RMBキャピタルは株式会社オプトホールディングの自己株取得・消却の決定を高く評価します

シカゴ--()--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社オプトホールディング(コード番号2389 東証第一部)は、平成29年2月13日付リリースにおいて、電通グループより発行済株式総数に対し14.52%の自己株を取得し、さらに、過去の取得分と合わせ、発行済株式総数に対し22.30%の自己株消却を即時行う旨発表しました。RMBキャピタルは、過去数年に渡りそのような行動を取るようオプト経営陣と対話を行ってきており、この度のマネジメントの行動は株主利益を向上させるものとして高く評価いたします。当社は、先に発表された指名・報酬委員会の設置と合わせ、オプト経営陣が今後もコーポレート・ガバナンスと株主利益の向上にコミットしていくものと確信しております。

Contacts

連絡先
RMBキャピタル
日本株ポートフォリオ・マネジャー
細水政和
mhosomizu@rmbcap.com

Release Summary

RMB Capital Highly Appreciates Opt Holding’s Decision to Buyback and Cancel Shares

Contacts

連絡先
RMBキャピタル
日本株ポートフォリオ・マネジャー
細水政和
mhosomizu@rmbcap.com