Mopriaのモバイル印刷技術が5億台以上の端末に採用

2017年はオフィス環境でモバイル印刷の需要が伸長と予測

米国、カリフォルニア--()--国際的な非営利団体である「Mopriaアライアンス (The Mopria® Alliance)」 はスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からの印刷を簡素化することを目的に設立され、統一された標準規格の普及に向け活動しています。現在、Mopriaアライアンスのモバイル印刷技術を搭載したアプリのインストール数は5億の大台に達し、アクティブユーザー数は3億ユーザーに達しています。Mopriaの印刷技術により、AndroidTM端末を利用するユーザーは8800万台1以上のプリンターや複合機から、さらに簡単に印刷指示をかけられるようになります。

最近公開リリースされたMopria Print Service 2.1より、Android バージョン7.0に対応したことで、ユーザーにとってモバイル端末からの印刷がより簡易になりました。さらに2016年 第4四半期には、Mopria アライアンスが開発したMopria Print LibraryがSamsung Print Serviceの一部として提供開始されました。サムスン電子のモバイル端末にプリインストールされたことで、ユーザーはプリントアプリの個別インストールが不要になり、直感的な操作で印刷が可能になりました。こうした改善や拡張の結果、Mopriaアライアンスのモバイル印刷技術を搭載したアプリのインストール数が5億台を超えるという大きな目標を達成しました。

Mopria アライアンス会長のGreg Kuziejは「インストール数が5億にも達したことは、家庭やデジタル化が進む職場において、モバイル端末からの印刷が必要不可欠になっているという証拠です。スマートフォンやノートPCなど個人のデバイスを業務に活用するBYODの需要の高まりや、働き方が場所にとらわれなくなったことにより、モバイル端末からの印刷需要はますます増加すると予想しています。引き続きMopriaは皆さまがより簡単にモバイル端末から印刷できるよう、取り組みを続けています。」  と述べています。

Greg Kuziejが述べたように、BYODの高まりに加え働き方の多様性がモバイル端末からの印刷需要を高める要因となっています。例えば、IDCの調査によると1980年代から2000年代に生まれたミレニアル世代と、36歳以上の世代では、”毎日または週に3~4回職場で印刷する”と答えた人が、全体の65%以上となっています。さらに、ミレニアル世代が印刷する平均ページ数は6~15ページという結果が出ており、これは36歳以上の平均3~5ページに比べ約2倍以上の量を印刷することが分かっています。

「様々なビジネスシーンでモバイル端末からいつでも印刷できる、ということは全世界のあらゆる世代の人々にとって重要なことです。Mopria による標準規格の統一と、モバイル端末メーカーがその規格を採用したことによって、ユーザーはスマートフォンのアプリを使うような直感的でシンプルな操作により、文書を印刷することができます。」とXerox Office Solutions Group上級副社長のTracey Koziolは述べています。

Mopria Print Serviceは、Android バーション4.4以上のスマートフォンやタブレット上で動作し、全世界のプリンターベンダーの98%以上の機種が対応している「Mopria認証のPrint機器」から、モバイル印刷を行えます。Mopriaをご利用いただくことで、写真、ウェブページ、文書の印刷をワイヤレスネットワーク経由あるいはWi-Fiダイレクト経由で簡単に印刷できます。また、カラーモード、コピー枚数、両面印刷、紙のサイズ、ページ指定、印刷の向きといった基本的な印刷設定はもちろん、ユーザー認証、部門管理機能、ステープリングといったエンタープライズ向けの機能もサポートしております。

キヤノン、HP、サムスン電子、ゼロックスが創立企業となり、Mopria アライアンスを立ち上げてから4年。この非営利会員制団体は、世界のプリンタービジネスの21社を会員とするまでに成長しました。Mopria アライアンスは設立メンバー企業に加え、Adobe, コニカミノルタ, Qualcomm, Lexmark, 京セラドキュメントソリューションズ, 東芝テック, ブラザー, エプソン, 富士ゼロックス, NEC, Pantum, リコー, YSoft, Avision, シャープ, Dell, Primax の企業で構成されています。

Mopria アライアンスはモバイル印刷を簡単にする取り組みを続ける一方、一般のお客様とビジネスユースのお客様の両者に快適なソリューションを提供することを目標に、クラウドプリント、スキャン、セキュリティやモバイル端末の管理(MDM)の標準化にも注力しております。

Mopria Print ServiceはAndroid バージョン4.4以上のスマートフォンやタブレット上で動作し、Google Play からダウンロードが出来ます。Mopria認証の最新モデルに関しては、下記サイトをご覧ください。

http://mopria.org/certified-products.

1IDC提供2015 Q3時点の出荷台数データに基づく。

*「Android」「Google Play」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

Mopria® アライアンスについて

Mopriaアライアンス(Mopria® Alliance) は、世界をリードするソフトウェア企業、エンジニアリング企業や半導体企業で構成された非営利団体であり、あらゆるモバイル端末からの印刷を簡素化することを共通のゴールとしています。異なる印刷デバイス・モバイルOS間でも動作する標準規格の構築とその普及推進活動を行い、直感的でシンプルなワイヤレスの印刷を提供します。本アライアンスの標準規格を採用することで、ユーザーは、プリンターメーカーを問わずシームレスな印刷が可能になります。さらに、アプリのダウンロードや新しいモバイル端末への設定作業が不要になります。詳細はMopriaホームページ(http://www.mopria.org/ja/)を参照、またはGoogle Playから最新のMopriaのアプリをダウンロードしてください。

Contacts

Tech Image for Mopria Alliance
Harvey Henao, 312-673-6059
Harvey.Henao@techimage.com

Contacts

Tech Image for Mopria Alliance
Harvey Henao, 312-673-6059
Harvey.Henao@techimage.com