GSMAインテリジェンスの最新データによると、中南米の4G接続が1年間で倍以上に増加

中南米の4G接続が2016年に1億件を超え2020年には市場の約40パーセントを占める見通し、5G展開は2020年より開始a

スペイン・バルセロナ--()--(ビジネスワイヤ)GSMAインテリジェンスの最新のデータによれば、中南米では昨年、4G接続数が倍以上増加しました。この成長率は世界平均のほぼ2倍に達しており、当地域の通信事業者が4Gネットワーク/サービスに継続的に投資していることによって後押しされています。

中南米の4G接続数は、2016年末時点に1億1300万件に達し(総接続件数の17パーセント)、前年の5100万件から1年間に121パーセント増加しました。この数値は2010年代末までに3億件を超え、その時点における当地域の総接続件数の40パーセント近くを占める見通しです。

2016年12月末までに、合計97社のモバイル通信事業者が中南米39カ国で4Gネットワークの商用サービスを開始しており、今後も多数の通信事業者が4Gサービスを開始すると予想されます。GSMAインテリジェンスによると、4Gネットワークはすでに中南米の人口68パーセントをカバーし、2020年までに当地域の人口の83パーセントをカバーする見込みです。

またデータから、中南米の4Gの成長がスマートフォンの普及と強い相関関係にあることが分かります。2016年末に、スマートフォンが当地域におけるモバイル接続合計で占める割合は、55パーセントでした。

中南米のデジタルエコシステムのために規制を近代化

GSMAの中南米担当ヘッドのセバスチアン・カベヨは、次のように述べています。「モバイル通信事業者の堅調な投資が、中南米における高速ネットワークへの移行を後押ししていますが、同地域でデジタルエコシステムを発展させ、さらなる革新と投資を推進するには、規制の近代化が不可欠です。」

カベヨはさらに、次のように述べています。「デジタル経済が急速に進化する中、多くの国々の電気通信関連の規制的枠組みは、過去に取り残された時代遅れのものです。将来に向けて、業界のダイナミクスをもはや反映していない規則を捨て去り、規制に対してより柔軟で技術にとらわれないアプローチをとる必要があります。GSMAは、政府が時代遅れの規則や義務を永続化させる代わりに、競争を通じて、より優れたサービス品質と革新を促進することを推奨します。」

中南米における5Gへの道のり

中南米で5Gネットワークの展開が始まるのは、2020年以降です。5Gは、4Gの成功を基に、社会の継続的なデジタル変革の原動力となるネットワークやプラットフォームを提供していくでしょう。強化されたモバイルブロードバンドに接続した新しいアプリケーションに加え、非常に大規模なIoTや不可欠な通信など、新たな使用事例を実現することになります。中南米地域のM2M接続は2016年末に2500万件に達し、2020年には2倍以上の5300万件に増加する見通しです。

また5Gは、通信事業者、インターネット企業、そしてより広範なエコシステムにおける競争を加速させるでしょう。5Gネットワークを時宜よく展開して、ネットワークへの投資を最大化し、ひいては5Gの潜在能力をフルに実現するには、新しい広く調和の取れたモバイル向けの周波数が(低周波数帯と高周波数帯の両方で)相当量必要です。

カベヨは、次のように語っています。「この新技術の到来に備え、普及を支える基盤を構築することが急務です。例えば、周波数割り当てに関する明確なロードマップを確立したり、既存の古い規制を近代化する道筋を定義したりすることが、目標達成の鍵を握る要因となるでしょう。」

モバイルマネーが中南米とカリブ海地域で急成長

中南米とカリブ海(LAC)地域では、モバイルマネーが2011年に誕生して最初のサービスが提供されて以来、 モバイルマネーが急成長を遂げています。現在、同地域の17市場で32のサービスが運用中で、アカウントの開設数は2300万件にのぼります。昨年、登録アカウント件数が約35パーセント増加しており、このカテゴリーで最も急成長している地域です。90日間単位でみた場合、すべての登録アカウントの47パーセントがアクティブで、世界で最も高いモバイルマネーのアクティブ利用率を記録しています。

中南米とカリブ海のモバイルマネー業界は、成熟度の高まりと将来の成長を示す兆しがあります。LACのモバイルマネーサービスの75パーセントはすでに、スマートフォンアプリを通じてサービスを提供しています。そして利用形態をみると 、取り引きで商用支払いが占める割合は57パーセント(世界平均は5パーセント)、一括支払いが占める割合が約7パーセント (世界平均は2パーセント強)に達するなど、モバイルマネーが世界のほかの地域と比べて、支払いのインフラストラクチャーに統合されていることを示唆しています。

カベヨは、次のようにコメントしています。 「モバイルマネーはまだ多くの市場で初期段階にあり、LAC地域にも未開拓の大きなモバイルマネー市場があります。規制、銀行インフラへのアクセス、そして官民の提携が、モバイルマネーサービスの普及を後押しする、将来の礎石となるでしょう。」

 -以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち約300社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170301005046/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Tatiana Cantoni
taticantoni@pimenta.com
+55 11 2858-9190
または
Sophie Waterfield
Sophie.waterfield@webershandwick.com
+44 (0)20 7067 0728
または
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

For the GSMA
Tatiana Cantoni
taticantoni@pimenta.com
+55 11 2858-9190
または
Sophie Waterfield
Sophie.waterfield@webershandwick.com
+44 (0)20 7067 0728
または
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com