シンビオ、水素燃料電池を日産電気自動車をベースにしたモデルに搭載

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 水素モビリティーソリューションの欧州リーダー企業であるシンビオは、5~7人乗りの日産電気自動車をベースとした車両に、燃料電池を搭載すると発表しました。ゼロエミッションで究極の自由を実現して都市部の大気汚染を克服します。この自動車を欧州市場にすぐ投入したいと希望しています。

シンビオは東京で行われているFC EXPO 2017で、日産電気自動車をベースにした車両への燃料電池搭載を発表すると同時に、新しいプラグインハイブリッド水素燃料電池自動車の航続距離が500 km以上になることを発表しました。これはシンビオが達成した重要な前進であり、持続可能な成長を目指すフリート管理事業者および自動車業界にとっては有望な画期的成果です。

シンビオは、燃料電池搭載車は都市部でのエミッションフリーのモビリティーにとって重要なソリューションになると確信しています。大気汚染は世界的な問題であり、一部の都市では、車両の20%~50%をクリーン車両にすることを義務付ける新たな規制を設けています。また、都市のタクシーは主要な大気汚染源とされており、排出関連の規制がさらに適用されると予想されます。

シンビオのファビオ・フェラーリ最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「より持続可能な環境と都市部の大気質改善に向けて、当社は新たな市場セグメントとして軽量自動車を追求しました。日産の5~7人乗り電気自動車をベースにした車両に燃料電池を搭載することで、タクシーは日常業務を変更することなく、大気質の改善に貢献することができます。」

紹介した燃料電池自動車はタクシー向けの100%クリーンなソリューションで、欧州市場に狙いを定めています。シンビオがカスタマイズしたe-NV200では、タクシー運転手にとっての総所有コストはハイブリッドタクシーとほぼ同じであり、しかも航続距離は内燃エンジン車と同じです。そのため、この自動車は都市部での業務量の多いタクシー事業や、路線乗客運輸網サービスで利用することができます。この自動車は低コストの電源から充電でき、水素は3分で補給できます(水素3.8 kg)。

FC EXPOはシンビオにとって、自社の持続可能なモビリティーソリューションを全面的に、具体的には5 kW~300kWの燃料電池の生産能力を紹介できる機会でありました。

ミシュランとエンジーは提携企業のシンビオと協力して、この新しいベンチャー事業をサポートし、水素モビリティー業界全体をサポートしてきました。

ミシュランの戦略的水素イニシアチブ・リーダーであるヴァレリー・ブイヨン=デルポルト氏は、次のように述べています。「この2年にわたって、ミシュランはシンビオ株式の33%を保有しています。当社は専門力を持ち寄り、しっかりした生産プロセスを提供しました。ミシュランは燃料電池技術の開発に積極的にかかわっており、今後もこの分野と持続可能なモビリティー事業一般に投資を続けます。」

エンジーは世界的エネルギー供給業者として、水素のようなクリーンなエネルギーの開発を促進するための取り組みを行ってきました。同グループは2016年にシンビオに投資し、水素利用の発展に貢献しています。

カスタマイズしたe-NV200は2018年9月より連続生産を開始します。関心のある企業は、シンビオに求めれば先行予約することができます。

「関心を寄せるすべてのフリート管理事業者の皆さんは、私たちと会って自社のあらゆるプロジェクトについて相談してください。当社は皆さんが前進できるよう支援したいと思っています。」 (ファビオ・フェラーリCEO)

シンビオについて

シンビオは水素事業におけるフランスのリーダー企業として、電気自動車の航続距離を伸ばし、低炭素経済に貢献する革新的で持続可能なモビリティーソリューションを提供しています。シンビオは、燃料電池自動車(Kangoo ZE-H2)やあらゆるタイプの車両に搭載できる燃料電池キットシステムの設計・製造・販売を行っています。

クイックリンク

ツイッターで当社をフォローしてください - http://bit.ly/Symbio-Twitter
リンクトインでディスカッションに参加してください - http://bit.ly/Symbio-LidIn

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します

Contacts

Communications:
Symbio
Geraldine Hervel
Communications & Marketing
Email: geraldine.hervel@symbiofcell.com

Contacts

Communications:
Symbio
Geraldine Hervel
Communications & Marketing
Email: geraldine.hervel@symbiofcell.com