクンド・L・バカルディ会長(写真:ビジネスワイヤ)
写真
 
バカルディ・リミテッドのマイケル・J・ドーラン最高経営責任者(CEO)は2018年4月1日に退社する予定。それまでの間最高経営責任者(CEO)を務め、20年来のベテランであるマヘーシュ・マドハヴァンは2017年中、新たに欧州地域プレジデントに就任する。ドーランは2019年の年次株主総会までバカルディの取締役会に留まり、その後当社を退社する予定。(写真:ビジネスワイヤ)
写真
 
マヘーシュ・マドハヴァンはバカルディの20年来のベテランで、2018年4月1日に退社するマイケル・J・ドーラン最高経営責任者(CEO)の後任を務める。(写真:ビジネスワイヤ)
写真
 
オクサナ・ペフツォヴァはバカルディの東欧担当VP兼マネジングディレクターに昇進。モスクワに勤務する。(写真:ビジネスワイヤ)

Contacts

Bacardi Limited
Amy Federman, +1-441-294-1110
afederman@bacardi.com
or
K.C. Kavanagh, +1-441-298-1053
kckavanagh@bacardi.com

Contacts

Bacardi Limited
Amy Federman, +1-441-294-1110
afederman@bacardi.com
or
K.C. Kavanagh, +1-441-298-1053
kckavanagh@bacardi.com