PubMatic、業界をリードするヘッダー入札テクノロジーをモバイルアプリに拡張

Mobile World Congress 2017にて新機能を発表

バルセロナ、スペイン--()--(ビジネスワイヤ) --オープンなデジタルメディア市場にオートメーション・ソリューションを提供するPubMaticは本日、モバイルアプリのエコシステムへのヘッダー入札ソリューションの拡張を発表しました。PubMaticによる業界をリードするヘッダー入札の技術の拡張は、2012年にデスクトップ版のローンチに始まり、その後モバイルウェブに拡大し、満を持して今回モバイルアプリに実施されました。このたび提供する完全版およびライト版のソリューションは、アプリの開発者に提供され、モバイルアプリ内のコンテンツの消費が上昇する際に、広告選定における決定権を取り戻し価値の高いモバイルアプリの在庫収益の最大化を実現します。

「過去18カ月間、デスクトップやモバイルウェブにおけるマネタイゼーションが転換期を迎えるというこのヘッダー入札のトレンドから、モバイルアプリのインベントリは置き去りにされていました。モバイルアプリの開発者は、モバイルアプリにヘッダー入札のテクノロジーを採用することにより、インベントリの市場価格に対する可視化ができるため、これまでのウォーターフォール方式で得られなかった真の価値を見極めることができます」と、PubMaticのプロダクト管理部門 シニアバイスプレジデントであるEvan Simeoneは述べています

実際に、PubMaticのプラットフォーム上のデータ分析をもとに発表された「Quarterly Mobile Index」レポートによると、ヘッダー入札を採用したモバイルウェブのパブリッシャーは、eCMPの50%上昇を経験しています。また、モバイルウェブに比べ、モバイルアプリのインベントリはeCPMが59%高く*1、モバイルの使用時間の86%がモバイルアプリに費やされていることがわかっています。*2つまり、モバイルアプリにおけるパブリッシャーのマネタイゼーションの機会はかなり豊富であるということです。

Simeoneは、以下のようにも述べています。

「当社のプラットフォーム上にて、モバイルアプリで消費されたインプレッションボリュームは、前四半期に21%上昇しました。また、マネタイズされたモバイルヘッダー入札上のインプレッションが前年度比50倍近く成長したことを考慮すると、モバイルアプリのエコシステムへのヘッダー入札の採用が、既存の価値あるモバイルアプリの在庫をマネタイズする機会をパブリッシャーに提供することは明白です」

PubMaticのモバイルアプリ内のヘッダー入札ソリューションは、パブリッシャーの広告選択戦略にベストフィットするアプローチを選択させる導入時の2つのオプションを提供します。1つは、既存のアプリの広告配信用SDKにPubMaticのコードを追加するだけで簡易に導入を円滑化するライト版の非SDK、およびパブリッシャーに、デバイスID、位置情報(緯度/経度)、モバイルキャリア、OSバージョン等の多くのデータへのアクセスを提供する完全版SDKです。SDKを使用するパブリッシャーは、モバイルアプリの在庫の価値を向上させるデータを活用することができます。

フルサポート製品のため、PubMaticのモバイルアプリのヘッダー入札技術を使用するアプリ開発者は、デスクトップやモバイル、また、クライアントサイドやサーバーサイドの統合であろうと、既存のヘッダー入札やラッピングソリューション使用するパブリッシャーと同レベルのサポートとエンタープライズクラスの分析を受けることができます。開発者が選択する導入方法に左右されることなく、PubMaticは導入のプロセスをとおして、マネタイズ戦略を最適化する継続的なサポートを提供してまいります。

PubMaticは「Mobile World Congress 2017」に出展し、同イベントにてモバイルのヘッダー入札のマネタイゼーションに関するベストプラクティスの詳細やPubMaticの拡張サービスについてご説明しています。また、PubMaticのEMEA担当 副社長である Bill Swansonおよび業界の専門家が、モバイルウェブやアプリのトラフィックから収益向上を目指すパブリッシャーにとって実用的なインサイトを提供しています。詳細については、PubMaticのこちらのサイトをご覧ください。

PubMatic(パブマティック)について

PubMaticは、オープンなデジタルメディア業界にオートメーション・ソリューションを提供する企業です。パブリッシャー向けの優れたオムニチャネル収益管理プラットフォームとメディアバイヤーのためのエンタープライズクラスのプログラマティックツールを特色とするPubMaticのパブリッシャーファーストのアプローチにより、広告主は大規模なプレミア在庫へアクセスすることができます。月1兆近いアドインプレッションを処理するPubMaticは消費者、パブリッシャー、広告主間の有意義なつながりを促進するグローバルなインフラストラクチャーを構築しています。PubMaticは、2006年の創設以来、データとテクノロジーのイノベーションに注力しプログラマティック広告の成長を牽引してきました。PubMaticは米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を拠点に、世界に11か所のオフィスと6か所のデータセンターを構えています。

PubMaticは、PubMatic, Inc.の登録商標です。その他の商標は、所有者である各社に帰属します。

*1 出典: PubMatic Q4 2016 Quarterly Mobile Index
*2 出典: eMarketer, “Smartphone Apps Crushing Mobile Web Time”

Contacts

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
パブマティック株式会社
シニアマーケティングマネージャー
樋川 真弓
jp@pubmatic.com
TEL:03-6804-1143

Contacts

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
パブマティック株式会社
シニアマーケティングマネージャー
樋川 真弓
jp@pubmatic.com
TEL:03-6804-1143