OTとテレノール・グループが提携してSIMデジタル化時代の先頭に

仏コロンブ--()--(ビジネスワイヤ) -- 組み込みセキュリティーソフトウエア製品/サービスを提供する世界一流企業のOT(オベルチュール・テクノロジーズ)は本日、最大級の移動体通信企業であるテレノール・グループがOTを選択し、コンシューマーとM2Mの両市場にOTのeUICC向けサブスクリプション管理技術を投入することを発表します。

このパートナーシップはSIMカードのデジタル化を加速させる新たな前進となります。テレノール・グループはeUICCでOTのサブスクリプション管理技術を採用することで、接続業務の拡大によりデジタル変革プログラムを実行し、従って非常に便利で完全デジタル化された体験をお客さまに提供できるようになります。現在、テレノールは世界13カ所の事業部で2億1000万人以上の加入者を擁しており、OTはこれら事業部に最先端のコアプラットフォーム技術を供給できることになります。

OTは、モバイル通信の接続ニーズに対応し、エンドユーザーにシームレスな体験を届けるために、自社の包括的なサブスクリプション管理技術を通じて、効率性・セキュリティー・トランスペアレント性が最高の技術を提供します。

OTのサブスクリプション管理プラットフォームは、GSMAの最新規格、すなわちコンシューマー向けにはSGP.22-v2.0、M2M向けにはSGP.02-v3.1に従って導入されます。

OTのモバイルネットワーク通信事業者業務担当マネジングディレクターを務めるピエール・バリアルは、次のように語っています。「OTは、テレノール・グループのデジタルエボリューションの伴走者に選ばれたことを誇りに思っています。OTは世界各地のテレノール系列企業向けに仕立てたプレミアムソリューションを導入し、完全なインテグレーションとカスタマージャニー最適化の道を切り開きます。テレノールの系列企業がeUICC技術を搭載した種々の新デバイスに対応できるようになることは、私たちにとって大きな喜びです。」

オベルチュール・テクノロジーズについて

OTはネットワーク接続、認証、決済を保護する組み込みデジタルセキュリティーの世界的リーダー企業です。

OTは高成長市場で戦略的位置を占めており、「エンドポイント」デバイス向け組み込みセキュリティーソフトウエアソリューションのほか、関連のリモート管理ソリューションを銀行や金融機関、モバイル通信事業者、政府や政府機関、コネクテッドオブジェクト/デバイスのメーカーなど、膨大な数の国際的顧客に提供しています。

OTは700人近い研究開発者を含む6500人以上の従業員を世界各地で雇用しています。世界に4カ所のセキュアな地域製造拠点と39カ所のセキュアサービスセンターを構えるOTの国際ネットワークは、169カ国の顧客にサービスを提供しています。詳細については、www.oberthur.comをご覧ください。

The M Worldのダウンロード
モバイル分野の最新動向について知っておくべきことすべてを、アップストアとグーグルプレイからダウンロードできます。
www.oberthur.com/themworld

当社をフォローしてください
ツイッター
リンクトイン

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MEDIA CONTACT
Elan-Edelman
Chloé Tisseuil, Tél. : +33 1 86 21 50 54
chloe.tisseuil@elanedelman.com

Contacts

MEDIA CONTACT
Elan-Edelman
Chloé Tisseuil, Tél. : +33 1 86 21 50 54
chloe.tisseuil@elanedelman.com